義務感でやるなら、結果はあまり期待できません - 転職活動サポート - 専門家プロファイル

転職の個別サポート塾「ジョブレスキュー」 代表取締役
転職PRの専門家&キャリアカウンセラー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:転職・就職

新垣 覚
新垣 覚
(転職コンサルタント)
中井 雅祥
中井 雅祥
(求人とキャリアのコンサルタント)
中井 雅祥
(求人とキャリアのコンサルタント)
中井 雅祥
(求人とキャリアのコンサルタント)

閲覧数順 2017年08月19日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

義務感でやるなら、結果はあまり期待できません

- good

  1. キャリア・仕事
  2. 転職・就職
  3. 転職活動サポート
義務感でやるなら、結果はあまり期待できません




んでも
義務感でやるより

「やりた~い」って思って
本気で取り組む方が

良い結果に結びつくコトが
多いですよね。


面接の終わり近くに

面接官から
「何か質問ありますか?」
と訊かれたときにする質問

本気からか
義務感からか、で

大きく結果が
変わってしまうモノかも
しれません。


その辺りのコトを「面接中の小さなミスを帳消しにする『最後の質問』の使い方」と言うタイトルで書いてみました。面接終了間際の質問で悩んでいるなら、読んでみてください。


あなたも
面接に呼ばれる職務経歴書を作って
自信を持って面接に臨みたいなら、
無料相談をご利用ください!

初回の無料相談の詳細はこちらからお読みください。




サポートメニュー

お客様の声

無料メール講座



 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(転職PRの専門家&キャリアカウンセラー)
転職の個別サポート塾「ジョブレスキュー」 代表取締役

転職の不安と悩みを自信に変えて、転職成功をサポートします!

「転職で悩む人を無くしたい」という想いで、東京・国立で「転職の個別サポート塾」を経営しています。私自身2回の転職で苦労した経験と、企業で3,000名の書類選考、500名の採用面接の経験から、採用する側と採用される側の気持ち・考えがよく分かります。