最近の皇室の奇奇怪怪。何をそんなに焦っておられるのでしょうか? - 文化・芸術全般 - 専門家プロファイル

舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ
東京都
クラシックバレエ教師・振付家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

最近の皇室の奇奇怪怪。何をそんなに焦っておられるのでしょうか?

- good

  1. 文化・芸術
  2. 文化・芸術
  3. 文化・芸術全般

最近の皇室は「何か変だ」と感じていらっしゃる方が増えている様です。そしてそれは、特に昨年の天皇陛下の「生前退位」の不可思議なニュースから始まった気が致します。

 

先日報道された非常に胡散臭い「まだ正式ではない眞子様ご婚約」という報道は、「生前退位」の時と同様、いやそれ以上に、唐突なNHKによるすっぱ抜きリークニュースというものへの違和感を再度感じさせるものでもあり、

 

又昨日の天皇陛下のご発言は、「本当に陛下自身のお言葉なのか?誰かが言わせているのではないか?」という憶測がされてしまう様な内容に感じられた方も多い様です。

 

普段はあまり皇室に関心を持たない人間でも、さすがに「最近の皇室の在り方」に付いて疑問を持ち始めた方もいらっしゃるのではないでしょうか?(私もその一人です。笑)

 

最近の皇室報道やNHKから感じられる違和感と魑魅魍魎さが、以前にも増して更にどんどん私達一般市民に浸透しているのが何故かと言うと、

 

それはその裏に隠された或る目的を持った人間達の「物凄い焦りと執念」を、無意識であっても私達が肌で正直に感じてしまうからなのでしょう。

 

それが「何か変」という感覚、違和感に繋がっているのだと思います。

( ・・) ~ ☁

 

「真実は小説よりも奇なり」と言いますが、それを代々私達に見せて下さっているのが、皇室というものなのかもしれません。

(^^;

 

 

 

 

 

 

この子達は鴨の王&王妃様みたい♫ 美しいですねぇ!~☆彡

最近の多くの皇族の方が失われている「品格」や「風格」といったものを、私はこの子達から感じます!? (笑)

 

 

 

いつの時代にも繰り返される皇室を始めとした勢力争いは、日本に限らず世界的な規模で見ないと全貌が観えて来ないと私は思っています。だから世界史は勿論、私達が学校では決して教わらない隠された宇宙や地球の本当の歴史を知る事も真実を知るには必要になって来るのですね。

 

ちなみに昨日アメブロの方で、私の書く記事に「カルチャーショックを感じた。今でも脳がグルグルしているが、でも重要な内容ではないかと感じる」という内容のコメントを頂き、それに返信した私のコメントをお伝え致します。

☆_(_☆_)_☆

 

 

【私からの返信】

 

貴方様が現在その様に感じられている感覚は、人間は今まで自分が見聞きした以外の情報に触れると自動的に起こる症状でもあります。

 

そういうものに遭遇すると、大体は「そんな事有る訳無い!」「私には関係ない」とか「聞かなかった事にする」、又は「何故か怒り出す」という反応をされる方が多いのですが、今回の反応は貴方様の頭がとても柔軟であるという証拠です。(笑)

 

私はどの様なぶっ飛び説であっても一旦受け入れて、自分の情報の引き出しに入れて置くという主義なので、この様な説も「有りかもしれない」と頭を柔らかくしておきます。「真実は小説より奇なり」という可能性は大いにあるのですから。

 

ちなみに貴方様の「逆にこちら(※私が紹介したサイト)が陰謀説かもと勘ぐりたくなる」という事に関してですが、

 

私自身は「天皇陛下の生前退位」から、今回の正式ではない「眞子様ご婚約」に於ける "宮内庁を通さず、NHKからのリーク" という不自然で違和感のある報道の仕方などから、ご紹介させて頂いたサイトの説が真実に近いと感じますし、そう考えれば全てのツジツマが合って来るのです。

 

誰でも別人と分かる様な愛子様の影武者を使って「愛子様優秀説」をいきなり打ち出したり、最近の皇太子様の動く映像が無い事、そして天皇皇后両陛下が今までの皇室の慣例を打ち破り「火葬を希望する」という事を仰られる等々を考えると、彼らが何故こんなに焦っているのか?という答えも含めて、見事にツジツマが合うのです。



現在秋篠宮家が冷遇されている理由も、NHKに直接リークしている人物がいるというのも、これまで聖女の様なイメージを国民に植え付けて来られた美智子妃殿下がキーパーソンだというものの見方は、私に取っても一番目から鱗でしたが、でも説得力があります。

 

 

 

 

 

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / クラシックバレエ教師・振付家)
舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ

natural & elegance

長年プリマとして国内外で活躍。現役引退後は後進の指導とバレエ作品の振付けに専念。バレエ衣裳や頭飾りを作り続けて得たセンスを生かし、自由な発想でのオリジナルデザインの洋服や小物等を作る事と読書が趣味。著書に「人生の奥行き」(文芸社) 2003年