35歳からの痩せ法則「カロリー制限ではなく○○」 - ファッションとダイエット - 専門家プロファイル

ボディメイクスタジオCharmBody 代表
東京都
ボディメイクトレーナー
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

35歳からの痩せ法則「カロリー制限ではなく○○」

- good

  1. 美容・ファッション
  2. ダイエット
  3. ファッションとダイエット

週末は昨日は
北海道新聞、中日新聞での掲載。

そして東洋経済オンラインでも
体幹リセットダイエット
ご紹介いただきました!

美容、おしゃれ関連の今までから
生活、暮らしの必需分野へ。


ボディメイクを通して
ご紹介できて本当に嬉しく思います。



3日目となる整体院での
オフィシャルダイエット講座


今日は定休日ということで
9時〜13時30までの連続3コマにて完結。

エクササイズとストレッチの使い分け。
昨日少しだけ書きましたが、
女性のダイエットではホルモンの影響
必ず考慮する必要があります。

1ヶ月を大きく14日ずつに分け、
エクササイズ=筋肉を縮める
ストレッチ=筋肉を伸ばす

それぞれのホルモン分泌の差を
作っていきます。
漠然と食事、運動はストレスを溜めて
容易に体調不良、自律神経の低下、過食へと
繋がってしまいます。

今日はホルモンについてご紹介です。



35歳をピークとして
山なりに絶対量が変わる女性ホルモン


10人が同じダイエットをしてても
良いと評判の方法でも変わらない
食べる量を抑え、我慢しても痩せない
脂肪のつき方が異常に早くなった
と大きく差が出てしまいます。


ここで最悪なのは、、、
ガンガン筋トレしましょう!
タンパク質だけ食べましょう!
と摂取と消費カロリーだけ
に目を向けてしまうこと。


これで体型の悩みがなくなれば
すでに誰も悩んでいません。

最も考えなければいけないのは
ホルモンの変化です。


女性のダイエットに
一番深く関係するのは
女性ホルモンのエストロゲン

35歳以降は筋肉が減って代謝が下がる、
ではなく、
エストロゲンが減り代謝が下がる
ここを分かっていないと
のがカロリーバッチり!なのに痩せない。



ーーーーーーーーーーーーーー
20.30代のダイエットでは
体の大きな筋肉を増やして
基礎代謝が上がり
食事にも気をつけて痩せていく。

体重を減らせばエストロゲンの影響で
丸み、凹みの女性らしい曲線
自然に出てくる。
ーーーーーーーーーーーーーー
↑今までのダイエットの常識が
通用しない
ことになります。

また、卵巣から分泌される
ホルモンバランスが崩れると
それを囲う骨盤周りの筋肉、
仙骨から上の背骨周りの筋肉が
急激に減少し始めます。

周囲の関節が硬くなると
関節の動きが少ない部位に脂肪は付く
傾向から、腰上、下腹、ヒップ、背中に
脂肪が圧倒的に集中します。




変わらないだけならまだしも、例えば
重りを持ったスクワットは代謝を増やす!
→エストロゲン(男性ホルモン)が増え
余計にエストロゲンを低下させる。

タンパク質メインに!
と肉系ばかり食べる習慣になる。
→男性ホルモンが増えやすく
エストロゲンを低下させる。


ということになると、
ちゃんとやってるのに
なんで痩せないのか分からない、
となります。



まずこの年代からのダイエットには
3つの連動する悩み
解消する必要があります。


腸内環境、便秘
肩こり、腰痛
お腹周りのむくみ、たるみ

もしこれらを感じているようなら
スムーズに痩せることはまず不可能。

これらには女性ホルモンの低下が
大きく関係してくるからです。


腸内環境、便秘
→腸のメインの動きは蠕動運動。
食べる、リラックスする等
自律神経の内、副交感神経が優位の時
働きが大きくなります。


女性ホルモンの低下で
蠕動運動は弱まります。
蠕動運動運動が低下
=基礎代謝の低下。

基礎代謝の40%は筋肉、
40%は内臓の消化吸収なので、
ここの動きが少ないことは
2倍痩せづらく、運動だけでは
1日の4時間くらいしないと
取り返せません。。

朝コップ一杯の水、オリーブオイル、みそ汁
等がホルモンの生成、蠕動運動を
活発にする基本となります。


肩こり、腰痛
→骨盤、背骨まわりの深層の筋肉は
ホルモンの低下により硬くなります。


同時に関節が硬くなり、脂肪が付きやすい
そして、少しの動きの負担は直接
靭帯や骨へ加わります。

つまり、根本は肩のこりや腰痛になる
深層の筋肉のバランスを整える
ことが最優先。

例えば、もっと重要な股関節を開く動作。



腹筋と関係なさそうですが、
ホルモンに影響する筋肉全体の
バランスから整えないと
あなたもご存じのとおり
100%お腹周りはすっきり痩せません。


お腹周りのむくみ、たるみ
→年々のホルモン低下で新陳代謝が低下。
(肌や筋肉の細胞が生まれ変わる代謝)
皮膚は28日周期、筋肉は60日周期です。


例えば、脂肪吸引等で
一気に脂肪を減らした場合、、、
新陳代謝が最も高い10代の女性でも
そこに肌が対応「し始める」のに28日。
つまり、最低でも28日の
タイムラグができます。

ホルモン、水分量、筋肉量の低下
新陳代謝を低下させる原因。


また、歯がゆいのが
運動ストレスの活性酸素、
食事制限のエネルギー不足、
ダイエットで必ず通るこれらも
新陳代謝を低下させることです。

これらを避け、新陳代謝を高める
ホルモンを増やすには
○食事メインにしないこと。
○萎縮している筋肉をメインに動かす

という抜け道が必要。

これは先ほどの背骨、骨盤周りの
硬さに合わせて行うのがベスト
です。

例えば、
付け根は骨盤と背骨を繋ぐ筋肉。



まっすぐ上げるだけでも
筋肉自体は螺旋状に捻れるので
捻じれの刺激になります。

使わない筋肉の刺激、捻じれの刺激は
ホルモン活性、脂肪分解を高めます。
なんの負荷もかけていないので
ストレスになりづらくなります。



何をしても変わらなくなった、、という
35代以降の女性には
必要なこと、不要なこと
やるべきこと、やらないほうが良いこと

が今までと異なってくるので、
今まで痩せた方法で
痩せないのが普通になっていきます。

ますます需要と
供給が合わなくなるであろう
これからの時代。

まずは目の前のあなたへ。
しっかり伝えていきます!

ご参考にしてください。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ボディメイクトレーナー)
ボディメイクスタジオCharmBody 代表

モデルボディメイク

2016ミスユニバースジャパン日本代表公式コーチ2016ミスユニバースジャパン日本大会BC講師。元ミスワールド日本代表ボディメイクトレーナー2016ミスインターナショナル世界大会公式パートナー

このコラムに類似したコラム

「食べてないのに太る」2泊3日の脂肪時間 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2017/06/16 14:00)

「減りやすいウエスト、一向に減らない下半身」 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2017/08/15 17:00)

0から覚える!「明日に間に合う!瞬間痩せ方法」 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2017/08/15 15:00)

食欲ない、でも「痩せないVS痩せる」違い 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2017/08/14 22:00)

0から覚える!「3タイプのO脚改善方法」 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2017/08/10 12:00)