自由に書く事の権利と幸せは誰にも奪えません (自分が心地良くなる選択♡) - 文化・芸術全般 - 専門家プロファイル

舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ
東京都
クラシックバレエ教師・振付家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

自由に書く事の権利と幸せは誰にも奪えません (自分が心地良くなる選択♡)

- good

  1. 文化・芸術
  2. 文化・芸術
  3. 文化・芸術全般

皆様はご自分が参加されるブログ等で、まるでストーカーみたいな迷惑コメントや、悪意のあるコメントなどをしつこくされた経験がございますか?

私は最近アメーバブログの方でそういうコメントを頂けるという、大変栄誉ある経験を致しました。(笑)

(^^ゞ

 

そういう方達の中には非常に奇妙奇天烈な思考をされる方もいて、「世の中には本当に色々な人がいるのだな~」という事を、改めて私は感じさせて頂いた次第です。(こういう経験は私だけではなく日常茶飯事に、多分殆どの方達が経験されておられる事ではないでしょうか?)

(・。・;

 

…という事で、今回のテーマはそういうアメブロの方で迷惑なコメントを投稿して来られる方達へのメッセージとして、そしてその経験から自分が今回「自分の為に心地良くなる選択」をさせて頂いたという事を読者の方々にお伝えする為に、アメーバブログの方に投稿させて頂いた記事をこちらでご紹介させて頂く事に致します♫

☆_(_☆_)_☆

 

ちなみに今回の記事を読まれる前に予備知識として、私がこの様な選択をさせて頂く事になった経緯を少しご説明させて頂きます。

(^^✿

 

こちらでも前回にお届けした「あなたが自分にどのように接するかによって、他人はどのようにあなたに接するかを決めます」というコラムを、いつもの様にアメーバブログの方にも投稿させて頂いたのですが、

 

その記事を読まれたお一人の方(女性)から、「凄く共感できました」という内容のコメントを頂き、私がその返信コメントと共にそれを公開した直後、今度は別の方から「あなたは悪魔崇拝をしているのではないか?」という様な内容のぶっ飛んだコメントをされて来られた方がいたので(笑)、

 

(こちらにはコラムとして転載致しませんでしたが)、私はアメーバブログの方では「人を『悪魔崇拝呼ばわり』するなんて、心に豊かさがない証拠 (陰謀論の読み過ぎなのでは?)」という記事で書かせて頂いたという経緯があります。

 

…という事で、

では改めまして、それに付いてアメーバブログの方に書かせて頂いた記事を以下に転載致します。

✿_(_✿_)_✿

 

 

 

 

自由に書く事の権利と幸せは誰にも奪えません (自分が心地良くなる選択♡)

 

前回の「『悪魔崇拝呼ばわり』するなんて、心に豊かさがない証拠 (陰謀論の読み過ぎなのでは?)」という記事でも書かせて頂いたのですが、「私はこれから更に自由に純粋に書く事を楽しむ為に、これからはコメントを受け付けない設定にさせて頂く事に決めました♫

 

その理由の詳細は前回の記事に書かせて頂いておりますので、その部分を抜粋したものを改めてここでご紹介させて頂きます。

☆_(_☆_)_☆

 

【前回の記事より (※一部抜粋)】

 

そして、私が今回改めて思う事とは・・・。

 

これからはコメントというものを受け付けない設定にさせて頂こうと思っています。
それは私の性格上、どの様な方でも、どの様な反対意見でも、最初に頂いたコメントは必ず公開し、そして毎回丁寧に返信させて頂いた事と、

 

そうさせて頂いた上で、病的に執拗なコメントや、人を貶める様な品性の無い悪意を感じるコメントなどに対しては、コメント欄できちんとその理由をご説明させて頂いた上、数名の方を拒否設定にさせて頂くという事もありましたが、(今回コメントを下さった方もそうですが、こういう方達に共通するのは、コメントされる時に姑息にURLを公表されないという事があります)

 

私に取って「このやり取りは不毛である」というものも最近多く、そういう事に自分の貴重な時間を割く事に対して、私的には意義を感じないからです。

 

ですので、これからは「コメントを受け付けない」という設定にさせて頂きますが、書かせて頂く記事はこれまで同様、私は常に「分かる方には分かるし、分からない方には分からなくて良い」というスタンスで気ままに書かせて頂く事に致します♫

(^^✿

 

「解る人には解るし、解らない人には解らない~♫」
お互い、そう思っていれば平和です。(笑)

(*^^*) ~ ♡

 

追伸♫

コメントを通して、楽しく心からの交流ができた方達も勿論沢山おりました♡
その方達にはこの場をお借りして、改めて感謝をお伝え致します。
今までコメントをありがとうございました。

☆_(_☆_)_☆

 

コメント設定は以上の様な理由で、今後外させて頂きますが、
今後ともこの気まま~なブログを、どうぞ気まま~に楽しんで下さると良いなぁと思っております♡
(^^✿

 

