「世界を変えたい!」と言うその前に - 文化・芸術全般 - 専門家プロファイル

舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ
東京都
クラシックバレエ教師・振付家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「世界を変えたい!」と言うその前に

- good

  1. 文化・芸術
  2. 文化・芸術
  3. 文化・芸術全般

最近自分の身近で起きた事で色々考えさせられ、それにより自分の信念を再確認する機会が自分にありました。

( ・・) ~ ☆彡

 

今回のテーマは昔から自分が感じて来たものでもあるのですが、この世の中には「今のこの世の中を変えたい!」という思いを持たれた方達、或いは「この社会を誰かに変えてもらいたい」と思っている方達が多くいらっしゃいますよね?

 

その様に自分なりの期待や志を持ち、中にはすでにご自分で何かしらの行動を起こされている方達も多いのですが、では実際そういう方達の中で、その方がご自分で思う様に実際に「この世の中を変えている」という力を持たれた方達はどのくらいいらっしゃるのでしょうか?

 

私自身は「この世界を変えたい!」と熱く語る方達の殆どが気付いていらっしゃらない事があるという事を、若い頃から朧げに感じておりましたし、人生経験を経た今では明確に感じている事があるのです。

 

それは「外の世界を変えたかったら、人に頼らず各自が自分自身を変える」という事しかないのだという事であり、それが各自が望む「改革」には一番の早道であるというこの世の真理です。

 

世界を変えたいというのは「自分を取り巻く外界を変えたい」という事ですが、私達は"外(外界・他者)"を変える事は誰にもできないというのが事実であり、どなたに取っても「変えられるのは自分だけ」であるというのが、この世の真理であり真実です。

 

人の数だけ、観えている世界(外界)が違うという説がありますが、私はこれが真実であると思います。つまり人は「自分の内面に在るものを、自分を取り巻く外界に鏡として見せられる」という事ですね。だから同じものや人や出来事を見ても、それぞれ見えているものや味わう経験はそれぞれ異なるという現象があるのだと思います。

 

それを理解できないから「自分の見えている世界が正しい!」とお互いが主張し合い、世の中には諍いが絶えないという事でもあるのだと私は思います。

 

自分がどの様な生き方をしているかが、即ち「自分が経験する世の中」であるという事ですから、各自が「この世をどの様な世界に感じるか?」というのは、実は各自が選んでいる生き方から来ているのであり、

 

それ故、自分が幸せになりたければ、自ずと自分の生き方を考える様にならざるを得ないという「自己責任」という素晴らしい仕組みがこの宇宙に働いているのだと私は思います。

 

人それぞれ価値観は違いますが、私自身は「純粋さ」と「誠実さ」を大事にする生き方に勝るものは無いと感じています。だってそれは最終的に全て自分に返って来るものなのですもの♫

(^^♡

 

そして「何に対して誠実か?」というキーポイントは、私の場合は「今の自分が感じた事に対して」であり、それは「自分を信頼する」という事に繋がります。

 

「自分を信じられる=愛せる」というのは、実は世界改革より何より、この世で一番大事な事だと私は思います。何故なら「自分を信じられない者は、他者を信じる事はできない」「自分を愛していないものは、他者を愛する事はできない」という事に繋がっているからです。

 

私達人間が与えられている課題に「自分自身を尊敬する」というものがあると思います。

それには「自分が自分を尊敬できる生き方をしているか?」というのがキーポイントであり、それが能動的な「楽しい努力=向上」に繋がって来るのだと、私は自分の経験上思います。

 

ちなみに私は自分を尊敬する為に、若い時から自分に心掛けて来た事があるのですが、それは「どんな小さな事でも、自分が口にし約束した事は必ず守り行動する」「人から借りたものは丁寧に扱い、誠実に早めにお返しする」「自分の頭に浮かんだ事は、できるだけ実行に移す」などという些細なものです。

 

これらは些細な事ではあるのですが、でも実際に実践してみられるとお分かりになると思いますが、この様な小さな事でもそれを貫く生き方というのはなかなか意志力の要る行為です。でもだからこそ「自分を尊敬できる」という生き方に通じる訳なのです。

