お見合いパーティ、その外で得た気づき - 恋愛の悩み・問題 - 専門家プロファイル

恋愛クリエイション 恋愛カウンセラー、作家
東京都
恋愛アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:恋愛

堀江 健一
堀江 健一
(恋愛恐怖症・心の問題カウンセラー)
堀江 健一
堀江 健一
(恋愛恐怖症・心の問題カウンセラー)
佐竹 悦子
(婚活アドバイザー)

閲覧数順 2017年10月21日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

お見合いパーティ、その外で得た気づき

- good

  1. 恋愛・男女関係
  2. 恋愛
  3. 恋愛の悩み・問題
リアル教室の生徒さんから、お見合いパーティ参加のご報告が届きました。
今回のご報告はパーティの中で得たものではなく、パーティの外でたくさんの大切な気づきを得られた……そんなお話です。僕のコメントを入れながらご紹介したいと思います。では、早速まいりましょう!

◆ 常に見られているという意識 ◆

<メール>---------------
マーチン先生、こんばんは。Mです。
近況報告というかお礼を申し上げたくてメールしました!

先週の教室の帰りエクシオのサイトを見てみました。そしたら、ちょうど休みの日に再婚者対象のお見合いがあったので、早速申し込んでみました! ←即行動、素晴らしいですね!(マ)

当日、けっこうドキドキしながら会場へ行ったら、女性陣が全員あまりお行儀がよろしくなく、とてもびっくりしました。まだ開始時間ではなかったのですが、男性が目の前にいるのに何もお話せず、壁によりかかったり(女性が上座です)、ひじをついたりしてスマホをいじっているのです!

そしてスマホをいじって下を見ているものだから、
ライトがあごの下から当たって、みんな顔がものすごく怖いのです!

--------------------

ううーん、なるほど。これは感じ悪いですよね~。
異性にモテるために、素敵な自分になるために大事なことは、常に「見られている」という意識を持つことです。実際この女性たちはMさんに見られて「みっともないなぁ」と思われています。そういうことなのです。

こういった話で僕がよく思うのはっ!電車で座っている若い女性が、「ふわぁぁぁ~」と大きな口をあけてあくびをする。これって、みっともない極致だと思いますぞっ! 大股開き、パンツ丸見えで座っているのと同じかと☆

さすがにひとりで乗っている時に「あくびをするな」とまでは思わないですが、僕はマスクをしていても、あくびをするときは手で口を覆ってしています。別に意識しているわけではなく、ふと気づくと手で覆っているのです。日頃のクセ、躾であり、日常の心がけだと思います。それで、このお話と先程の……

> 壁によりかかったり(女性が上座です)、
> ひじをついたりしてスマホをいじっているのです!

これが全く同じ次元のお話だと、皆さんにもご納得頂けると思うのです。日頃の意識です。リアル教室の生徒さんには、授業中に肘をついていると「○○さん、肘ついてますよ」と言ってあげています。こういうところから直していくことが大切だと思います。

肘をつくクセは、誰にもありえるお話です。ありがちなのはテーブルで誰かと対面する時に、肘で体を支えている人。これを知って意識している人は、絶対に肘をテーブルにあげないのです。←このお話意味わかりますか? 僕が何のことを言っているかわからない人は、危険サインです。ぜひ、周囲の人を注意深く見てみましょう。

◆ 大切なことは「お○○なし」の気持ちを持つこと ◆

<続きです>---------------
男性も積極的にコミュニケーションをとっておらずお互い様だったのですが、会社の面接と同様、試験はもうすでに始まっているじゃないですか!?案の定お見合いがスタートしても、皆さん急に愛想が良くなるわけでもなく……。

壁にもたれたまま、ひじや頬杖をついたまま、男性に聞かれるまま自分の話ばかりで愛想とか可愛げとか女性らしさ等の「お相手に楽しんでもらおう、という気づかい」が全然みられないのです!(女性6人、男性4人だったので、私のお相手がいないときに聞き耳を立てていました・笑)

帰り、エレベーターで一緒になった女性から、「今日人数少ないし、男が話し下手でムカつかなかった!?」と言われ…(汗) こういう意識じゃいけないなぁ、とつくづく思いました。ホント、恋愛教室のビラを配ってこようかと思いました(笑)