※尚、「コメントを受け付けない設定」をすると、今までの全てのコメントも読めなくなってしまう様なので、今回のコメントのやり取りを直にご覧になりたい方の為に、暫くはどの方へ対しても「コメントをされても載せない」という形にさせて頂きますので、ご了承下さいませ。(この事は、又改めて記事に書かせて頂こうと思っております)

 

 

【追記】①

先ほど、前回の記事にコメントを下さったもう一人の方から、今回の記事に関して深いご理解と見解を書かれたコメントを頂きました♪
(^^✿

 

私が「これからはどなたのコメントも載せない」という事を、今回の記事でお伝えしていたのを彼女は配慮され、「返信はなさらなくて大丈夫です」と書いて下さった、その温かいお気遣いにも感謝致します♡ 

 

※ぶっちゃけ、本当は今回書いて下さった彼女の感想を、このコメント欄に公開したいという思いが私にはあるのですが、自分から公言し約束をしたので痩せ我慢して載せません。(笑)
(^^ゞ

 

彼女が下さるコメントからは、私はいつも彼女の繊細な感性と研ぎ澄まされた知性、そして人間的な優しさを感じられて私はとても嬉しく思いましたし、そしていつも楽しく返信させて頂きました♡
☆_(_☆_)_☆

 

その他にも「コメントのやり取りが楽しいな~♫」と感じられる方達も何人かおられましたので、それが私の中でちょっと残念です。
(´_`。)

 

本当はそういう方達のコメントを選べば良いのでしょうけれど、そうすれば又それに対して”載せてもらえない側”が穿った見方をして、いちゃもんを付けて来るというのが常ですからね~。(笑)

 

故に「全ての方に公平を期す為」に、私はこれから「コメントを載せない」という主義に徹する事に致します!

 

その様な残念な気持ちもある反面、「これからは自分に取って不毛なやり取りをしなくて良い」というスッキリとした思いと、「その分の時間を、もっと自分の為に有意義に使える」という、より自由な楽しさが得られる思いもあり、

 

これからは、ブログを書く純粋な楽しみを他者に邪魔されたり、奪われたりしなくて良いという「煩わしさからの解放」という安堵感もありますし、私にはそれが自分に取っての「私らしいベストな選択」だと思います♫
(*^^*)~♡

 

 

【追記】②

先ほど、今まで何度かとても楽しいコメントのやり取りができた方からも、温かいご理解のコメントを頂きました。 ありがとうございます。
(^^✿

 

この方はとても紳士的な方で、正々堂々とURLを公開されてコメントを下さった男性のお一人です。

 

大変頭が柔軟でいらして、そして大変お優しい方なので、私はいつも安心して返信をさせて頂く事ができました。この方とも私のこのブログのコメント欄での交流ができなくなるのが残念ですが、

 

私はいつもURLを公表されない様な第三者の方達が、他人のブログに過剰に反応し、不躾で無神経でお節介にご自分の思想をゴリ押しし、病的なまでに過干渉される今のコンディションがとても窮屈でなりません。

 

私はいつも自分に正直に、自分を自由に表現できないと幸せを感じられないわがままな体質なので、
本当にすみません。(笑)

 

ですが、これからもお気が向いたら、勝手気ままなこのブログを覗きにいらして下さい。
感謝を込めて・・・。
☆_(_☆_)_☆

 

 

【追記】③

先ほど、これまで何度かコメントを下さっていた、これ又紳士的な男性であった方からも励ましのコメントを頂きました。(この方も男らしくURLを公にされてコメントを下さる方でした)
本当にありがとうございます。
☆_(_☆_)_☆

 

本当にそうですね~。
私も「言霊」という観点は、とても大事であると思います。

 

姑息に自分のURLも公表しないで、無責任に心無い言葉を使ったり、大変視野の狭い思想や歪んだ思考を他人のブログ内で無神経に何度も押し付けて来る人間は、こういう顔の見えないネットの世界では当たり前になっている様ですが、

 

私にはその神経が理解できませんし、又そういう相手に対して自分の誠実さを示す事には唯々虚しさを感じるだけなので(彼らは構うと切りのないエナジーバンパイアですからね)、コメントを受け付けない事にするのが、自分の自由を邪魔されない唯一の方法であるという判断をさせて頂きました。

 

又気が向いた時は、いつでもフラリとこの気ままなブログにお立ち寄り下さいませ♫
感謝を込めて…。
✿_(_✿_)_✿

 

 

 

以上、前回の記事からの抜粋でございました♫

(^^✿

 

…という事で、今回から「コメント拒否」という事にさせて頂く訳ですが、今自分の中では気持ちが非常にスッキリしています♫

(*^^*)~☆彡

 

コメントを下さる方の中には心の交流が楽しめる方達も勿論沢山いらして、そういう方達とのやり取りというのは私に取っては非常に楽しいコミュニケーションでもあるのですが、

 

その反面、

 

人の事が気になって気になって仕方なく、人の思想の自由に干渉しコントロールしたがるストーカーみたいな人

迷惑だとお伝えしているのに、次から次へと大量の長文コメントを書いて、自分の思想をゴリ押しして来る人

頼んでもいないのに、自分の思想を勝手に人のブログ内でご教示される無神経でお節介な人 等々…

 

この様な非常識な方も、大変多いのですね~。(私の場合は半々くらいの確率でしたでしょうか。笑)

"(-""-)"

 

そしてこの様な事をされる方達というのは、例外なくご自分のURLを公表しないという姑息な手をお使いになる方達なのですが、でもそんなにご自分の言われる事が正しいのならば、何故正々堂々とされないのでしょうか?

