面会交流の取り決めについて。 - 離婚問題全般 - 専門家プロファイル

小林行政書士事務所 
北海道
行政書士
0166-59-5106
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

面会交流の取り決めについて。

- good

こんにちは。

 

雪が融けたら「走るひと」になる予定の行政書士の小林です。

 

さて、今日は、面会交流の取り決めについて悩んでいるかもしれないあなたのために、

面会交流についてお話ししようと思います。

 

未成年の子どものいる家庭が離婚する場合には、離婚、親権、財産分与、慰謝料、と併せて

面会交流、すなわち監護していない親と子どもとの交流についてどうするかを取り決める必要があります。

 

「必要がある」と書きましたが、非監護親(監護していない方の親)が面会を希望せず、子供が大きくなるまではあえて決めなくてよい、というならそれでも構いません。

 

今日は、非監護親が面会を希望し、監護親も、面会交流を認める気持ちはあるけれども、具体的な条件などは双方ともあまりわからないまま協議を行う場合に、どのようなことを決めておく確認しておく、とよいか、というお話をしたいと思います。

 

実施回数・頻度はどれくらい?

月に何回とか年に何回、交流する事を認める。という記載が一般的になると思います。

 

宿泊付はあり?

夏休みとか冬休みなどに、連続してお子さんが非監護親と宿泊つきで交流することを決める場合は、「夏休み、冬休み、など年に○回程度○泊の宿泊付の交流を認める。」という表現でしょうか。

 

何曜日に何時から何時まで会う?

交流日のことをさらに細かく取り決めるとすると

「毎月第2土曜日の○時から○時までとする。」という感じですね。

 

子の受け渡し方法は?場所は?誰か立ち会う?

外で待ち合わせし、その場所で交流するなら、「○○ショッピングセンターの○○店の前で引渡しする」など。

交流の際に監護親が非監護親の家にお子さんを送ってゆくなら、「交流時間に間に合うように甲が乙の家に子らを送り届ける。」

交流後に、非監護親が監護親の家にお子さんを送ってゆくなら、「交流後に乙が甲の家に子らを送り届ける」というような表現になるでしょう。

監護親同伴とか、祖父が立会うならその旨を書くこともあるでしょう。

 

連絡方法は?

「交流の方法日時等は、子の福祉に配慮し当事者双方ともに誠意をもって協議し取決めする。」とした場合や

細かく取決めしていても、直前で何かの事情で中止・変更しなければいけないときもあるかと思います。

そういうときのために、連絡先、連絡方法を確認・決めておきましょう。

「電話、メール、による方法で。」とか、「甲の実家の父へ○○による方法で連絡し協議する。」などの記載になるでしょうか。

 

代替日の取り決め

毎月第2土曜日を交流日と定めた場合に、万一どちらかの都合で交流が実施できなかった場合に、その月をなしにして翌月以降取決め通りに行う場合もあると思いますが、代替日を決めておく場合もあると思います。

 

「前項記載の日に実施できなかった場合は翌第3土曜日に、前条記載の通りに実施する。」というような記載例になると思います。

 

その他の取り決め

運動会、学芸会等の学校行事の参加を認める場合で記載を望む場合に記載する事になりでます。

誕生日やクリスマスにプレゼントを贈る、贈られてきたら子供に渡す。ことなども書いておくと安心する場合があります。

 

間接的な交流
仮に、当分の間、直接的な面会交流を実施しないとした場合でも、その間電話や手紙や写真のやり取りをする場合もあり得ますので、そのような合意がされる場合は記載することのなるでしょう。

 

以上、想像できるものを挙げてみました。

 

最後に申しておきますが、

子は、両親の離婚・別居によって少なからず精神的な影響を受けています。

子に与えた影響を少し和らげ、健全な成長を支える方法の一つとして、子と離れて暮らす親との関わりを継続させることは大切であると考えられています。

 

しかし、

面会交流するたびに、子が交流した非監護親から監護親の悪口を聞かされては精神的に不安定になったり、子も良い気分にはなりません。

子への暴言や暴力、放置などは論外です。

 

協議して取決めしても、数回あった後に非監護親が交流をしなくなるケースも多くあるようです。

 

そういうことは、結果として子を傷つけるることになります。

 

子の福祉のために、父母が協力する気持ちをもって協議にあたってほしいと思います。

 

裁判外の協議で取り決める際は、離婚協議書で残すと良いでしょう。

 

調停の場合は、調停調書に合意したことが記載されます。

どのような条項を調書に記載してもらうか、調停の前に忘れないように確認、整理しておくと良いと思います。

弁護士さんが付いている場合は、弁護士さんともよく意見交換して可能であれば、希望するや条件や条項まで作成して調停に臨むと良いと思います。

 

不足などありましたら、ご質問頂ければと思います。

 

それではまた明日お会いしましょう。(^-^)ノ~~

 

離婚関連、遺言相続関連お仕事賜ります!

セミナー講師もお受けします!

お気軽いお問い合わせください。

 

北海道、旭川市

小林行政書士事務所

0166-59-5106

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(北海道 / 行政書士)
小林行政書士事務所 

離婚協議書・内容証明などの書面作成はプロにお任せ下さい。

当事務所では、書面作成の際は必ず依頼者に文面の内容を確認いただきながら書面を完成させます。依頼人不在のまま書面が完成するようなことはありません。依頼人の思いを最大限に込めた最高の文書を作成いたします。書面の作成はプロにお任せ下さい。

0166-59-5106
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。