準備が大切。暑い暑い。 - 離婚問題全般 - 専門家プロファイル

小林行政書士事務所 
北海道
行政書士
0166-59-5106
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:離婚問題

佐藤 千恵
佐藤 千恵
(離婚アドバイザー)
中西 由里
中西 由里
(夫婦問題カウンセラー)
岡野あつこ
(離婚アドバイザー)

閲覧数順 2017年11月18日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

準備が大切。暑い暑い。

- good

こんにちは、

 

北海道もここ数日暑いです。

旭川は連日30度を超え、今日は帯広の方では35度を超えたとか。

ニトリさんのNクールは売り切れ続出でした。

 

ということで、暑いの苦手な旭川の行政書士の小林政浩です。

 

今週も明日で平日の仕事は終了。

土曜からの3連休は、今のところ大きな用事は入っていないので、書類整理や研修会用の資料作成を一気に仕上げようと思います。

家にはエアコンが無いので、出来ればエアコンの効いた空間に逃避したいです。

 

さて、「準備」についてです。

 

離婚を考えた時、何も予備知識を持たないまま配偶者に離婚を申し出て話し合いを始める方はあまりいないと思いますが、少数でもいるかもしれませんので書いてみようと思います。

 

あなた自身は知らなくても、離婚を提案された配偶者はあなたよりも知っているかもしれませんし、離婚を提案されてから、あなたに内緒で慌ててネットなどで独自に情報を仕入れるかもしれません。

 

弁護士さんや行政書士などに相談する場合もあるでしょう。

もちろん申し出たあなたも、話し合いが始まってからでも本を読んだり相談しに行って良いのです。

 

相談しても、相談する相手によって回答が違う場合もあるでしょう。

本やネットの記事を読んでも記載している内容が違う場合もあると思います。

 

家庭の状態、離婚原因など、バラバラですから、答えが一つにならなくてもおかしなことではありません。

 

相手のあることですから、こちらの想像通りにもいきません。

将棋や囲碁と同じで、1手先には3つの枝道、その先には9つの枝道があると考えるのが自然でしょう。

 

そうなることを踏まえたうえで、相手の出方・回答に右往左往しないためにも、協議の事前、中間、にドンドン正しい情報を仕入れたり信用できるところに相談はすべきと思います。

 

離婚に関することで「絶対」はほぼ存在しません。

 

「絶対離婚出来る。」「絶対慰謝料○○万円取れる。」

などと書かれているHPがあるかもしれませんが、ほぼ信用しない方が良いと思います。

 

相手がある話し合いで、双方の合意なしに離婚出来るケースは裁判で判決が確定した場合だけです。

 

慰謝料も同様に、判決確定以外に「絶対取れる」などと公言できるわけないのです。

 

そのようなことも、離婚関連の本を1冊読むと知識として得られると思います。

 

調停について詳しいのは弁護士と調停委員くらいです。

 

調停経験者の体験談はその方の事例であって、すべてに共通するわけではないものもあると思います。

 

一つ一つの体験談は、調停の進行を知る場合や心構えを参考するには有益だと思います。

 

事前に調停室内の雰囲気が少しでも分かるだけでも安心できるかもしれません。

 

簡単に離婚できるとは限らない。

慰謝料も離婚したら必ず得られるとは限らない。

自分のわがままで離婚するとしても養育費や財産分与は請求する権利はある。

一度決めた養育費でも、将来、増額も減額も免除もあり得る。

先日挙げたように、退職金や年金分割も同様です。

 

色々な項目に色々な可能性があります。

 

それらを踏まえて協議を進めるための準備を、出来るだけ事前にした方が、落ち着いて交渉を進められると思います。

 

費用と時間を有効に使うためにも、事前の準備は大切だと思います。

 

いろいろ思うことをつらつら書いてみました。

暑さのせいかもしれません。

 

ではまた明日。(^-^)ノ~~

 

離婚協議書作成、遺言書作成お手伝い

相続人調査、などなど相談から講師まで、

 

旭川、小林行政書士事務所

0166-59-5106

連休中もお仕事歓迎!

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(北海道 / 行政書士)
小林行政書士事務所 

離婚協議書・内容証明などの書面作成はプロにお任せ下さい。

当事務所では、書面作成の際は必ず依頼者に文面の内容を確認いただきながら書面を完成させます。依頼人不在のまま書面が完成するようなことはありません。依頼人の思いを最大限に込めた最高の文書を作成いたします。書面の作成はプロにお任せ下さい。

0166-59-5106
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。