家族が納得しているとしても・・・ - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
高橋 昌也
(税理士)

閲覧数順 2017年11月17日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

家族が納得しているとしても・・・

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日はリサイクルの日です。

フリマアプリの流行もあって、リサイクルは推進されている感じですかね。

 

事業承継についてお話をしています。

遺言書の活用と遺留分に関する注意についてお話をしています。

 

さて、相続や遺言に関して考えていると、結局次のような点に課題が集まってくることがよくわかります。

 

・色々制度があるけど、結局遺族やその関係者内で共通認識が出来ていれば大丈夫なんじゃないの?

 

コレ、ある意味では大正解です。

例えば妻と子供が生存している状態で、兄弟や他人が価値の高い自社株式を遺言により取得する場合。

妻や子供が「いや、自社株式なんてもらっても困るし、実際事業を継ぐのは兄弟(又は他人)のマサハルさんだから・・・」と納得さえしていれば、本質的にはそれほど問題とはならないのです。

 

ただ、実際には色々と課題が生じます。

ここでは具体的に二つの課題を取り上げてみます。

 

・誰かの遺産が高いと、皆の相続税が高くなる

・親族がまとまっているとしても、その親族の配偶者はどう思う?

 

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

まとめ(2017/11/13 07:11)

このコラムに類似したコラム

親族へのフォロー 高橋 昌也 - 税理士(2017/11/10 07:00)

後継者に関する動向 高橋 昌也 - 税理士(2017/11/05 07:00)

子供の配偶者が納得しないことも 高橋 昌也 - 税理士(2017/10/22 07:00)

遺産が株式に偏っていると・・・ 高橋 昌也 - 税理士(2017/10/19 07:00)

遺留分(いりゅうぶん) 高橋 昌也 - 税理士(2017/10/18 07:00)