スポーツをされている方・歩く動作に自信はありますか? - 姿勢・ウォーキング - 専門家プロファイル

YURUKUウォーク 代表取締役
東京都
マスターウォーキングインストラクター
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

スポーツをされている方・歩く動作に自信はありますか?

- good

  1. 美容・ファッション
  2. イメージコンサルティング
  3. 姿勢・ウォーキング

歩くことは生きること
YURUKU®ウォーク
(前Noriko式ウォーキング)考案者
Norikoです。


昨日はリオオリンピック女子マラソン日本代表田中選手のパーソナルレッスンでした。
お教えしていることはもちろん歩くことです。
日々の歩き方が走る姿勢や足運びにも影響するからです。

スポーツをされている方にお聞きします。
また何度もブログに書いていますが走っている時こんなことはありませんか?
●前に足を出しているのにつま先が外を向いてしまう
●足を外からくるんと回している感覚がある
●だんだん肩が緊張して上がってくる

こんな風になるのは筋肉が弱いからではなく
歩きグセと筋肉がアンバランスに緊張していることによります。
意識して何とかそうならないようにしようと思えばできます。
ですがそうすることは体を力ませることになったり
逆にバランスを崩し不調を生む原因にもなりかねません。
だから歩く動作を変えることは本当に大切なのです。
それに歩くことはいつでもどこでもできます。家の中でだってできます。
そうして体に染み込ませていくと
走る時もイメージしている動きができるようになってきますよ。

と いうことで!
昨日のパーソナルレッスンでは公園の道路に書かれている線をトラックのラインに見立て
線を意識せず足下も一切見ずに
線上からズレることなく歩けているか確認する練習をしました。
普通なら線や足下を意識して練習するのでしょうが
YURUKU®では意識しなくてもまっすぐ歩こうと思えばできることを目指します。

まっすぐに歩くということが本当にできているのか。。
実はほとんどの人ができません。
目で確かめているからできているのだと思ってください。
体はまっすぐ前に進む動作をしていないのに
視覚に頼りまっすぐに歩こうと修正することをずっと続けていると
体が何となくグラついたり歪みや不調も生じてきます。

視覚に頼らずに体をまっすぐ前に進ませることができるようになると
どんなスポーツでもパフォーマンスは間違いなく向上すると私は信じています。

もう一つ機能的美脚を目指してください!!
走っていると●膝がいつも痛くなる
足が歪んだままその脚を作った歩きグセのまま負荷のかかる動作をすることによります。
これも筋力が弱いからではありません。

これらの練習はしんどいことはゼロですがかなりマニアックです(^^;;
過酷なトレーニングを積んでこられた方は最初は戸惑われます。
でも体の感覚を磨くことをまずは行っていただきたいのです!
故障を防ぐためにも!

昨日は良いお天気で外歩きが気持ち良かったです♪




■YURUKU®のセミナーについてどんなセミナーがあるの?何から受講するの?http://ameblo.jp/bjwalking/entry-12247970511.html

メルマガ読者登録『それぞれのYURUKU®』YURUKU®考案者Norikoと公認インストラクターたちがカッコつけずに ありのままに書いたリレー メールマガジンです。https://sv3.mgzn.jp/sys/reg.php?cid=P612128


【人気記事まとめ】Norikoの身体の変化や考え方姿勢や歩き方・美脚・ダイエット身体の不調についての あれこれ▼▼▼http://s.ameblo.jp/bjwalking/entry-12213292092.html

information
YURUKU®無料会員登録
YURUKU®セミナーについて
Norikoセミナー一覧
YURUKU®公式セミナー

◾︎
ご受講者の声
◾︎
Norikoの身体機能について
◾︎Norikoの変化
◾︎YURUKU®の歴史
◾︎YURUKU®って何?



 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / マスターウォーキングインストラクター)
YURUKUウォーク 代表取締役

歩くことは生きること~生きる喜びをともに

日常の自然な歩き方「YURUKUウォーク」考案者。筋トレやストレッチを必要としない独自メソッドで、受講生は10000人以上、インストラクターは150人を超えました。近年はオリンピック代表選手のパーソナルレッスンや企業の健康指導など多岐に渡り活動中です。