半導体はソフトとハードの橋渡し - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
高橋 昌也
(税理士)

閲覧数順 2017年10月18日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

半導体はソフトとハードの橋渡し

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 経営実践

おはようございます、今日は国立銀行設立の日です。

いくつかの地方では第一銀行のような名称がまだ残っていますね。

 

物流等と新しい技術の流れについてお話をしています。

半導体事業の歴史について簡単に。

 

ココに来て半導体が改めて注目されるようになってきたのは、やはりソフトとハードの結びつきが強くなってきたことが影響しているようです。

スマホの登場により、どこにいてもコンピュータを使用できる状況になったことで、あらゆる物をネットと接続するための方法が求められるようになってきました。

いわゆるIOT(インターネットオブシング)というヤツですね。

 

そこらへんにある商品のタグをスマホでピッとすると、そこに紐付けられた情報がすべて閲覧でき、更にその利用方法までフォローされる。

ARやVRといった仮想空間構築の技術と合わせて、擬似的に体験を提供する。

こういう方法論が整ってきたのは、せいぜいこの数年だったのではないかと思います。

 

少し前にも書いたフィジカライゼーション(物質化)という観点からしても、ソフト的な技術群と実際の物理空間を結びつける方法は今後ますます重要視されてきます。

その意味で、半導体はそのソフトとハードを結びつける橋渡し役として、とても重要な分野となってくるのでは?と思われているようです。

 

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

棲み分け(2017/08/21 07:08)

創造性とは何か?(2017/07/25 07:07)

型稽古の意味(2017/07/24 07:07)

武芸と自己認識(2017/07/23 07:07)

このコラムに類似したコラム

擲銭法(てきせんほう) 高橋 昌也 - 税理士(2017/08/06 07:00)

インフラレベルが低い=新技術を使いやすい 高橋 昌也 - 税理士(2017/06/18 07:00)

運送用機械 高橋 昌也 - 税理士(2017/06/01 07:00)

フィンテックとリスク管理 高橋 昌也 - 税理士(2017/02/21 07:00)

小規模事業者として 高橋 昌也 - 税理士(2017/01/30 07:00)