大学受験 長文読解 論の展開を考えよう 英語を話したら相手にムッとされちゃった Part II - 英語教室 - 専門家プロファイル

中山 航
Language School ~航~ 代表
東京都
英語講師
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

大学受験 長文読解 論の展開を考えよう 英語を話したら相手にムッとされちゃった Part II

- good

  1. スキル・資格
  2. 英語
  3. 英語教室

What do you want me to do?

ドゥュウォンミトゥドゥ

 

私に何をしてほしいわけ~?

 

両手を開いてポーズをとっている姿が想像できますか?

 



こんな感じです。(モデルがいなかったので、僕です。ちょっと恥ずかしー)


(日本人ならこんなとき黙って、ある意味無表情の

「笑顔」を持って迎え入れているかもしれませんね)

 

はっと、我に返った僕は、

いかん!状況説明・理由付けが先に来てしまった。

 

逆だ!と思い、

 

I would like you to help me decide which courses to take.

 

僕はあなたにどの授業を取ったらいいのか手伝ってほしいんです。

 

みたいなことをストレートに言ったら、

一転笑顔でその女性は (今回は僕の出番なし)

 

I’m here to help YOU.

 

あなたを助けるために私はここにいるのよ。

 

と言ってくれました。

 

 

ついつい日本人って自分の状況説明から入って、

相手に問題点(a problem)を察してほしい光線

(どんな光線じゃ?)

を出すことが多いですが、それでは、欧米人

ムッとすることが多いようです。

 

 

あくまで、状況設定が決まっているなら

(ここでは、学部の相談所)

 

① 主張・論点・言いたいこと・要求 

   などを先に言い、

 

② 理由付け・具体化・根拠/サポート 

  を後からする

 

ということを忘れないようにしたほうがいいでしょう。

 

この論の展開の違い(gap)に気付かずに長文読解が

できない生徒が非常に多いのです。自分で気づいて

いないのでなお難しい問題です。

 

さらに言えば、いわゆる自由英作文でも具体的な理由

や状況説明を先に書いてしまい、論点を示せず、

尻すぼみになってしまう人も多いですね。

 

順番を変えるだけで、上手くいくことが多いのです。

意識して練習していきましょう。

 

 

 

なお、その女性は一通り説明した後で、

 

But it’s up to YOU.

(でもあなた次第よ)

 

と言いました。

この It’s up to you. もよく使うし、使われますが、

不安があり、自分に自信がないときは、

「うそ~ 助けてよ」と思わせる

いやな言葉に聞こえますが

不安がなく、自分に自信があるときには、

『俺に任せて!俺やるよ!』と思わせてくれる

良い言葉に聞こえます。

 

なるべく自信(confidence)を持って

It’s up to you. と言われたら、

You can count on me.

(俺を当てにしてくれ。任せておいてくれ)

と言えるようになりたいものですよね。

 



 



 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
Language School ~航~
http://lswataru.com/
住所:〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-18-30 ファースト日野ビル2F
TEL:03-3590-5056
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



引用元:大学受験 長文読解 論の展開を考えよう 英語を話したら相手に・・・

 |  コラム一覧 |