面会交流、Q&A1 - 離婚問題全般 - 専門家プロファイル

小林行政書士事務所 
北海道
行政書士
0166-59-5106
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:離婚問題

佐藤 千恵
佐藤 千恵
(離婚アドバイザー)
中西 由里
中西 由里
(夫婦問題カウンセラー)
岡野あつこ
(離婚アドバイザー)

閲覧数順 2017年11月20日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

面会交流、Q&A1

- good

こんにちは。

 

今朝、パソコンを起動したときから、エクスプローラーもグーグルクローム もデスクトップから消えていて1時間くらいドキドキしながらネットする方法を探していた行政書士の小林です。

 

昨夜は普通に閉じたのですが、朝起きたらクロームもエクスプローラーも、デスクトップからもタスクバーからも消えていたんですよね。

一応、午後からノートンのフルスキャンかけて、悪いファイルは出来るだけ駆除しました。

 

明日朝はどうなりますか。

 

さて、読者様から質問を頂いたので、わかる限りお答えしようと思います。

 

ご質問

1.現在子供が2歳8か月になります。今の状態で面会交流の方法などを決めますよね。たとえばその後4歳になったらとか小学生になったらとかってみなさんどう決めているんでしょうか?それは成長に合わせて別途協議とかって感じですか?

 

お答え

通常、面会交流を決める時は、時に指定がない限り、お子さんが大きくなるまでの取り決めとします。

 

「月1回第2土曜日、14時から18時まで。」と決めたら、変更しない限りこれが成人くらいまで続くものと考えるのが一般的です。

 

もちろん、小学入学時、中学入学時、高校入学時などに「改めて協議する。」と今の時点で決めて、その時期が来たら双方合意で変更しても構いません。

協議で合意に至らなければ調停をすることになると思います。

 

お子さんが大きくなってゆけば、部活や塾・勉強、お友達との付き合いを優先して、離れて暮らす親との交流をお子さん本人が疎ましく思うときが来るかもしれません。

高校や大学に進めば、親元を離れて一人暮らしをしたり寮に入る子もいるでしょう。

そうなれば、今取決めしたことを実行することは難しいと思います。

 

ですので、面会交流のお話をする際は、その辺も踏まえて、「大きくなれば子供は部活や子供同志の付き合いを優先するときが来ます。その時はいやがる子供に強制はできないですよ。」とお話しして、離れて暮らす親にも、将来の心構えを促したりします。

調停では、お子さんが15歳以上の場合は子の意思が最優先に考慮されることになっています。

大抵の親御さんは、理解してくれるのではないかと思います。


2.方法(時間)などを決めておいて、これが守らなければ(子供の負担になるようなことがあれば)中止するなどいう項目をいれることはありますか?
 

お答え

裁判外の協議であれば、そのような内容も双方合意であれば協議書に記載することは可能かと思います。

公正証書に記載する場合は、公証人が問題ないと判断されれば記載できると思います。

調停の場合ですと、裁判官がその約束内容を妥当であるかどうかを判断して、法的に問題ないと判断されれば条項として調書に記載されると思います。

ただ、どこまで約束が守られないときに交流を中止出来ると決めるかなど、慎重に検討する必要があると思います。

 

手元にある面会交流の専門書を調べてみたところ、

「父は面会の際に飲酒したり暴力行為等を一切しないこと。もし違背したときは、母より以後の面会を拒否されても異議がないこと」とする旨の調停条項を作成した例があるようでので、「○○をしたら拒否されても異議がないこととする」という条項は、内容が妥当であるなら可能なように思います。

 

このへんは、調停であれば、希望として挙げてみて反応次第で書記官や裁判官に可能かどうか確認してみても良いように思います。

過去の経験から心配なのでどうしても記載しておきたいと強く主張してみるのも方法かと思います。

 

昨日も書きましたが、

面会交流というものは「子の利益を最も優先して考慮」しなければいけないものだと思います。

非監護親の都合で決めた交流時間の開始が遅くなったり、同様に交流時間が数時間も長くなったり、逆に短くなったりすることは、子供を混乱させることになると思います。

子供にも、子供のイメージした生活のサイクルがあるのですから、それが狂わされることをされれば、親と言えども嫌悪感を抱く原因になると思います。

相手方の生活状況を子を通じて探るようなことも避けるべきと思います。

 

楽しく、気兼ねなく子供が交流できるように双方の親が心がけるべきと思います。

 

面会交流については裁判所のHPに動画がアップされていますので、こちらも参考にされると良いと思います。

 

裁判所HP>ビデオ

「離婚をめぐる争いから子どもを守るために」(5分)

「子どものための面会交流に向けて」(14分)

http://www.courts.go.jp/video/kodomo_video/index.html

 

以上、わかる範囲でお答えいたしました。

 

追加の質問やお答えへの不足の指摘などありましたら、お気軽にお知らせください。

 

あくまでも、資料と経験をもとに個人的なお答えしていますのでその旨ご承知おき頂ければと思います。

 

明日から、2日連続で夜に宴会の予定があります。

 

日記の更新が出来なくなるかもしれませんが、出来るだけ更新しようと思います。

 

それではまた明日お会いしましょう。(^-^)ノ

 

離婚関連、遺言相続関連

業務賜ります。

セミナー・研修の講師賜ります。

 

北海道旭川市、

小林行政書士事務所

0166-59-5106

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(北海道 / 行政書士)
小林行政書士事務所 

離婚協議書・内容証明などの書面作成はプロにお任せ下さい。

当事務所では、書面作成の際は必ず依頼者に文面の内容を確認いただきながら書面を完成させます。依頼人不在のまま書面が完成するようなことはありません。依頼人の思いを最大限に込めた最高の文書を作成いたします。書面の作成はプロにお任せ下さい。

0166-59-5106
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。