日経記事;『米企業にアマゾン恐怖症 ウォルマート、5~7月2割減益 影響銘柄を株価指数に』に関する考察 - 新規事業・事業拡大全般 - 専門家プロファイル

グローバルビジネスマッチングアドバイザー GBM&A 代表
神奈川県
経営コンサルタント
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

日経記事;『米企業にアマゾン恐怖症 ウォルマート、5~7月2割減益 影響銘柄を株価指数に』に関する考察

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 新規事業・事業拡大
  3. 新規事業・事業拡大全般
経営戦略 インターネットマーケティング

皆様、
こんにちは。

グローバルビジネスマッチングアドバイザー 山本 雅暁です。

8月19日付の日経新聞に、『米企業にアマゾン恐怖症 ウォルマート、5~7月2割減益 影響銘柄を株価指数に』のタイトルで記事が掲載されました。

本日は、この記事に関して考えを述べます。

記事の主な内容は、以下の通りです。

『アマゾン・ドット・コムの快進撃の陰で、業績と株価の低迷にあえぐ米企業が増えている。百貨店やスーパーだけでなく、生鮮品や衣料品、さらにはコンテンツ産業まで、アマゾンが進出する業界には強い逆風が吹き荒れる。

米国で「アマゾン・エフェクト」と呼ばれる現象はどこまで飛び火するのか。膨張するガリバーへの恐怖が米国の産業界に広がっている。

米小売最大手のウォルマート・ストアーズが17日発表した2017年5~7月期決算は、純利益が前年同期比23%減の28億9900万ドル(約3200億円)だった。売上高は2%増えたものの、アマゾンへの対抗でネット通販分野の投資などがかさんだことが減益の要因になった。この結果を受け、17日の株価は2%下落した。

もっともウォルマートはまだ健闘している。中でも業績の低迷が目立つのが百貨店だ。17年5~7月期決算では、既存店売上高がメーシーズで2.8%減、JCペニーは1.3%減った。両社ともに不採算店の閉鎖を進めており、残っているのは比較的好採算の店のはず。しかし売上高の減少が止まらない。

「小売産業はパニック状態だ」。スポーツ用品販売大手のディックス・スポーティングのエドワード・スタック最高経営責任者は、15日の決算説明会で何度も「パニック」という言葉を繰り返した。売り上げが伸びず、通期業績見通しを大幅に下方修正した同社の株価は、この1年で5割以上下落した。

ファクトセットによると、17年第2四半期決算の説明会で「アマゾン」という単語を使った企業は72社。第1四半期の40社から3カ月で2倍近くに増えた。アマゾンの存在感はここにきて急激に高まっている。2年前の15年第2四半期は19社しか言及しなかった。

実は米国にはアマゾンの躍進によって業績悪化が見込まれる小売関連銘柄を集めた株価指数まである。米投資情報会社ビスポーク・インベストメント・グループが集計する「アマゾン恐怖銘柄指数」の構成銘柄は約50社。

ウォルマートやメーシーズも含まれる。「デス・バイ・アマゾン」という英語名を持つ同指数は今年初めから15%下落した。S&P1500種株価指数が10%高と米国株全体が好調ななかでの逆行安で、アマゾンの株価は同じ期間に30%近く上昇している。

ネット大手ではグーグルやフェイスブックも様々な業界の秩序を変えてきたが、アマゾンの影響はあらゆる消費関連企業に及ぶ。米国内の衣料品販売高は今年、アマゾンがメーシーズを抜いて首位に立つ見通しで、アパレル業界にもその影が忍び寄る。動画配信ではアマゾンの「プライム・ビデオ」が世界の賞レースで高評価の作品を次々と生み出し、ネットフリックスを脅かす。

恐怖指数を算出するビスポークによると、アマゾンの業績は15年初めから指数を構成する小売企業を上回り始め、その後2年ほどで一気に差を広げた。

日本でも徐々にアマゾンの存在感が高まってきているが、いずれ今の状況からは想像がつかないような「アマゾン・エフェクト」に直面する可能性がある。』

本日の記事は、米国アマゾンがインターネット通販事業を拡大し続けている結果、米国内のすべての流通事業者のビジネスに深刻なダメージを与えていることについて書いています。

この状況は、数年前から予想されていました。アマゾンの創業者であるジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)は、インターネット通販で扱えない商材はなく、究極のサービスを最終顧客に届けることができれば、世の中の既存事業基盤を破壊・再構築できるとの信念をもち、毎年巨額投資を行っています。

