産後クライシスと離婚相談②(靴下を脱ぎ捨てる夫は敵とみなす?!) - 夫婦問題全般 - 専門家プロファイル

MAC行政書士事務所 代表行政書士
東京都
行政書士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:夫婦問題

小林 美智子
小林 美智子
(夫婦問題カウンセラー)
高草木 陽光
高草木 陽光
(夫婦問題カウンセラー)
小林 美智子
(夫婦問題カウンセラー)

閲覧数順 2017年11月21日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

産後クライシスと離婚相談②(靴下を脱ぎ捨てる夫は敵とみなす?!)

- good

 

・・・前回の続きです。

 

妊娠中、徐々に増えていた女性ホルモンの一つである

 

エストロゲンは産後一気に減少します

 

(私、妊娠中ずっと『世界はピンク色』だったのですがw

 

エストロゲンのおかげだったのかもしれませんね)

 

エストロゲンが減少すると不安や孤独を感じやすくなるそうです。

 

そんなの感じたくないわ、と思うのですが

 

不安や孤独を感じることで

 

「みんな、一緒にいて~一緒に子育てして~」

 

という欲求が強くなり、「共同養育」をするようになる。

 

エストロゲンの減少は「共同養育」のために

 

人類の進化の過程で確立されたものだそうです

 

生物学的には「子供はみんなで育てるもの」なのですね

 

 

またオキシトシンは愛情を深めるホルモンとして有名ですが、

 

(授乳時の幸福感ったらないですよね)

 

攻撃性を強める作用もあることが最近わかりました。

 

育児に非協力的な人を「攻撃の対象」とみなすそうです

(NHKスペシャルママたちが非常事態)

http://www.nhk.or.jp/special/mama/qa.html

 

例えば、

 

「夫が帰宅し、テレビの前のソファに腰をおろし

 

やれやれと靴下を脱ぐ」

 

ごく日常的と思われるこの行為が、

 

子育て中の妻にとっては

 

・夫がテレビの前に直行

(私が1日中子育てで大変なのにねぎらいの言葉もないの)

 

・ソファにどっかと腰をおろす

(私なんて子供抱いてずっと立ちっぱなしなんですけど)

 

・靴下を脱ぎすてる。

(それを洗濯機に入れるの私これ以上私の仕事増やすわけ)

 

とイラッとしてしまうわけです

 

私がこのお話しをすると

 

「そういえば、子供ができる前は全然気にしていませんでした。

 

出産後はそういうことで私が夫を敵とみなしてしまうのですね

 

夫に対してひど~いって思っていたけど、

 

ホルモンがそれを増幅させてたんだ

 

オキシトシン、恐るべしですねwww」

 

ここでちょっとでも妻に笑顔が出てきてくれると

 

その後のご夫婦の話し合いも円滑なものになっていきます

 

次回に続く・・・

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

結婚生活で悩みがあったら・・・夫婦カウンセラー 藤原 文 は

夫婦間でおきたあなたの不安を解消するお手伝いをいたします。

悩みが大きくなって「離婚」の文字が頭をよぎってしまったら・・

夫婦カウンセラー 藤原 文 

あなたのそんな苦しみを精神的サポートに加え、

行政書士として法律面からのアドバイス、

ファイナンシャルプランナーとして経済面からのアドバイスで

サポートいたします。

あなたの笑顔が一日でも早く戻りますように。

ご連絡はこちらまで

 

 


 

 

エキサイトお悩み相談室

 

 

 

 

 


 

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 行政書士)
MAC行政書士事務所 代表行政書士

法律面・精神面・経済面の3つの視点からあなたをサポート

行政書士・夫婦カウンセラー・家族法務カウンセラー・現役塾講師として特に離婚の際のカウンセリング・公正証書の作成を通じ、法律面・精神面・経済面から多角的に「女性の自立・子育て・笑顔」をサポートしています。