腕や手のしびれについて思うこと - 姿勢・ウォーキング - 専門家プロファイル

YURUKUウォーク 代表取締役
東京都
マスターウォーキングインストラクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:イメージコンサルティング

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

腕や手のしびれについて思うこと

- good

  1. 美容・ファッション
  2. イメージコンサルティング
  3. 姿勢・ウォーキング

歩くことは生きること
YURUKU®ウォーク
(前Noriko式ウォーキング)考案者
Norikoです。


呼吸法についてのブログで肋骨を前にばかり動かしている方が多いというお話をしました。

呼吸筋 本来の働きによる肋骨の動きは挙上(引き上げ)と下制(引き下げ)です
もう一度言います。引き上げと引き下げです。
前後の動きがメインではないはずです。
その挙上(引き上げ)の際に使っている筋肉に
斜角筋という筋肉と小胸筋という筋肉があります。

斜角筋は前斜角筋中斜角筋後斜角筋とあり
前斜角筋・中斜角筋は頸椎第一肋骨に後斜角筋は頸椎第二肋骨にそれぞれついています。
また 小胸筋は第三肋骨第五肋骨肩甲骨にある烏口突起
ついています。


胸郭出口症候群という症状はご存知ですか?(ウィキペディアより)
前斜角筋・中斜角筋小胸筋などに圧迫・牽引されることで起こる症状で
首肩こり腕から手にかけてのしびれ腕のだるさなどがあげられます。


また圧迫する部位を特定した斜角筋症候群過外転症候群という症状もあります。

斜角筋症候群前斜角筋中斜角筋の間を通っている
腕の神経と血管が圧迫されることにより起こります。

過外転症候群は腕を外転(横に上げる)した時
小胸筋により腕の神経と血管が圧迫されることにより起こります。

いかがですか?

呼吸の際に肋骨を引き上げる役割をする斜角筋・小胸筋が何度も登場しましたね。

ウィキペディアには治療法として薬、生活指導運動制限などが挙げられています。

私の考えを申し上げますね。
斜角筋くん小胸筋くんが得意なお仕事がしやすい環境になるよう姿勢のバランスを整え
呼吸の際肋骨の挙上(引き上げ)というお仕事を斜角筋くん小胸筋くんに24時間させておいてあげたら
斜角筋くん小胸筋くんも元気になってくれるのではないでしょうか。
斜角筋くん小胸筋くん本当はお仕事したいんだと思いますよ。


首が前に倒れている。胸を張って体を反らせている。
そういった方から腕がしびれるというお声をよく聞きます。

首が前に倒れている方も胸を張って体を反らせている方も
私が奨励している呼吸はいくら頑張ってもその体勢を変えない限りできませんよ。

呼吸法を身につけることは姿勢の良いバランスをとることと対になっているのです。

体の声を聞いたら姿勢呼吸ぜひ見直して頂きたいです。




■YURUKU®のセミナーについてどんなセミナーがあるの?何から受講するの?http://ameblo.jp/bjwalking/entry-12247970511.html

メルマガ読者登録『それぞれのYURUKU®』YURUKU®考案者Norikoと公認インストラクターたちがカッコつけずに ありのままに書いたリレー メールマガジンです。https://sv3.mgzn.jp/sys/reg.php?cid=P612128


【人気記事まとめ】Norikoの身体の変化や考え方姿勢や歩き方・美脚・ダイエット身体の不調についての あれこれ▼▼▼http://s.ameblo.jp/bjwalking/entry-12213292092.html

information
YURUKU®無料会員登録
YURUKU®セミナーについて
Norikoセミナー一覧
YURUKU®公式セミナー

◾︎
ご受講者の声
◾︎
Norikoの身体機能について
◾︎Norikoの変化
◾︎YURUKU®の歴史
◾︎YURUKU®って何?



 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / マスターウォーキングインストラクター)
YURUKUウォーク 代表取締役

歩くことは生きること~生きる喜びをともに

日常の自然な歩き方「YURUKUウォーク」考案者。筋トレやストレッチを必要としない独自メソッドで、受講生は10000人以上、インストラクターは150人を超えました。近年はオリンピック代表選手のパーソナルレッスンや企業の健康指導など多岐に渡り活動中です。