面会交流の間接強制。 判例紹介あり - 離婚問題全般 - 専門家プロファイル

小林行政書士事務所 
北海道
行政書士
0166-59-5106
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:離婚問題

佐藤 千恵
佐藤 千恵
(離婚アドバイザー)
中西 由里
中西 由里
(夫婦問題カウンセラー)
岡野あつこ
(離婚アドバイザー)

閲覧数順 2017年11月22日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

面会交流の間接強制。 判例紹介あり

- good

こんにちは、

 

今日は、雪が降って、ちょっと冬に戻った旭川に住む、走る行政書士の小林です。

 

さて、今日は、面会交流に関する間接強制について書こうと思います。

 

父親と母親が、子どもの面会交流の方法について話し合いができない場合には、家庭裁判所の調停手続で、合意をめざすことになります。

 

離婚調停の中で決めることもありますし、面会交流単独の調停で決める場合もあります。
単独の調停の場合、調停で合意ができない場合には、審判に移行し、裁判官に交流方法を決めてもらうことになります。

 

強制執行としての間接強制手続

調停や審判で定まった面会交流のやり方が守られない場合。


子ども自身が会おうとしない場合は、子どもにも自由がありますので無理強いはできませんが、監護している親が会わせないようにしている場合には、強制執行の手続があります。

強制執行といっても、裁判所職員や執行官が子どもを家から連れ出して会わせるというわけにはいきません。

調停・審判に違反して会わせない場合には制裁金を課するという命令を裁判所に出してもらう間接強制という手続になります。

 

間接強制の決定は、例えば、「(面会交流の)義務を履行しないときは、・・・不履行1回につき5万円の割合による金員を支払え。」などの内容になります。

 

間接強制ができる場合の判例

最高裁判所が示した基準

間接強制には、違反したか違反していないかがはっきりと判別できるような調停・審判が存在していることが必要です。

平成25年3月28日に、最高裁がどのような場合に間接強制ができるかの判例を示しました。

 

次の通りとなっています。

面会交流の日時又は頻度、各回の面会交流時間の長さ、子の引渡しの方法等が具体的に定められているなど監護親がすべき給付の特定に欠けるところがないといえる場合は、履行しない監護親に対し間接強制決定をすることができると解するのが相当である。

 

判例紹介、 

それぞれのタイトルが裁判所HPの判例検索結果にリンクしています。

間接強制が認められなかった例(1)

 1箇月に2回、土曜日又は日曜日に、1回につき6時間面会交流をすることを許さなければならない
という程度では間接強制は認められませんでした。

間接強制が認められなかった例(2)

① 母は父に対し、長男と2箇月に1回程度、原則として第3土曜日の翌日に、半日程度(原則として午前11時から午後5時まで)面接をすることを認める。ただし、最初は1時間程度から始めることとし、長男の様子を見ながら徐々に時間を延ばすこととする。
② 母は、前項に定める面接の開始時にa県b市のc通りの喫茶店の前で長男を父に会わせ、父は終了時間に同場所において長男を相手方に引き渡すことを当面の原則とする。ただし、面接交渉の具体的な日時、場所、方法等は、子の福祉に慎重に配慮して、父母間で協議して定める。
③ 父と母は、上記①に基づく1回目の面接交渉を、平成22年1月末日までに行うこととする。
④ 父と母は、二男については、将来的に長男と同様の面接交渉ができるようになることを目標にして、面接交渉の是非、方法等について協議する。なお、この協議は、本調停成立日の1年後を目安として始め、その後は二男の成長に配慮しながら適宜行い、双方は、二男の面接交渉の開始に向けて真摯に協力することとする。


でも、間接強制は認められませんでした。

間接強制が認められた例

①面会交流の日程等
 月1回、毎月第2土曜日の午前10時から午後4時までとし、場所は、長女の福祉を考慮して父の自宅以外の父が定めた場所とする
②面会交流の方法
 長女の受渡場所は、母の自宅以外の場所とし、当事者間で協議して定めるが、協議が調わないときはJR甲駅東口改札付近とする
 母は、面会交流開始時に受渡場所において長女を相手方に引き渡し、相手方は、面会交流終了時に受渡場所において長女を母に引き渡す
 母は、長女を引き渡す場面のほかは、父と長女の面会交流には立ち会わない
③長女の病気などやむを得ない事情により上記①の日程で面会交流を実施できない場合は、父と母は、長女の福祉を考慮して代替日を決める
④ 母は、父が長女の入学式、卒業式、運動会等の学校行事(父兄参観日を除く。)に参列することを妨げてはならない
では,間接強制が認められました。

 

長くなるので、解説などは次回にしようと思います。

間接強制が認められる取決めと、認められない取り決めの違いを知っておくと、実際の調停などでの条件調整でも役に立つと思います。

 

今日はこの辺で、(^-^)ノ~~

 

あすは、宴会の予定があるので、更新が難しいかもしれません。(ノ_・。)

 

でも早く帰ってきたら、更新しようと思います。p(^-^)q

 

離婚協議書作成、遺言書作成お手伝い、

相続手続きお手伝い賜ります。

講師も賜ります。

 

旭川、小林行政書士事務所

0166-59-5106

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(北海道 / 行政書士)
小林行政書士事務所 

離婚協議書・内容証明などの書面作成はプロにお任せ下さい。

当事務所では、書面作成の際は必ず依頼者に文面の内容を確認いただきながら書面を完成させます。依頼人不在のまま書面が完成するようなことはありません。依頼人の思いを最大限に込めた最高の文書を作成いたします。書面の作成はプロにお任せ下さい。

0166-59-5106
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。