「食欲が増す!眠気が増す!」10月特有の太る原因 - ファッションとダイエット - 専門家プロファイル

ボディメイクスタジオCharmBody 代表
東京都
ボディメイクトレーナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ダイエット

佐久間 健一
(ボディメイクトレーナー)
佐久間 健一
(ボディメイクトレーナー)

閲覧数順 2022年01月20日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「食欲が増す!眠気が増す!」10月特有の太る原因

- good

  1. 美容・ファッション
  2. ダイエット
  3. ファッションとダイエット

日経ウーマン」11月号


1日平均6時間!
座りっぱなし女子の体幹レッスン
監修させていただきました。

エッセ」11月号


女性ホルモンピークを迎える30代
姿勢、体型の変化とダイエットの仕方
監修させていただきました。

saita」11月号


暖かい身体は太りづらい!
冬前こそ「血流痩せ」
エクササイズ監修させていただきました。

あなたのダイエットの
ご参考になれば幸いです。


さて、3連休での
企業ダイエット講座2日目
連休ということで地方からお越しの方も
多くいらっしゃいました。
新幹線から近いマリオット品川で集合。

(↑休憩中も一生懸命です!)

昨日はエクササイズだったので、
今日は机上の食事について。
季節柄の悩みも含めた内容となりました。


季節の変わり目
衣替えの季節
変化する日常の過ごし方
暑い→涼しいに変わる季節には
一層感情変化もが多くなります。


気分が良い時や、
そうでない時にかかわらず、
この変化を身体は緊張と感じます。

緊張や不安と楽しさが混ざるドキドキは
交感神経を刺激し
発汗を促したり、
体内に栄養を取り入れることを
一時的に忘れさせます。


また、夏の日々の暑さで
交感神経優位となる時期を終え、
平均気温が心地よくなる10月は
緊張後のリラックスが
非常に深いもの
となります。

したがって、10月は
続く緊張→水分不足、食事回数の低下
リラックス→食べ物からの水分摂取、眠気
と繋がっていきます。

こらは緊張のないリラックス時に
普段より明らかに食べすぎること。
そして、内臓の働きが増えるため
脳に血液が回らず眠くなる

たくさん食べて、すぐに寝る
のサイクルを作ります。
(また、水分不足自体が自律神経、
ホルモン分泌を不安定にさせ疲労を作り、
眠気を引き起こすことも。)


分かりやすい例が、
誰もが経験しているであろう
環境が変わって一気に太った。

まさに初めての環境、
緊張不安、楽しみが
一気にやってくる季節の変わり目は
休みの前日、夜中まで食べ飲み、
休みの日は食べてグタ〜っとしてしまう。
ことが証明していますね。。


そして、これは何年経っても、
何歳になっても変わらず起こること。
一度経験しているから
感度が薄くなっているだけ。


ここでダイエットをどう取り入れるのか?
が続く冬、年末年始に
太らずにいられるか?
の大きな境目となります。


年齢も何も関係なく
太りたくない!
と思うのは当然の心理になります。


ではこの季節の変わり目
特有のサイクルを
どうすり抜けていくのか???
ここには2つのポイントがあります。


口に食べ物を運ぶ回数を増やす
→一見良くなさそうな、
ながら食べが有効になるのが今の時期。

時間がない、食に関心が出ない時間帯ほど
一口!と摂っておくと
体内は栄養と水分で潤い、
後の過度な食欲、眠気が
解消されやすくなります。


自律神経切り替わりの16時〜19時に
しっかりタンパク質を摂る

→交感神経ピークからリラックス神経に
切り替わるタイミングでは、
一気に食欲に変わることが多くなります。


ここであまり血糖値を動かしたり、
逆に食べなかったりすると、
22時以降の食欲ホルモンが増大し
暴食して寝る、、
が完成します。

体重1キロ辺り、0.5gのタンパク質
(50キロなら25グラム)
を目安に摂ることで、
切り替わりのサイクルを
穏やかに繋ぐ
ことができます。

現実的に出来る出来ないよりも
知っているか知らないか。
ここが大きく影響してきます。


知っていれば、あ!と気づけるし、
知らないと何も感じず日が過ぎます。

運動したり、食事制限したり、
毎年毎年、何年も繰り返しても
結果今年も同じように悩んでいる、、

ジム経営者としては
来てくれるのは嬉しい事なのですが、
もったいないよなぁ。
と感じることもあります。

知っていれば回避できる
体重増加の理由。

まずこれを知っておくだけでも
時間もお金も自由に使えることが増えます。


もちろん、もうどうにもならない、、
のであればきちんと体型を変えます。

ジムの経営をしてるからと言って、
ジムに来ることがすべて!
とは思わないし、
そんな頭デッカチには
なりたくありません。。

ジムに行くこと!が目的ではなく
太りづらくなり、痩せてキレイになり、
ワンサイズ下の洋服を着る
着れなかった洋服を着る
そして食事に行ったり、買い物したり
その先で感動したり、ワクワクしたり!
人生に感じる楽しみがドンドン増えていく!


ジムや施設でダイエット!というのは
そのための手段でしかありません。

その後の楽しみへ導ける方法を、
いかに伝えていけるか?

そこにダイエット指導者の意味と
これからの社会に
貢献していける価値があります。


9-10月は食欲と眠気で体重が増えていく、、
とお悩みのあなたはお試しください。



0から学びたいあなたはこちらから↓
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
0から学ぶダイエット資格取得講座
1人の時も不安にならない。
〜ほっとできる強みの知識〜

○痩せよう!と思ったら誰よりも早く痩せられる
○時、場所を選ばず痩せられる!
○食事の場で無意識に痩せる食べ方が出来る



(↓クリック)
【NY,Paris認定 ダイエット専門
「オフィシャルモデルダイエット講座」】




1日5件のショックな質問…
「モデルじゃなくても受けられますか?」
【当たり前です!】
「秋のモデル体型ボディメイクダイエット」

3ヶ月の体型のビフォーアフター
↓40代主婦1カ月弱で-17㎏(テレビでも続々証明!)



↓30代OLのダイエット


〇食事内容の一部をSNS公開


(↓クリック)
秋の!モデル体型ボディメイクダイエット




【50万部突破!】
ジムに通えない43都道府県のあなたへ。
モデルが秘密にしたがる
体幹リセットダイエット



(クリック↓)
詳しい書籍内容はこちら

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ボディメイクトレーナー)
ボディメイクスタジオCharmBody 代表

モデルボディメイク

2016ミスユニバースジャパン日本代表公式コーチ2016ミスユニバースジャパン日本大会BC講師。元ミスワールド日本代表ボディメイクトレーナー2016ミスインターナショナル世界大会公式パートナー