昭和アルミSOIV工法 - 外壁塗装・外壁リフォーム - 専門家プロファイル

昭和アルミ株式会社 
埼玉県
建築プロデューサー
0120-870-457
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:リフォーム・増改築

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

アルミサイディングを使用しての昭和アルミ独自工法【SOIV工法】による外断熱通気工法外壁リフォームです。(下記 ↓ 断面図イメージイラスト)



上記の図の黒色のアルミ合金芯材入りの下地樹脂胴縁(縦方向に設置)の胴縁と胴縁の間に特許技術の水蒸気を通す防蟻断熱材を設置する事により、元の既存外壁の温度を外気に影響されないように、住宅内の湿気を既存外壁を通しやすくして、住宅内部の湿気を外へ排出しやすくして、外へ排出する仕組みを作る、昭和アルミ独自工法の外断熱通気工法(SOIV工法)です。

今、日本で行われている一般的な外壁リフォームは既存の外壁の上に下地胴縁工事をして新しいアルミサイディングやガルバリウム鋼板製(鉄板の上、アルミと亜鉛の合金を薄くメッキしたもの)の金属サイディングを施工(既存外壁と新外壁の間を隙間を空けただけ)しているケースが殆どですが、その隙間を空けただけの空間には冬は外からの冷たい外気が入ってきて、相変わらず、既存外壁の温度が低く、既存外壁部分に温度変化による結露が発生してしまい、外気からの冷たい湿気が入り込む一方になりますので、外壁リフォームをする前より結露の量が多く発生してしまいます。
また、真夏日はやはり湿気を多く含んだ熱気が湿気圧の低い、外壁と外壁の隙間に入り込む一方ですので、既存外壁と壁の中の湿気は外壁リフォームする前より熱気がこもってしまい、壁内の木材を腐食を早める原因になったり、住宅内部の湿気・熱気がこもり温度が上がってしまいます。

SOIV工法は今迄の外壁リフォームの湿気が閉じこもってしまうデメリットを改善して、本物の外断熱の効果を期待できる昭和アルミ独自の工法です。






 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 建築プロデューサー)
昭和アルミ株式会社 

SOIV工法の外断熱通気リフォームで今の家が新築のように甦る

当社は外断熱リフォーム専門メーカーです。リフォームはアルミ超合金を用いた独自開発の資材と、独自の外断熱通気性工法「SOIV工法」で、高い断熱効果と通気性を実現しています。家は生活の基本です。安心・確実な家造りのため、私たちが直接施工も行います。

0120-870-457
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

外壁塗装をする事により雨漏りを起こしてしまう仕組み 深澤 熙之 - 建築プロデューサー(2016/10/14 12:08)

安易に外壁塗装をして良いのか? 深澤 熙之 - 建築プロデューサー(2015/07/05 08:00)

外壁リフォームの注意点 深澤 熙之 - 建築プロデューサー(2015/05/17 13:39)

住宅の結露の悩み、断熱リフォーム工事後の湿気対策の相談が数多いです 深澤 熙之 - 建築プロデューサー(2014/11/16 11:42)

外壁リフォーム工事後のカビ・結露の苦情相談が数多いです。 深澤 熙之 - 建築プロデューサー(2014/10/22 03:44)