皇室の隠された勢力争いから学ぶ事「奴隷を見張るものは、自らもその奴隷となる」 - 文化・芸術全般 - 専門家プロファイル

舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ
東京都
クラシックバレエ教師・振付家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

皇室の隠された勢力争いから学ぶ事「奴隷を見張るものは、自らもその奴隷となる」

- good

  1. 文化・芸術
  2. 文化・芸術
  3. 文化・芸術全般

最近は立て続けに皇室関連の記事を書かせて頂いた流れから、

 

世の中の支配層と言われている王族・皇族、そしてその手下要員である政治家などが、権力争いの為に裏で行うと言われる数々の工作(影武者を使う・情報を捏造しイメージ操作するなど)に付いて、改めて大変詳しく知るという機会にもなったのですが、

 

もしそれが事実であるなら(※それは歴史的にも世界各国で昔から現実的に行われて来た事実であると私は思いますし、数々の情報からコンピューターなどを駆使して沢山検証・証明もされていますしね)、

 

私が改めて感じる事は、正直その可笑しさとバカバカしさです。

(^^;

 

「権力を維持する為には、そんな手の込んだ大掛かりな工作までしないとならないのかぁ!? (驚)」と思うと、彼らのその奇妙奇天烈な生き方は大変滑稽であるし、逆にそんな事をしないで良い私達一般市民の方が「全然健全で、自由で幸せではないですか?」という事を正直素直に感じます。 (笑)

(^^✿

 

権力者達というのはいつの時代にも、自分達の存在を批判する人間が内部外部にいたら暴力(※言葉の暴力含む)で脅迫したり、酷い時には暗殺という手を使い何が何でも反対勢力を封じ込めるという、この代々受け継がれて来た"血塗られた手法"を今でも彼らは秘密裏に平気でやってのける。

 

それは遠い昔のお話しではなく、この現代でも相も変わらず面々と続いているのだという背景を見ても、

 

結局「奴隷を見張るものは、自らもその奴隷となる」という事であり、その奴隷の数が多ければ多いほど、見張り役をする人間も奴隷を拘束する分、自分自身も奴隷達に拘束されてまうのですからねぇ!

\(◎o◎)/!

 

そして皇族や王族は「自分達の血筋を守る」という事に、今までも、そしてこれからもずっと拘束(執着)される訳なのですよね?(※教科書では習わない「地球人の本当の歴史」というものを知れば、そういう風習がただ財産の為だけではなく、本当は何から来ているのか??という事も深く理解できます)

 

そういう立場の存在は、血筋を守る為には時に自由に好きな人と結ばれるという事も許されず、絶えず暗殺される事や呪術で仕返しされる事にビクビクしながら生きなければならないという現実から逃れられません。

 

こう考えると、いやいやこれはまるで彼らの方が奴隷みたいで、「私達は気楽で自由な一般庶民で良かった~~~ッ♫」と、しみじみ幸せを感じられませんか?(笑)

(*^^*) ~ ♡

 

私的には、未だにとても不可思議で違和感を感じる「天皇陛下の生前退位」や「眞子様の正式ではない(何じゃ、そりゃ!の)ご婚約発表」等の報道が、改めて「皇室」というものを調べたり考える機会にもなったのですが、

 

皇室の事を調べれば調べるほど、何だか逆に人間というものの「業の深さ」「欲深さ」「愚かさ」「醜さ」、そして「滑稽さ」や「情けなさ」というものが、皇室の尊さよりも多分に感じられてしまったのは、私だけでしょうか?

(・。・;

 

結局、昔から本当はどこにも私達庶民の為の真のリーダーなどというものは存在せず、お上の方達は常に自分達の立場と地位と財産と利権を維持する為に、絶えず「国民の為の私達」というポーズを取り続け、国民を欺かなければならないのですから、大変でございますわね~。

 

いやほんま。(笑)

( ・・)  ~ ☁

 

 

 

 

 (※カレンダーより)

 

以前にもご紹介したこの写真。

撮影された方の精神の清らかさが感じられて、私はとても好きなのです♫

(*^^*) ~ ♡

 

写真て、その方の持っている波動が正直に反映されますね~。

自分で写したものでなくても、例えばブログで選ぶ写真のチョイスにも、やはり選んだ方の人となりや波動というものがちゃんと現れて来るのが 不・思・議 です。

\(◎o◎)/!~☆彡★彡

 

 

 

どんなに高貴と言われる身分に生まれついたとしても、人の上に立つ人間に"神気"というカリスマ性が感じられなくなってしまえば、自然に人の心は離れて行ってしまうでしょう。

 

人々が尊敬する"神気"とは「日頃の生活と心掛け」から来るものなので、その場凌ぎという誤魔化しが利きません。

 

例え生まれた時にそういうもの持った人であっても、毎日の積み重ねである日常生活をその人が侮れば、いつの間にかそのオーラは失われてしまうものなのですね~。

(^^;;

 

ちなみに、これからは自立した"個"の時代とも言われていますね?

 

今までのお上が作った金融を土台にしたシステムから抜けて、一人一人が自立して、お互い対等に自分が好きで得意とするものを提供し合う世の中になれば、今よりずっと平和な世の中になると言います。

 

「皆で幸せになろう」という、人々を幸せにする"統治"と、「自分達さえ良ければ、他の人々(自分達の奴隷)がどうなろうと知ったこっちゃない」というものを生む"支配"の違いを、私達はもっと賢く真剣に考えなければならない時代に生きているという事なのかもしれません。

 

「今まではピラミッド社会で、リーダーというものが世界を牛耳って来たが、これからはリーダーを必要としないフラットな世の中になって行く」と予言される方も沢山いらっしゃいますが、その様な価値観で皆が作る社会とはどの様なものなのでしょうか?

 

今まで見た事がないその未知なる新しい世界を、私も参加して見てみたい♡と思いますわ~~~。(笑)

( ・・) ~ ☆彡☆彡☆彡 

 

 

 

 

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / クラシックバレエ教師・振付家)
舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ

natural & elegance

長年プリマとして国内外で活躍。現役引退後は後進の指導とバレエ作品の振付けに専念。バレエ衣裳や頭飾りを作り続けて得たセンスを生かし、自由な発想でのオリジナルデザインの洋服や小物等を作る事と読書が趣味。著書に「人生の奥行き」(文芸社) 2003年