離婚成立後の手続き。 調停成立ケース。 - 離婚問題全般 - 専門家プロファイル

小林行政書士事務所 
北海道
行政書士
0166-59-5106
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:離婚問題

岡野あつこ
岡野あつこ
(離婚アドバイザー)
佐藤 千恵
佐藤 千恵
(離婚アドバイザー)
佐藤 千恵
佐藤 千恵
(離婚アドバイザー)
田中 圭吾
(行政書士)

閲覧数順 2017年06月23日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

離婚成立後の手続き。 調停成立ケース。

- good

こんにちは。

 

昨日のジョギングの筋肉痛が、とてもつらい(ノ_・。)旭川の走る行政書士の小林です。

去年の春はこんなに辛かったかな~?

加齢の影響でしょうか。。。

 

さて今日は、調停離婚成立後の手続きについて書こうと思います。

 

離婚の届出。

調停成立後から10日以内に調停調書の謄本を添付して役場の戸籍係に届出する必要があります。

この際、本籍地以外の役場に届出する際は戸籍謄本が必要になります。

 

離婚後の氏。

離婚することで、婚姻の際に氏が変わった方は、離婚によって婚姻前の氏に復します。

 

あなたが離婚後も引き続き婚姻中の氏を称したいという希望を持っている場合は、離婚の日から3か月以内に「離婚の際に称していた氏を称する届」をすると離婚の際に称していた氏(婚姻中の氏)で新戸籍が編成されます。

 

子の氏の変更。

離婚すると、あなただけが現在の戸籍から除かれます。

あなたが子の親権となり、離婚の届出をする場合でも、同じです。

子は父の戸籍に残っており、父の氏を称したままです。

もし、あなたが「離婚の際に称していた氏を称する届」をして、離婚の際に称していた氏(婚姻中の氏)を称したとしても、戸籍は別になっています。

 

子をあなたの戸籍に移したい場合は、家庭裁判所に「子の氏の変更許可の申し立て」をして、許可の審判を受けたうえで、その審判謄本を添えて、役場の戸籍係りに入籍の届出を出してください。

 

年金分割。

年金分割について調停で定めた場合は、必要な手続きを行ってください。

 

 

調停が成立した場合、調停成立後に、おそらくは担当書記官が、これからの手続きについて書面等を用いて説明してくれると思いますので、調停成立後に少し時間の余裕を持っておくと良いかもしれません。

 健康保険などの手続きは、お住まいの役所のHPを確認されると良いと思います。 今日はこの辺で。 ではまた明日。(^-^)ノ~~ 離婚、遺言、相続関連お仕事、講師賜ります! 旭川、小林行政書士事務所0166-59-5106 

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(北海道 / 行政書士)
小林行政書士事務所 

離婚協議書・内容証明などの書面作成はプロにお任せ下さい。

当事務所では、書面作成の際は必ず依頼者に文面の内容を確認いただきながら書面を完成させます。依頼人不在のまま書面が完成するようなことはありません。依頼人の思いを最大限に込めた最高の文書を作成いたします。書面の作成はプロにお任せ下さい。

0166-59-5106
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。