TSマーク付帯の保険に注意!!対物賠償の補償がない! - 保険の見直し - 専門家プロファイル

企業安心ドットコム 火災安心ドットコム 総合保険のT・M・A 取締役
京都府
保険アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

澤田 勉
澤田 勉
(保険アドバイザー)
田中 香津奈
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
植森 宏昌
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2019年06月24日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

TSマーク付帯の保険に注意!!対物賠償の補償がない!

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険の見直し

いよいよ、10月1日より事業者及び自転車貸出業者の保険への加入義務がスタート!

 


 

 


京都府自転車の安全な利用の促進に関する条例の改正について

 


~自転車損害保険加入義務化等~

 


http://www.pref.kyoto.jp/kotsuanzen/20170707.html

 


自転車を使用する事業者にもの安全利・故防止観点で、
保険加入を含め、適切な運用が求られます
条例を問わず、企業の社会的責任観点でも同様措置が必要です

 


では、保険は何でもよいのか?

 


この中で気になったのが、TSマーク。

 


資格を持った整備士さんがしっかりと点検した自転車しか補償しないと言うもの。

 


 

 


それだけではない!

 


TSマークには

 


赤色TSマークと青色TSマークの二種類がある。この違いわかりますか?

 


どちらかを選ぶのではなく、扱っている自転車屋さんによって決まっている??

 


そして、大事な大事な補償内容は???????????

 


TSマーク付帯保険には対物賠償の補償がない!

 


赤色TSマークは最高で賠償責任補償が1億円ですが、

(赤色TSマークは29.10.1以降は1億円)

 

青色TSマークは最高でも賠償責任補償が1000万のみ!

 


 

<判決>兵庫9522万円

 


<賠償請求>2億8000万円 別途

 


 

TSの賠償責任補償、その中身は??

 


賠償責任補償・・・死亡、重度後遺障害(1~7級)まで。

 


後遺症が生じない通常のケガの場合は全く補償されません。

 


死亡するか、重度後遺障害にならないと保険金がおりないのです。

 


相手が死亡していない、重度後遺障害でもない場合、

 


保険金は出ないのです!

 


さらに、自転車の事故による後遺症が8級~14級の場合は

 


補償されないのです。

 


治療費、休業損害、慰謝料、全く補償されません!!

 


 

 


そして、利用者の傷害補償は死亡、重度後遺障害(1~4級)のみ!!

 


青色マークは一律30万のみで入院15日以上で一律1万円のみ。

 


赤色マークは一律100万のみで入院15日以上で一律10万円のみ。

 


入院1日ではなく、一律なんです。しかも15日以上の入院・・・

 


 

 


以上のことから、TSマークで自転車事故(保険)をカバーする事はおすすめできません。

 


 

 


TSマーク付帯保険は無料で付いてくる保険だから補償が不十分なのです。

 


それからもう一つ気を付けなければならないのは、

 


TSマークは貼ってあっても保険は1年で切れるというところです!!

 



1年後にはもう一度自転車屋さんに行かなければなりません。

 


 


(点検代や修理代などで別途料金が追徴されるかも知れません。)

 


 

 


もちろん、TSマークを張り替えてもらわないと補償はないです。

 




 

 


従業員が業務で自転車を利用している場合に、

 


交通事故を起こし相手にケガなどを負わせた場合は、

 


従業員自身が個人で加入している保険では、補償されません。 

 


そのため、事業者は、

 


従業員が業務上に起こした自転車事故の損害を補償する施設賠償責任保険など

 


事業者向け保険へ加入する義務があります。

 


 

 


このような保険の隙間をなくすには、

 


自転車自体に補償を付帯し、誰が乗っても、仕事中でも、

 


補償対象にしなければなりません。

 


補償も手厚く、

 


対人・対物共通で2億円補償

 


後遺傷害は1~14級まで対応出来る商品。

 


それは、自転車ロードサービス!

 


ご加入で全てが解消されます!!!

 


運転手と事業者が被保険者になります。

 


 

 


民泊や旅館業、一般企業・個人事業主様も契約可能です。

 


対人・対物共通で業界初の最高2億円補償が自動付帯!

 


後遺傷害は1~14級まで対応!!!

 


訴訟対応費用最高1,000万円

 


初期対応費用最高1,000万円

 


被害者傷害費用1人 最高50万円

 


また、自転車走行時に、自転車が故障して帰れなくなるのはすごく心配ではありませんか?

 


<プラス、無料搬送があります>

 


事故・故障により自力走行不能となった時に、

 


電話1本で専門のスタッフが現場に駆けつけ、

 


ご指定の場所(40kmまで無料搬送、回数無制限)まで搬送します。
※自転車自力走行不能な状態となった場所が起点となります。

 


600店、2500名の専門スタッフが47都道府県を対応します。

 


 

 


<保険加入の証明も出来ます>

 


会員カード・シールのQRコードをスマートフォンなどで読み
取ると、保険加入の有無の証明・問い合わせ先の確認ができます。

 


 

 


ご不明な点やご質問、ご相談、ご面談等、

 


いつでも承りますので、

 


どうぞお気軽にご相談ください。

 


 0120-556-849

 


損害保険トータルプランナー  小島雅彦

 


http://kigyouanshin.com/

 


http://kasaianshin.com/

 


訪日外国人向けの保険(海外旅行傷害保険)http://profile.ne.jp/w/c-174403/

 


自転車事故の損害賠償責任http://profile.ne.jp/pf/masahiko/c/c-179863/

 


<自転車向け保険>ネットde保険@さいくるhttps://my.ms-ins.com/page/?x=0000331088&n=&m=3

 


 

 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 

























































































































































































































































































 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(京都府 / 保険アドバイザー)
企業安心ドットコム 火災安心ドットコム 総合保険のT・M・A 取締役

自転車・火災・地震・賠償責任・労災・運送・バイク保険

個人・企業の火災,地震、賠償責任、労災、運送保険の提案、スキームの見直しなどのお手伝いをします。保険料削減についても、方策につきご提案いたします。既取引損保会社以外にセカンドオピニオンを活用できる体制を構築しておくことが良策と考えられます。

このコラムに類似したコラム

就労中・事業者の自転車事故を保険でカバーする 小島 雅彦 - 保険アドバイザー(2018/04/17 08:06)

TS マーク貼付自転車傷害保険の問題点!知ってますか?? 小島 雅彦 - 保険アドバイザー(2017/10/27 08:41)

JAPAN TRAVEL INSURANCE訪日外国人旅行傷害保険のご案内! 小島 雅彦 - 保険アドバイザー(2019/02/28 08:13)