 

例えば不誠実な生き方や不摂生なだらしない生き方をしていて、「自分はこれで良いのさ!」と開き直ったり、そういう事が楽しいと感じるお仲間と一緒になり「楽」を感じていたとしても、それで「自分が尊敬できるかどうか?」というのは、又別の問題になって来ると思います。

 

ちなみにこれは余談ですが、世の中には「前世で立派な生き方をしていたので、今世でその徳を受けている」という事を霊能者などに言われて、それを信じていらっしゃる方達もいらっしゃる様ですが、私が思うに大事なのはいつでも"今"しかないという事であり、「今、自分が自分を尊敬できる生き方をしているか?」というのがいつの人生でも一番大事になるのだと感じます。徳の貯金も使い果たせば終わりますからね~。

 

頭で「自分を尊敬する!」と思っていても、心を思考で誤魔化す事はできない様になっているので、実際その様な生き方をしていれば「自分が自分を尊敬する」という所には辿り着けないという事でもあり、結局私達は「発展向上して行かなければ幸せにはなれない」という宇宙の仕組みの中で生きているのではないでしょうか?

 

世の中には「人々の為に世界を変えたい!」という方達は多いのですが、そういう方達の中でこういう小さな事を自分自身で実行できていない方達が非常に多いというのも、正直な私の感想です。

( ・・) ~ ★彡

 

 

 

 

 

 

これは私がコラムを書く様になって、当時慣れない機械操作で四苦八苦しながら初めて記事に投稿した思い出深い朝焼けの写真です♫

現在生まれて初めて「人生の霧が、ものの見事に晴れている」という経験をしている今の自分に相応しく、「初心に戻る」「初心に帰る」という意味で、今回この写真を選びました♫

この時の空の美しさに感動し、この写真をキッカケに空を撮りまくっていた時期が懐かし~~~い♡

(*^^*)~♡

 

 

 

私達人間は誰もが皆発展途上であり、誰もが未熟ですが、生き方の根に「純粋さ」と「誠実さ」というものが在る人間は守られるという事でもあると、私は自分の経験上信じられます。

 

これは個人的な事ですが、ここ数年間で大どんでん返しとも言える或る体験を通して私は「神様は一番無欲な者に味方するのだなぁ!」と深い所で感じられた事が、最近自分が実感した人生経験です。

 

これは自分で実感するのですが、自分の生き方がクリアであればあるほど、この宇宙の真理に近付けるという事であり、真理に近付けば近付くほど「この世は何てシンプルなのだろう!」と感じられる様になるのではないかと私は思います。

 

これはどういう事かと申しますと、大変贅沢な事に、私達は一人一人「自分独自の世界を創造できる」という世界を各自に与えられているのです。つまり各自で自分の王国を築けるというゲームができるという事です♫

 

つまり「この様な世界に住みたい」という事を実現するには、まず自分から自分の理想とする人間に成る以外に方法はないのです。

 

そしてもう一つ、私がこの世の仕組みで面白いと感じるのは「お前はどれだけ自分を信じているか?」というお試しが成長するほどに来るという事実です。

 

そんな風に感じられる今の私自身が、自分の人生経験上から感じられる事は、先にも申し上げましたが、

自分を信じ切れる強い信念と勇気を持てる様になる為には、「純粋さ」と「誠実さ」というのが最強であり、一番のキーワードではないかという事です♫

 

ちなみに私に取っての誠実さというのは、自分を大きく見せる為の嘘や誤魔化しや背伸びの無い生きる姿勢と正直さであり、自分の内面に在る全て(ポジティブ・ネガティブ)を自分で認めて受け入れる勇気を持つという事でもあります。

 (*^^*) ~ ☆彡

 

 

 

 

 

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / クラシックバレエ教師・振付家)
舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ

natural & elegance

長年プリマとして国内外で活躍。現役引退後は後進の指導とバレエ作品の振付けに専念。バレエ衣裳や頭飾りを作り続けて得たセンスを生かし、自由な発想でのオリジナルデザインの洋服や小物等を作る事と読書が趣味。著書に「人生の奥行き」(文芸社) 2003年