また、アマゾンは、急激に市場が拡大しているクラウドサービスで、米欧日の市場で最大のシャアを確保しており、この事業はアマゾンの主要な収益源の一つになっています。

このように、アマゾンの収益源が強化する事業環境下で、アマゾンが競合他社を駆逐して、自社事業の拡大をさらに加速化させて行くことは合理的です。

これは、アマゾンがBtoCおよびBtoB両方のタイプのビジネス分野で、最終顧客の満足度を維持・向上し続けることができる限り続きます。現時点で、アマゾンはこれらの最終顧客からの支持を受けています。

したがって、当面、アマゾンの躍進は止まらないとみています。

このアマゾンの躍進は、既存事業基盤をベースにビジネスを行っている事業者には、大きなマイナス要因となることは確実です。

インターネット・IT・IoT・人工知能などの技術やツールは、アマゾンの動きとは別に、既存事業基盤を破壊・変革させることを日々行っています。

どんな企業も、現在の事業環境下では、既存事業のやり方に固執していると、市場という土俵から退出させられることになります。

アマゾンの影響は、今後国内市場でさらに大きくなることは確実です。日本の国内小売市場は、人口減少などの影響を受けて、横ばいもしくは減少傾向にあります。

この小売市場で、米国と同じように、インターネット通販事業は伸びています。国内インターネット通販事業で、売上面でみますと、現在の主要大手事業者は、楽天、ヤフー、アマゾンジャパンになります。

今日の米国市場で起こっていることは、明日の日本の姿になることは多いです。この視点から、今後国内小売市場で、アマゾンジャパン1強になるかどうか、高い関心をもって状況をみています。

楽天やヤフーは、アマゾンジャパンと同じビジネスモデルで勝負すると、負ける可能性が高くなります。両社は、アマゾンジャパンとの差別化・差異化をどう実現してくいかが、非常に重要になります。

国内のインターネット通販事業者の中には、売上高では上記大手企業に及びませんが、アスクルやヨドバシドットコムなどの事業者は、独自のサービスのやり方で最終顧客に十分な付加価値を提供しています。

このようなインターネット通販事業者は、アマゾンジャパンとの競争に負ける確率は低いとみています。

しかし、百貨店、スーパー、零細・中小の小売店舗などは、現在の米国で起こっているように、今後、アマゾンジャパンから深刻な影響を受ける可能性があります。

既存の小売店舗事業者は独自の差別化・差異化を図る工夫が、ますます必要になります。インターネット通販事業では、出せない魅力作りがポイントになります。

たとえば、私は、2010年9月21日に、『主婦の店・さいち』に見る中小企業の生きかた のタイトルでブログ・コラムを書きました。
URL; http://bzsupport.blog.so-net.ne.jp/2010-09-21

『主婦の店・さいち』は、仙台の先にある秋保温泉にあります。
広さは、80坪の過疎地のスーパーですが、当時、1日平均5000個、土日祝日には1万個、お彼岸の中日には2万個のおはぎを売るとのことでした。

このスーパーの特徴は、安くて美味しい惣菜にこだわって、提供し続けていることです。

中でも、1個100円(税抜)の値段で、1個130gと通常のおはぎよりも大きく、餡子やきな粉、ゴマがおはぎの半分以上も入っているおはぎは、1日5000個売れています。

零細・中小の小売店舗事業者は、上記『主婦の店・さいち』のビジネスのやり方は、参考になります。


さて、インターネット通販の仕組みを活用して、国内外の販路開拓・集客を行う視点からみますと、アマゾンやアマゾンジャパンの事業基盤が強化されることは歓迎できます。

特に、中小企業にとって、アマゾンの利用により、海外販路開拓・集客を行う敷居が低くなることは歓迎すべきことになります。

今年5月に、経済産業省が米国アマゾンや日通などと行う『海外展開ハイウェイ』構想が発表されました。

この構想の詳細は、まだ公開されていませんが、実現すると国内中小企業にとって、海外販路開拓・集客を行う上で効果的な仕組みになる可能性があります。

このため、『海外展開ハイウェイ』の内容も含めて、今後のアマゾンの動きに高い関心をもっています。

よろしくお願いいたします。

グローバルビジネスマッチングアドバイザー GBM&A 山本 雅暁

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)
グローバルビジネスマッチングアドバイザー GBM&A 代表

起業・企業存続の為の経営戦略立案・実行と、ビジネススキル向上

起業及び、事業拡大や経営合理化を目指す企業に対して経営コンサルを行います。大手メーカーで得た経験を活かし、補助金活用、アライアンスやM&A、市場分析に基づいた事業戦略策定・実行や事業再生を支援します。OJT研修でのビジネススキル向上を支援します。

カテゴリ 「経営戦略」のコラム