どうしてる?糖質制限からの戻し方 - ファッションとダイエット - 専門家プロファイル

ボディメイクスタジオCharmBody 代表
東京都
ボディメイクトレーナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ダイエット

佐久間 健一
(ボディメイクトレーナー)
佐久間 健一
(ボディメイクトレーナー)

閲覧数順 2022年01月20日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

どうしてる?糖質制限からの戻し方

- good

  1. 美容・ファッション
  2. ダイエット
  3. ファッションとダイエット




ベネッセ「サンキュ!
日経BP社「日経ヘルス
11月号監修させて頂きました。


体型は運動ではなく日常で決まります。
日常の歩きに対して
どう体幹が使われているか?


無意識の歩行で最大に消費を増やす
データを元に皆さんとても良い結果に。


ご興味のある方は是非ご覧ください。



あー、ここまとめないと。
と改めて思ったこと。


散らかりすぎている、
ダイエットと食事の情報。

例えば、
どんなに優れた痩せ食べを
どんに試し続けても。
糖質カット後からの再ダイエット
の場合、明らかに効果は薄くなります。

今日はその理由と解消を含めた
糖質カット後のリセット方法のまとめです。


最近ギョッとしたこと。
ダイエットの流行りは
他の何よりも早い。


一般的に物事を試すときには
1.すぐに試す方が10%
2.新しいもの興味で40%
3.前者の反応を見て40%
4.最後までじっくり考えて10%
という統計結果があります。

しかしダイエットの場合は
元々の興味が大きく影響し
1.すぐに試す方が15%
2.新しいもの興味で45%
3.前者の反応を見て30%
4.最後までじっくり考えて10%
のように試してみる速度が速くなります。


だいたい通常はこの一連で3年ほど。
しかし、ダイエットでは1年半程
ピークを越えることがおおいです。

そして代表的なのが糖質制限。
早く流行が終わってしまうので、
それを埋めるために出てくるのは?


過激なほどのメッセージ。

『炭水化物が人類を滅ぼす』
『日本人だからこそ「ご飯」を食べるな』
といった本のタイトルに始まり、
『主食をやめると健康になる』
『ご飯・パンの糖質が現代病の元凶だった!』

現に世に出ているタイトルですが、、
昨日実際に目にしてギョッとしました、


ダイエット業界に
10年以上関わっていますが、
糖質制限が出てきてからの方が
大幅にリバウンド
何しても痩せなくなった
食べてないのに痩せない
と相談させることが
3倍は増えたと思います。


なぜなら、今糖質制限をすると、
今後もう
ご飯、パスタ、スイーツやケーキ、パン類を
食べることができません。

と宣告していることになるからです。

理論的には、
唯一糖質制限で痩せ、
一生リバウンドしない方法は
一生糖質を食べないこと」です。

‥‥
いや、無理でしょ!

ランチのパスタでリバウンド
差し入れのクッキー食べたらリバウンド
1日の終わりにアイス食べたらリバウンド


今までの人生で、
普通に楽しめていたこれらが、
何一つ楽しめなくなってきます。。

仮に、糖質0で痩せた後キープするには?
と聞かれた場合、出来るにはできますが、
かなり厳密になります。


例えば
1/30日ダイエット終了
2/3まで朝食にご飯をお箸一口
2/6までまた制限。
2/7は制限、2/8は朝食に2口〜〜〜。。
増えたらどうして、減ったらこうして。
と1ヶ月は綿密に繰り返します。

仮にダイエット施設で
ダイエットが終わったら
終わった後にそこまで綿密に見てくれるか?
(見てくれるなら全く問題ありません。)


ここが需要供給が狂い始めるところ。
また同じ所、別の所へ
ダイエットしに行くしかない!

ダイエット難民が難民のまま。
まさに今の現状を語っています。


みなさん体内環境のスタートが違うので
細かくは書くのが難しいですが。。
体脂肪の減らし方」というのは
世界共通で決まっています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ホルモン学をそのまま書くと
運動全般の刺激、タンパク質摂取
(アドレナリン、グルカゴンの
ホルモン分泌)

脂肪細胞内の
ホルモン感受性リパーゼ活性

中性脂肪の分解
脂肪酸とグリセロールに分かれる

クレブス回路へ内でエネルギーへ←ここで糖質!

筋肉内で消費

体脂肪が減っていくためには
糖質が必要と確立されています。
~~~~~~~~~~~~~~~

覆す理論はまた単純。
長い間糖質を摂らないと、
筋肉が糖質に分解(糖新性)がおこり、
この糖質が血統からこの回路で働きます。

つまり、筋肉も体脂肪も水分も減る
それは3日で7キロ痩せても
全く不思議ではない魔法
が糖質制限。


人間、目の前に
これほどの魅力があれば、
まして、普段痩せない、痩せたい!
との思いが強いほど、
やらないほうがおかしいかもです。


だから今、最も多いのは
糖質制限して一時良かったけど!
今は。。。な女性。


糖質制限後の大幅リバウンド」体質を
スタートとすれば、
エクササイズと食事管理で
2週間体重を+−に波うたせる
→筋肉の水分変動、ホルモンの分泌の促し
2週間体重が減る
→一時正常な代謝へ戻る
1週間体重が止まる(止める)
→代謝がまだ低いのですぐに慣れが来る


という所から
糖代謝を戻しながら、
体重も減らしていく流れが
最短の糖質制限後のリバウンド
からのダイエット
になります。

すでに糖質制限後でリバウンド経験済み、、
全く痩せず、太っていく、、

0から学びたい是非ご相談ください。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~
0から学ぶダイエット資格取得講座
1人の時も不安にならない。
〜ほっとできる強みの知識〜

○痩せよう!と思ったら誰よりも早く痩せられる
○時、場所を選ばず痩せられる!
○食事の場で無意識に痩せる食べ方が出来る



(↓クリック)
【NY,Paris認定 ダイエット専門
「オフィシャルモデルダイエット講座」】




1日5件のショックな質問…
「モデルじゃなくても受けられますか?」
【当たり前です!】
「秋のモデル体型ボディメイクダイエット」

3ヶ月の体型のビフォーアフター
↓40代主婦1カ月弱で-17㎏(テレビでも続々証明!)



↓30代OLのダイエット


〇食事内容の一部をSNS公開


(↓クリック)
秋の!モデル体型ボディメイクダイエット




【50万部突破!】
ジムに通えない43都道府県のあなたへ。
モデルが秘密にしたがる
体幹リセットダイエット



(クリック↓)
詳しい書籍内容はこちら


 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ボディメイクトレーナー)
ボディメイクスタジオCharmBody 代表

モデルボディメイク

2016ミスユニバースジャパン日本代表公式コーチ2016ミスユニバースジャパン日本大会BC講師。元ミスワールド日本代表ボディメイクトレーナー2016ミスインターナショナル世界大会公式パートナー