結露対策・真空ガラス - 新築住宅・注文住宅 - 専門家プロファイル

中村勝己建築設計事務所 
広島県
建築家
082-276-1241
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

結露対策・真空ガラス

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 新築住宅・注文住宅

 

結露に長年悩まれていたお宅の

 

既存建具のガラスを真空ガラスに取替えました。

 

真空ガラス・・・といわれても馴染がないですね。

 

ガラスとガラスとの間に0.2mmの真空層があります。

 

空気がないので熱の伝導・対流が起こらず断熱性能が高いガラスなのです。

 

一般的なペアガラスは6mmの空気層を持つため、

 

ガラス全体の厚みも増え、サッシュ枠も取り替えるのが普通です。

 

今回は既存のサッシュ枠をそのまま利用して真空ガラスをはめ込みました。

 

①真空ガラスは普通ガラスの4倍の断熱性能があります。

 

 室内の、夏は涼しさを、冬は暖かさを逃がさず、

 

 窓際の冷え冷え感やヒートショックの原因の室内の温度差を緩和します。

 

②結露は外気温がマイナス23℃まで発生しないので、ほぼガラス結露しません。

 

 結果、結露によるダニ・カビの発生が軽減されます。

 

③日射を取り入れその暖かさを逃がさない。

 

 太陽の暖かさを66%取り入れる上にその暖かさを逃がさない。

 

④冷暖房費を約40%節約してくれる。

 

 窓からの熱を逃がさないからエアコンの効率が上がります。

 

⑤取替が簡単です。

 

 全体のガラスを薄く出来るので今のサッシュがそのまま使えます。

 

良いことずくめですね。

 

欠点は少々お高いことですかね。

 

ガラス右上にアルミのポッチがあるのと

 

真空層を支える全面に小さなゴムのドットが見た目の特徴です。

 

室内側からは、ほぼ同じ視界が楽しめます。

 

おすすめのガラスです。

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(広島県 / 建築家)
中村勝己建築設計事務所 

目指すは大らかでゆったりと過ごせる気持ちのいい空間の家

昼夜問わず演奏可能な本格的音楽スタジオを持つ家。街の中でも風や光、豊かな自然を感じる家。あなたや家族の思いを受け止め、工夫とアイデアで予想以上の空間を実現、思いや夢をカタチにします。五感で感じるお気に入りの場所を一緒につくりましょう。

082-276-1241
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。