ピラティスブラッシュアップセミナー膝痛に対する3つのアイデア - ピラティス全般 - 専門家プロファイル

美ボディメイクスペシャリスト 
北海道
ピラティスインストラクター
011-215-0071
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ヨガ・ピラティス

Style Reformer 小林俊夫
Style Reformer 小林俊夫
(ピラティスインストラクター)
福島 多香恵
福島 多香恵
(ピラティスインストラクター)
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
田中 宏明
(ピラティスインストラクター)

閲覧数順 2017年08月17日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ピラティスブラッシュアップセミナー膝痛に対する3つのアイデア

- good

  1. 運動・スポーツ
  2. ヨガ・ピラティス
  3. ピラティス全般
おはようございます。
昨日、札幌にてピラティスブラッシュアップセミナー膝痛に対する3つのアイデアと題した5時間セミナーを開催させて頂きました。

札幌市内各地はもちろん、旭川、帯広、釧路、北見など、道内各地からお越し頂き、改めて感謝の想いです。
膝が痛い人は、病院で膝のレントゲンを撮り「加齢ですね」「軟骨がすり減っていますね」「変形性膝関節症ですね」
と言われ、痛み止め湿布?注射?
の処置をするとこが一般論かと
運動の専門家として介入すると
足首の可動性低下が、膝に負担をかけていたことがわかったり股関節周囲の筋力低下がら膝に負担をかけていたことがわかったり脊柱のアライメント不良が、下肢の運動連鎖に悪影響を与えていたり呼吸の機能不全の結果、膝に負担をかけていたり…
股関節の後捻があるのに、普通のスタンスでゴルフをすれば、そりゃあ、膝が腰が痛くなります 。。
膝を診てもらい良くならない方に対して救いの手を差し伸べることが出来るようになります。
知らないからやらないのと、知っているけどやらないのは大違い。
「患部は被害者」
一般の方々には、このような情報(考え方)はほとんど広まっていません。
※不調が出ている部位を診ることの重要性もセミナーではお伝えさせて頂きました。
そのために、私たちが出来ることは何か?ということがとても大切なのですが…
まずは、運動指導に携わる私たち自身が、膝に負担のかかる動作を知り、関節を守るために下半身の筋力を高め実践者であることが今後、求められていくと思います。
高校生の時に、膝を怪我して、20代前半の頃は、正座が出来なかった自分の経験も踏まえて
予備群含めると3000万人いると言われる変形性膝関節症の方々に対して
自分に出来ることを1つずつ積み重ねていきたいと思います。
セミナー会場をお貸しして下さったSTUDIOHIGUCHI代表の樋口先生
セミナーにご参加下さった皆様
ありがとうございました。
クラムをクラムで終わらせないように。ブリッジをブリッジで終わらせないように。セミナーをセミナーで終わらせないように。
毎日の積み重ねと、立位への発展を忘れないで下さいね。
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(北海道 / ピラティスインストラクター)
美ボディメイクスペシャリスト 

安心感・優しさの中の厳しさ・結果を与えるトレーナーです!

科学的な根拠と結果を出し続ける中で培われたボディメイク術で「新しい自分」を見つけませんか?人生が変わる瞬間に多く立ち会うことが出来て本当に幸せです。パーソナルトレーニングを通して貴女の人生もきっと変わるはずです!

011-215-0071
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。