--------------------

うん、どこどこまでも、マーチン論そのままですね(笑) 平常時の態度や心構えは、本番(大事な場面)でも出てしまうのです。これ、仮に素敵な男性がパーティにいて、その場で態度を変えたとしても、バケの皮がすぐ剥がれてしまうことは想像に難しくないと思います。

僕も出会いパーティには何度か出たことがあります。僕はお相手が「えーっ、この人はないよね」という人だったとしても、その場が気まずくならないように、最低限のおもてなし(気遣い)はしていました。笑顔で挨拶・お話をする、話をふる、質問をする、などなどです。

こうして見ると「お相手が素敵な人だから、頑張る」という姿勢は間違っているとお気づき頂けると思います。そしてそれはイコール「好きになったら頑張る」という姿勢も間違っている、という証拠なのです。

・素敵な人だから頑張る。
・好きになったから頑張る。

ほら、こうして並べて見たら同じですよね。まずお相手に好きになってもらえないと、恋愛は話になりません。だから、まずは「おもてなしの気持ち」が大切なのです。

◆ 思いは伝わる ◆

<続きです>---------------
さて、ここからが本題です! ←ええっ!?(マ)
私は一応カップルになれたのですが、そのお相手が、どうもお見合いをはしごしている感じで、次にお会いする約束が「出張など終わって忙しいのが落ち着く、2週間半後」になりました。

日曜日の13:30にお見合いが終わり、「14:30までに家に帰らなければ行けない用事がある」といわれ、ラインの既読が16:30、返事がきたのが20:00でした。もう私もテンションが下がってしまったので別に構わないのですが、前回の教室で先生に教えて頂いたように、お相手が思っていることがなんとなく伝わってきてモヤモヤしました。

今のところ表面上は、「今日は時間がとれなくてごめんなさい」とラインをもらいましたし、特に失礼なことをされたわけでもなく、会話はそれなりに続いています。でも、なんとなく伝わってくる、他の女性と天秤にかけられている感じ。私を軽んじている……とは言いすぎかもしれませんが、いずれにしても、あまりいい気持ちがしませんでした。

--------------------

ふむふむ。14:30までに家にというの話、LINEの既読が16:30の話は、パーティをはしごしている可能性が高そうですね。婚活でパーティに行く場合、はしごして申し込んでおくのは良いと思います。でも、カップルになって、その後も続けていこうと思うなら、そこで、はしごを終了して(要するにその後のパーティは全てキャンセルして)、「その人」に向き合うことが大切です。

でないと今回の彼のように、出会いを探しに行って、出会いをダメにするという、一体何をやっているのかわからない状態になってしまうのです。カップルになれたなら、お茶したりお食事したり。その日のチャンスを最大限に生かすことが大切なのです。

<続きです>---------------
でも思い返してみると、私も全く同じかそれ以上に失礼なことをデートしてくれた人達にしてたんだなと、ようやく気付きました。私の表面上の言動は恐らく今回の彼と同じで、そんなに失礼なことはしていないと思います。ですが、先生が仰っていたように「自分の気持ちや誠意は相手に伝わる」と今回身を持って体験し、とてもとても納得&反省しました。

そういう意味で今回は、とても良い学びの場となりました。私も恋愛以前に、人として誠意をもってお相手に接してなかったんだと反省中です(できているつもりで、全然できていなかったです……)。先生の教えのおかげで、とても大きな気づきを得ることができました。私の中の根本的な間違いを正し、大きく一歩前進できたように思います。ありがとうございました。

--------------------

はい、凄く良い経験になったのではないかと思います。

> でも思い返してみると、私も全く同じかそれ以上に失礼なことを
> デートしてくれた人達にしてたんだなと、ようやく気付きました。

うんうん、ウンっ!!この気付きが得られたのは、とても大きな成長だったと思います。「表面上の言動は失礼なことはしていないと思います」というお話がありました。これってすごく核心をついていると思うのですが、こう考えたらわかりやすいです。

「表面上は失礼がない人だけど、どこか不信感がある人」と、「表面上はちょっとヘンなところがあるけれど、不信感はない人」だと、どちらがいいでしょうか? 「ちょっとヘン」の程度にもよるでしょうが、大半の人は後者がいいと思うのではないかなぁ……と思います。

そして皆さん気づいて下さい!
「失礼がないようにする」という姿勢はですね、おもてなしはしていないのです。「失礼がないようにする」のは、「失敗がないようにする」ことなので、「いいな」とか「素敵だな」と思ってもらうためのことは「していない」のです。

