子供のこころ。1 - 離婚問題全般 - 専門家プロファイル

小林行政書士事務所 
北海道
行政書士
0166-59-5106
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:離婚問題

中西 由里
中西 由里
(夫婦問題カウンセラー)
岡野あつこ
(離婚アドバイザー)
佐藤 千恵
(離婚アドバイザー)

閲覧数順 2017年11月19日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

子供のこころ。1

- good

こんばんは。

 

雪がとけたら走るひとのなる予定の、行政書士の小林です。

 

金曜、土曜と続けて飲み会に参加して、1、5キロくらい体重が増えました。(ノ_・。)

 

走る前に少しでも戻したいです。

 

今回から、何回かに分けて、離婚紛争下における子の言動や心の内側について書いてみようと思います。

 

面会交流の条件を話し合うとき、監護している親から「子供が望んでいないから」という理由をもとに、交流の頻度・時間を少なめ、あるいは当分控えたいと希望を言うことがあると思います。

 

仮定として、別居中の監護親および離婚後の親権者を母親、非監護親側を父親とします。

 

本当にお子さんが母親に対し、「パパには会いたくない」と言っていたとして、それをそのまま鵜呑みにして良いでしょうか?

 

お子さんは確かに今はそう思っているかもしれません。

 

でも、その背景には何があるかを思慮し総合的に判断することは監護親や大人の務めだと思います。

 

どうして子供は「会いたくない」と母親に言う結論になったのか?

 

本当に嫌いなのかもしれませんが、それ以外にも可能性が考えられると思います。

 

明日以降、少しづつ書いていこうと思います。

 

明日も、良い1日になりますように。(^-^)ノ

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(北海道 / 行政書士)
小林行政書士事務所 

離婚協議書・内容証明などの書面作成はプロにお任せ下さい。

当事務所では、書面作成の際は必ず依頼者に文面の内容を確認いただきながら書面を完成させます。依頼人不在のまま書面が完成するようなことはありません。依頼人の思いを最大限に込めた最高の文書を作成いたします。書面の作成はプロにお任せ下さい。

0166-59-5106
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。