民法改正の概要は?~消費者保護に重点 - 企業法務全般 - 専門家プロファイル

弁護士法人アルテ 代表弁護士
兵庫県
弁護士
06-6435-8309
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:企業法務

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

民法改正の概要は?~消費者保護に重点

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 企業法務
  3. 企業法務全般

債権関係規定(債権法)に関する改正民法が2017年5月に成立し、2020年を目途に施行されることとなりました。

その特徴は、インターネット取引の普及などの時代の変化に対応し、消費者保護に重点を置いていることです。

◎ 主な改正点

・ 飲食代などお金を請求できる期間を5年に統一

・ 連帯保証人に公証人による意思確認を義務づけ

・ 約款の有効性と内容を変更できるルールを明文化

・ 法定利率を年5%から年3%に変更し、変動制を導入

・ 商品の欠陥に対し、修理や交換の負担請求も可能に

・ 意思能力がない状態での契約は無効になる

・ 賃貸マンションなどの敷金や原状回復の規定

民法改正の詳しい解説はこちら!

民法改正でどんなルール変更があるの?


 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(兵庫県 / 弁護士)
弁護士法人アルテ 代表弁護士

企業法務から身近な法律相談まで幅広く対応いたします。

弁護士法人アルテ代表弁護士。東京大学法学部卒。企業法務に従事し、労働問題(会社側)に精通。著書「外国人雇用の実務」(同文舘出版)。ラジオ番組出演(FMあまがさき「中西優一郎のLaw and Order」)。商工会議所、大学、企業での講演・セミナー多数。

06-6435-8309
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

改正医療法の内容は?(平成29年6月7日) 中西 優一郎 - 弁護士(2017/06/14 10:15)

外国事業者への第三者提供 | 改正個人情報保護法 中西 優一郎 - 弁護士(2017/05/12 08:43)

データベース提供罪 | 改正個人情報保護法 中西 優一郎 - 弁護士(2017/05/10 10:41)