真の安心感とはどこから来るのか? - 文化・芸術全般 - 専門家プロファイル

舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ
東京都
クラシックバレエ教師・振付家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

真の安心感とはどこから来るのか?

- good

  1. 文化・芸術
  2. 文化・芸術
  3. 文化・芸術全般

今回も前回ご紹介した本から、人生に役に立つ奥深いメッセージをお届け致します。

☆_(_☆_)_☆

 

 

「リヴィング・ウィズ・ジョイ」光の存在オリンが語る愛と喜びのメッセージ

サネヤ・ロウマン 著 (マホロバ アート 出版) より

 

 

【真の安心感は、すべての必要が自己によって満たされるときに、存在します】

 

たいていの人々は、安心感を得るためには、自分に安心感を感じさせてくれる何かを与えてくれる物や人を、

外部の世界に見つけなければならないと思っています。

しかし、何かを自分自身に与える前に、あなたにそれを与えられる人は誰もいません。

もしそれを自分自身に与えることができなければ、誰もまた、それをあなたに与えることはできないのです。

 

 

つまり、お金、ボーイフレンド、ガールフレンド、結婚、家庭といった、

あなたが今、安心を感じるために求めているものが何であれ、

これらのどれもあなたが自分自身に内なる安心感を与えるまでは、

その必要性を満たしてくれないということです。

 

 

安心を感じるために人々が必要だと考えているものの中には、

感謝、認められること、称賛、愛、名声、財産があります。

しばしば愛は、特定な形で他人に要求されます。

 

 

一週間に多くの電話がやりとりされ、とても多くの抱き合いがあり、

そして何度も何度も相手は「愛しているよ」と言ったりします。

安心するためにはまた、世界は安全であり、自分はユニークであり、

何かの一部であると感じることが必要です。

 

 

多くの人々は、他人がこれらの感覚を自分に与えてくれることを当てにして、たえず失望しています。

あなたは自分自身で、安心感を得るという必要性を満たすことができます。

すなわち、あなたは自分自身を愛することができ、世界は安全だと信じることができ、

自分がなし遂げたことに感謝し、それを認めることができます。

究極的には自分だけが、これらの必要性を満たすことができるのです。

 

 

あなた方の多くは、高い目的を探すとき、他人と他人の人生を自分の人生の目的として選んでいます。

あなたは他人の人生に包まれ、彼らを自分のところに引き寄せ、あなたの一語一語を聞かせ、

あなたの最もどうでもよい気まぐれにつき合わせ、それでいて、他人に夢中になりたいのです。

 

 

他人の人生に関係したいという欲望、すなわち、自分の未来より他人の未来に関わることは、

自分自身の高い目的を満たす必要性をおおい隠してしまうことがあります。

自分の成長を最優先する前に、他人を自分の計画にしてしまうことで安心感を持ちたいとき、

自己成長の必要性は、他人の成長を自分の人生の仕事にすることによっては、

満たされないことに気づくでしょう。

 

 

安心感とは、自分自身よりも大きな何か、あなたが手を伸ばそうとしている何か、

あなたを魅了し、引き寄せ、呼びかける何かを自分の人生の中に持つことから生まれます。

そういう大きなものに比べれば、心の小さな傷や取るに足りない出来事は

さらに小さなものになってしまいます。

それでもまだ、多くの人々は、そのより大きなものを自分自身の成長の中にではなく、

お互いの中に求めているのです。

 

 

 

【安心感を持つためには、自分が成長し、拡大し、自分の世界の領域を広げていることを感じることが必要です】

 

物事を変えず、現状を維持することで、自分はもっと安心感を持てるだろう、

とあなたは考えるかもしれません。

しかし、安心感は危険を冒すこと、ハートを開くこと、

自分の真の姿をもっと発見することからだけやって来ます。

 

 

