プロはコピペしない方が良いよね。13,4キロ走。 - 離婚問題全般 - 専門家プロファイル

小林行政書士事務所 
北海道
行政書士
0166-59-5106
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:離婚問題

佐藤 千恵
佐藤 千恵
(離婚アドバイザー)
中西 由里
中西 由里
(夫婦問題カウンセラー)
岡野あつこ
(離婚アドバイザー)

閲覧数順 2017年11月18日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

プロはコピペしない方が良いよね。13,4キロ走。

- good

こんにちは、

 

旭川の走るひと、行政書士の小林政浩です。

 

今日は夕方13,4キロ走りました。

前回と併せて26,9キロ、目標50キロから引くと残り23,1キロ。

 

目標達成出来るよう頑張ります。

 

さて、タイトルですが、休日ということもあり、いつもは見ていない方のHPなどを珍しく閲覧してみると、他で読んだことのある記載がほぼ同じ順番と文言で書かれていることがあります。

 

項目の順番も内容も同じ、語尾の表現を「必要があります」から「することになります」に変えている。

「~です。」が「~のようです。」に変わっていたり

もっとひどい例だと、誤字がそのまま載っている例もあります。

 

記事を書くにあたって、内容に誤りが無いか検証する作業は当然必要だとおもいます。

間違った情報を読者に提供することは誰の徳にもなりませんから。

 

でも、参考にしたHPから必要な記載をほぼ全文引用して、同じ順番で語尾だけ丸めて自分の記事として掲載するのは、士業としては残念すぎるように思います。

 

ところどころ引用されていない箇所があるから、原文にはあった大切なポイントが抜けていることもあります。

コピー転載する人は、何が重要なのかわかっていないのですね。

 

これが、一次コピー、二次コピーと次々転載されてだんだん内容が変わっていく例もあります。

 

自分の書く記事を同業者や他士業者などのHPの記載で誤りがないか確認するのも、参考にするのも悪いとは思いませんが。

 

ほぼ全文転載するのは、芸がなさすぎです。

 

他人の記事を参考にするとしても、事実を確認したうえで自分なりの表現や自分の読者層にあった項目の並び方や補足説明を付加しようという思いが必ず出てくるんじゃないかな~と個人的には思うのです。

 

思い当る人がこの記事を読んだら、次回からは出来るだけ自分の言葉と読者層に合った表現で記事を書いてほしいと思います。

 

そんなこと思った、1日でした。

 

今日はこの辺で。(^-^)ノ~~

 

離婚協議書作成、示談書作成

文案すぐできます。

相続人調査や講師などもお受けしてます。

旭川。小林行政書士事務所

0166-59-5106

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(北海道 / 行政書士)
小林行政書士事務所 

離婚協議書・内容証明などの書面作成はプロにお任せ下さい。

当事務所では、書面作成の際は必ず依頼者に文面の内容を確認いただきながら書面を完成させます。依頼人不在のまま書面が完成するようなことはありません。依頼人の思いを最大限に込めた最高の文書を作成いたします。書面の作成はプロにお任せ下さい。

0166-59-5106
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。