無痛分娩のリスク - 体の不調・各部の痛み全般 - 専門家プロファイル

有限会社 木村爽健 代表
東京都
鍼灸師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:体の不調・各部の痛み

川井 太郎
川井 太郎
(整体師/あん摩マッサージ指圧師)
奈良 修次
(鍼灸師 臨床検査技師)
川井 太郎
(整体師/あん摩マッサージ指圧師)

閲覧数順 2018年09月20日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

 無痛分娩で、死亡事故や生まれてくる子供への脳障害などが起こっています。
痛みなく子供を産みたいと思うのは、無理もないことですし、男性である私は一生味わうことがないことだと思います。
ただ、子供を産むという時に麻酔を使うのは、かなりリスクが高いことだという認識は必要だと思います。
今回の無痛分娩の事故は、特定の産婦人科医院で頻発していたようですから、明らかに技術のない医師が麻酔をうまく打てなくて起こした可能性が高いです。
でも、たまたま運が悪かったらという理由で、リスクがすごく高まる無痛分娩は、やはり博打的要素が高いと思います。
元々、体が不調な人ほど分娩で痛みを伴う傾向は高いと考えられます。
スムーズに分娩するために、日頃から体をほぐして緩めておくことが重要だと思います。
お腹付近への強いマッサージは危険ですが、軽い力で足全体をほぐすことは、妊婦さんに限らず誰にでも効果的です。
ご主人にも協力してもらい、足をほぐしてもらってはいかがでしょうか?
ライザブのノーマルタイプもオススメです。生理痛が和らいだり、不妊治療に取り組んでいる人から好評です。
ただし、軽くてつけていることを忘れがちなので、トイレなどで落とさないように注意が必要です。
ライザブ ノーマルタイプhttp://www.k-soken.com/lizave/category3/entry11.html


 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 鍼灸師)
有限会社 木村爽健 代表

お手伝いできることはありますか?

 体に不調が出る原因は、ご本人だけでなく環境も大きく影響してきます。単純に目の前の困っている症状に対処するだけでなく、どのようにすれば体質改善して病気を予防できるかについてもお話させていただきます。一緒に健康を取り戻しましょう。