分散投資でリスクを分散 - 投資相談全般 - 専門家プロファイル

ファイナンシャルプランナー国際認定コーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:投資相談

岡崎 謙二
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)
吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2017年11月20日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

分散投資でリスクを分散

- good

  1. マネー
  2. 投資相談
  3. 投資相談全般
マネーレッスン


こんにちは。川口です。 

資産運用をしていく上で、様々なリスクと向き合うことになります。
それらのリスクに対応していくため、「分散投資」という考え方があります。 

分散投資とは、「投資対象」や「種類」「時間・タイミング」などを分散させることで、投資リスクの軽減に効果があります。


投資の世界には「卵は一つのカゴに盛ってはいけない」という考え方があります。

一つのカゴに盛ると、そのカゴを落としたときに全ての卵が割れてしまいますね。全ての卵を割らないように複数のカゴを用意しましょう、ということです。 


では「投資対象」や「種類」「時間・タイミング」を分散させる、ということは具体的にどうすればいいのでしょうか。 

例えば、円建て商品だけでなくドル建て商品を持つ。これは分散投資の一つです。仮に円建て商品しかもっていなかった場合に円高・ドル安となった場合、元本割れのリスクが高まりますが、ドル建ての商品も持っておくことでそのリスクが軽減されます。

 <分散投資の例一覧>



他にも、時間を味方につけるドルコスト平均法などの手法もあります。

ドルコスト平均法とは、価格変動のある商品を一定期間、一定金額分購入する手法です。 

1口1万円の株式を毎月100万円分(100口)購入する場合
 1口2万円の場合(相場より高い):100万円分50口購入  少なめに購入 
 1口5千円の場合(相場より安い):100万円分200口購入  多めに購入 

これにより、価格変動リスクを低減でき、かつ、毎月一定数量購入していくよりも、平均取得価格を引き下げる効果もあります。



個人で全て実施していくことはなかなか難しいですので、投資信託や保険なども上手に活用していきたいですね。 

分散投資、資産運用に関してお悩みのことがありましたら、ぜひご相談くださいませ!  


(無断転記・利用不可)


カテゴリ このコラムの執筆専門家

(ファイナンシャルプランナー国際認定コーチ)

マネーコンシェルジュ

「お金のこと」を真剣に相談できる存在はいますか?FP歴約20年、1人1人の相談に向き合っています。お金を殖やす為には自分に合った方法を見つけることが必要です。お金にコントロールされるのではなく自分自身でコントロール出来るように一緒に考えましょう!

カテゴリ 「マネーレッスン」のコラム

生活習慣病(2017/05/13 17:05)

出産・子育ての助成(2017/05/13 16:05)

このコラムに類似したコラム

アセットアロケーションを考える 浅見 浩 - ファイナンシャルプランナー(2011/11/28 09:01)

投資信託の選び方 手数料と税金編 浅見 浩 - ファイナンシャルプランナー(2011/06/03 09:31)

“金利”か、“スカイツリー”か!? 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2011/01/14 12:51)

単利と複利の違い 川口 幸子 - ファイナンシャルプランナー国際認定コーチ(2017/05/13 14:17)

お任せではだめ投資信託 辻畑 憲男 - ファイナンシャルプランナー(2017/03/06 14:48)