人々の中には、危険を冒さないことで自分の世界を安全にしようとし、

最後にはますます脅えて、不安になってしまうことがわかった人もいます。

恐怖はそれに直面すると必ず減ります。

自分が何か新しいことをやったとき、他の分野でも、

もっと大胆で力強く感じたことに気づいたことがあるでしょう。

 

 

バランスとは、毎日対処しなければならないことを、自分にとって平和的で健康的なやり方で、

そして、自分の成長とより高い善に貢献するやり方で取り扱うことです。

そうすることで、自分がやっていることにワクワクし続け、人生を生きるに値すると感じながら、

朝、目を覚ますことができます。

 

 

自分はまわりの人々にとって、安定とバランスを放射する源になるのだと決心してください。

自分の喜びのために必要な物事を自分に与え、平和な世界が来たときに、それを喜んで受け入れてください。

 

 

 

 

 

この子は「カモメのボスなのか!?」と思うほど、他のカモメさんに比べてすンごく大きくて、最初に見かけた時は「本当にあなたはカモメさん?何を食べて、そんなン大きくなったン???」と思うほど、ビックリしました!(笑)

大きいけれど威圧感は皆無で、お会いする度、この優しい表情と羽根の色合いに癒されます♡

(*^^*) ~ ♡

 

 

 

私達は、自分が自分を愛している分だけしか、他者を愛する事ができないのです。

それは親子であっても他人であっても、例外はありません。

 

私達は、自分で自分に与えていないものを、他者に与える事はできません。

だから私達は「自分を尊敬できる様な生き方」を、各自が自分の人生で

実践して行かねばならない様に生まれついているのです。

( ・・) ~ ☆彡

 

そういう生き方が、私達人間に取って幸せや充実感を与えてくれる生き方であり、

真の安心感に通じる生き方なのだと私は思います。

(^^✿

 

ただ楽しい事だけを追いかけて、魂を磨く事=自分を尊敬する事を忘れていると、

人間は真の安心感を得られないとは、そういう所から来ているのですね~。

 

確かに私は、「楽しけりゃいいンだよ!」と開き直った様に人生を雑に生きた方達が、

幸せになった姿というのを見た事がありません。

 

これは私の眼ですが、そういう方達は大概ご自分を尊敬できていなくて、

楽しい事で自分を誤魔化したり、自分で蓋をしてしまったストレスから大食に走ったり、

お酒やタバコに依存したり、異性やギャンブルに夢中になったりして、体に痛みを抱えたり、

 

癌やくも膜下出血や心筋梗塞などの病気や鬱病などの精神病を抱えたり、

酷いケースでは難病になったりなどして、早くお亡くなりになったりする方も多く見て来ました。

(※一説では癌は絶望感の現れとも言われますし、例えば心臓の病気は「ハートを忘れていると、メッセージとして引き起こされる」とも言われますね)

 

思考で誤魔化そうとしても、心はちゃんと分かっていて、

自分で自分を苛む精神が、体の痛みや病気という形で表に現れるという事なのでしょう。

 

「人生は楽しむ為にある」「人生は楽しんだ方が勝ち!」というのは

確かに生きる知恵でもあり、真理ではありますが、

 

自分を誤魔化す為の楽しさは逃げであり、本物ではないので、

人生で自分を好きになる事ができず、肉体と心を蝕んでしまうのだと思います。

 

人間の本当の楽しさとは「魂を成長させて行く事で、自分を尊敬できる事」に在るのだと私は思います♫

ちなみに尊敬とは、感謝と共に最も高尚な愛の形です♡

☆_(_☆_)_☆

 

 

 

 

 

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / クラシックバレエ教師・振付家)
舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ

natural & elegance

長年プリマとして国内外で活躍。現役引退後は後進の指導とバレエ作品の振付けに専念。バレエ衣裳や頭飾りを作り続けて得たセンスを生かし、自由な発想でのオリジナルデザインの洋服や小物等を作る事と読書が趣味。著書に「人生の奥行き」(文芸社) 2003年