 

そういう姑息な姿勢の人間には、私は誠意と説得力が感じられません。

 

ちなみに送られて来るコメントというのは、ブログの様に「読み手が自由に読みたいものとそうでないものを選択する」という事ができません。(※コメントを載せる・載せないの選択はできますが、それはコメントを読まなければ判断できないからです)

 

ですので私はこれから「自分が自由で心地良く感じる選択」を、自らしようと思いました♫

(*^^*)~♡

 

自由に書く事の権利と幸せは誰にも奪えません。

 

私はこれからも自分の感覚と感性を信頼して、誰にも邪魔される事なく、自分の為に伸び伸びと気まま~に記事を書いて行こうと思います♫

 

ちなみに、私は今まで「コイツの思想や価値観を変えてやる!」と云わんばかりのコメントを書いて来られる方達の主張される事に、「この人の言う事なら聞きたいな~」というものは、残念ながら一つもありませんでした。

 

私に限らず、人間は各自「学びたいと思える相手を自分で選ぶ」という自由な権利を持っているのです。
そして「どう生きたいか?」というのも各自の自己責任からの自由なのです。

 

私は自分の自己責任で「自分はこう生きたい!」という確固たるものを持っておりますので、それを他者が変える事は不可能です。そして、これは他の方々も同じです。

( ・・)~☆彡

 

各自の「自分はどう生きたいか」という領域は、他者の管轄ではないのです。
「自分とは違う他人に対して、自分の人生経験から得た、自分の為の価値観を過干渉に押し付けたがる」という無責任でお節介な行為が大好きな方達が巷では大変多いようですが、

 

でも他者が自分以上に自分を愛し、自分以上に責任を取ってくれるでしょうか?
その人が必要な事は、ちゃんとそれぞれの守護霊様のお導きでそういう教えに出合う様になっているのです。

 

私が「こういうものを学びたい」と思えるものが、その時の自分が必要とする本当に自分の身に付く学びであり、そして私はそういう教えを自分で選ぶ権利があるのです。

 

皆様も良くご存知の「北風と太陽」ではありませんが、他者に無理に自分の価値観を押し付けて来られる様な、「北風」の様な行為をされても、人の心は離れて行くばかりです。

 

…ま、今回はその北風さん達のお陰で、より自由でスッキリとした選択を自分でする事に繋がりましたので、、逆に感謝かもしれません。(笑) 私に取ってはそうしたエナジーバンパイアさん達のお相手をするという煩わしさからの解放と共に、時間の浪費が削減されます。

(^^✿

 

先ほども申し上げましたが、送られて来るコメントというのは、ブログの様に「読み手が自由に読みたいものとそうでないものを選択する」という事ができません。ですので私は今回「自分が自由で心地良く感じる選択」を、自らしようと思った訳ですが、

 

読者の皆様も、もし私のブログがお気に召さない内容である時には「読まない」という選択が自由にできますのでこれが「お互いに自由でフェア」なのではないかと思います。

(*^^*)~♡

 

私は記事を書く上で、北風さん達の様に「全ての方に、或いは受け入れられないと感じている相手に対して、無理に分かって頂きたい」などというエゴな思いは持った事がありません。

 

これは前回の記事でもお伝えしたことですが、

 

これからも私は、書かせて頂く記事はこれまで同様、私は常に「分かる方には分かるし、分からない方には分からなくて良い」というスタンスで気ままに書かせて頂く事に致します♫

(^^✿

 

「解る人には解るし、解らない人には解らない~♫」
お互い、そう思っていれば平和です。(笑)

(*^^*)~♡

 

 

 

 

 

人間達の争いの元は、いつも「自分の方が優れている」と思いたがる事からじゃない?

そういう妄想って、所詮お互い「どんぐり栗の背比べ」だと思うけど~。

 

な~んて言われていたりして!(笑)

(^^;(^^;;(^^;;;

 

 

 

 

 

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / クラシックバレエ教師・振付家)
舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ

natural & elegance

長年プリマとして国内外で活躍。現役引退後は後進の指導とバレエ作品の振付けに専念。バレエ衣裳や頭飾りを作り続けて得たセンスを生かし、自由な発想でのオリジナルデザインの洋服や小物等を作る事と読書が趣味。著書に「人生の奥行き」(文芸社) 2003年