ほら、「傷つきたくない、負担に思われたくない」という発想だと、「傷つかない、負担にも思われない。だけど好きにもなってもらえない」という話があるじゃないですか? これと同意になるのです。

マーチン論、デートをする時の心構えは「おもてなしの気持ちで臨む」ですよ。

◆ P.S.来たれ! ◆

<最後のつづき☆>---------------
それにしても、先生のお教室にいらしてる皆さんは、本当に素直にまっすぐ、真心を持ってお相手の方に好かれようと努力されていて、失敗しては反省し、注意しあって励まし合って、成功したら自分のことのように喜びあって、なんてかわいくて健気なんでしょう!

……と新人だけど、最年長者としては胸が熱くなりました(笑)

みんな絶対幸せになって欲しい!
先生の教えを忠実に守って実行すれば、
きっと幸せに辿りつける!と強く思いました^^

というわけで、ご報告とお礼でした! Mより
---------------------

というわけで(笑) 来たれ!リアル恋愛教室☆
https://www.martin.ne.jp/counseling/lesson.htm

4月22日(土)24時までにお申込み頂くと、下記コースに特別サービスがあります!

・選択コース 9800円
 2ヶ月間に、4回までご参加→5回

・マスターコース 15800円
 3ヶ月間に、10回までご参加→12回
 
・2ヶ月コース 15800円
 有効期間2ヶ月→2.5ヶ月
 
・3ヶ月コース 19800円
 有効期間3ヶ月→3.5ヶ月

お申し込み と コースの詳細は、こちらです。
https://www.martin.ne.jp/counseling/lesson.htm


<特別プレゼントをお届けします!>

このメルマガのプレミアムバージョン、

         「マーチン先生の恋愛教室PREMIUM」

   まぐまぐ「恋愛・結婚」、有料メルマガ 1位!(2017/04/17現在)
       http://www.mag2.com/ranking/ranking_mmap.html

ご購読の初月は無料です。2ヶ月目からは 税込540円/月ですが、それ以上の価値はあると思い、2001年12月創刊から16年間お届けしています。4月号の4本を無料でご覧頂いてお気に召さない場合は、月末までにキャンセル頂ければ料金は一切かかりません。

【 お申込みは、こちらです 】
画面左「アカウントをお持ちの方」からお入り下さい。
IDはこのメルマガが届いている、あなたのメールアドレスです。
http://www.martin.ne.jp/jump_mag2.htm

そして、5月までご継続下さった皆さんには、5/2(火)に……

 「メイク・ラブ指南/ いっしょにいくための特集号」をプレゼント!

懐かしの、超人気エッチ特集号です♪(バックナンバーからの再編集です) もちろん、既にご購読中の皆さんにも届きますので、ご安心下さいネ!(^^) どうしようかお悩み中の方、いらないなら解除したらいいのです☆ まずは行動することから始めてみましょう(笑)

お申込みをお待ちしております。
http://www.martin.ne.jp/jump_mag2.htm

画面左「アカウントをお持ちの方」からお入り下さい。
IDはこのメルマガが届いている、あなたのメールアドレスです。

○ご購読について、更に詳しいご案内はこちらです。
http://www.martin.ne.jp/school/premium.htm

○クレジットカードをお持ちでない方は、銀行振込みでもご購読頂けます。
 office@martin.ne.jp まで「PREMIUM定期購読希望」としてお送り下さい。

─────────────────────────────────────

○マーチンに直接会って相談したい人、電話やメールで相談をご希望の方。
 http://www.martin.ne.jp/counseling/

○無料相談掲示板「悩みの足跡」
 http://www.martin.ne.jp/gatex/bbs.cgi
 
 初めての方は、こちらから会員登録をしてご利用下さい。
 http://www.martin.ne.jp/gatex/touroku.htm

─────────────────────────────────────
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 恋愛アドバイザー)
恋愛クリエイション 恋愛カウンセラー、作家

素直にまっすぐな気持ちで、真心をもって恋をしよう。

-「カケヒキをして幸せになれました。結婚できました!」そんな話を一度でも聞いたことがありますか- マーチン論の特徴は2つ。【1】カケヒキを一切せず、素直にまっすぐ行動する。【2】自分で考える力を身につける。これが恋を叶える秘訣なのです。