ダイエットを終わらせる「糖質を食べる痩せ方」3つの法則 - ファッションとダイエット - 専門家プロファイル

ボディメイクスタジオCharmBody 代表
東京都
ボディメイクトレーナー
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ダイエットを終わらせる「糖質を食べる痩せ方」3つの法則

- good

  1. 美容・ファッション
  2. ダイエット
  3. ファッションとダイエット

昨日の続きで、本日は現地を混ぜ
佐久間、NYトレーナー、東大教授の
3名でのスカイプ打ち合わせ
「→昨日の記事

時差があるので、最近は朝6時寝。
もう、、、慣れました!



日本女性の80%以上が経験している
リバウンド。

定義が曖昧ですが、
今日はその後のダイエットについて。

日本の場合は食事制限が強く、
代謝が下がる傾向。
アメリカの場合は運動で痩せた後、
カロリーを摂りすぎて太る傾向。


一口にリバウンドと言っても、
全くこの後の痩せ方は異なります。

結論、痩せやすいのは後者のアメリカ。

ダイエット中の食べる量も、
ダイエット後の食べる量も非常に多く、
脂肪も増えるが、筋肉も増えている。

これがリバウンド後の
痩せやすさ
を作っています。


「なら!みんなそうしよう!」
となれば誰も苦労しません。

細さ=美しさが根付いている日本。
忙しさで時間が取れない日本女性。
ここでダイエット中も食事を抑えず、
たくさん運動しよう!
というのは現実的に不可能です。

ならどうするのか???

ここでは糖質がカギを握ります。
まず、アメリカ女性の
ダイエット中の楽しみは?
週に決まった時に
ケーキ、チョコを食べる!


という考え方。しかし、
食事制限重視
もともと筋肉量が少ない
リバウンド後でさらに筋肉が減る
のような日本女性で、
このまま取り入れるのは単に太るだけ。。


ここで大切なのは3つ


○糖質を2回に分ける
→吸収が遅い糖質でも、
リバウンド後の低代謝の時だと
カロリーを使い切れず
しっかり吸収されてしまいます。

1〜2時間の間隔をあけて
2回に分ける
ことで、
血糖値が急激に下がる(脂肪になる)
ことを防ぎ、
吸収を緩やかにします。




○インスリンを有効活用する
→とは言っても、糖質を食べた後に
必ずインスリン。

これは脂肪細胞に血統を取り入れること
血糖値を下げる働きがあります。

この1回目と2回目の間に
無酸素運動(40〜60秒程度の筋トレ)

取り入れること。

血糖がエネルギーを使った
筋肉内へ取り込まれることで、
脂肪になることを防ぎます。

インスリンは脂肪を増やす
同化ホルモンになりますが、
同時に筋肉を増やすホルモンでもあります。

筋肉内に糖質を溜め込む機能が落ちる
リバウンド後ほど、
ここを優先して回復させることが
痩せやすい体質に戻すために効果的です。




○しっかり食べる日を決める
→栄養が足りなくなるのがダイエット。
そして、ほとんどの場合
糖質が足りなくなります。

そして、筋肉を削り等に変えてしまう。
カロリーを減らして脂肪と筋肉が減り、
少し食べるとリバウンド。
これが日本女性のリバウンドです。

そのリバウンド後こそ、
あえてしっかり食べる日を作ることで、
ダイエット中のイライラ、
筋肉分解による停滞、省エネ体質を
改善していきます。

どの程度のリバウンドかもよりますが、
まずは月に1回程度から2週に1度程度
の間隔で食べる日を作るのが目安です。


最後のダイエットにしたい!
と思うのは誰でも当然ですし、
その当然の気持ちに
「最後のダイエットしたいあなたへ!」
と謳うのも業界としては当然。


実はこの言い方が本当に嫌い。
いくら痩せることを謳っても
絶対に最後のダイエットは
訪れないから。

視点が違います。

ダイエットの一番重要な部分は
痩せた後の保ち方。

リバウンドを繰り返しているあなたほど、
体質の戻し方
ダイエットで理想を作る
痩せた後の保ち方
この3点が揃っていることが
痩せない、イライラ、暴食、リバウンド
負のサイクルを断ち切る方法。


・何キロになれば○○ができる!
・お腹が8㎝細くなれば○○ができる!
・姿勢が良くなれば○○ができる!
・○○キロになって好きなもの食べたい!

無数にあるあなたの痩せた後の理想は
痩せた後に体型を保てた時のみ
叶えられるもの。

それこそが本当の意味での
最後のダイエットですね。

ダイエットの普及に
さらに熱が増しました!



~~~~~~~~~~~~~~~~~~
大好評により2月末まで延長!
理想の体型で春を迎える!
「モデル体型ダイエットモニター」
40代50代のダイエット↓


(↓クリック)
モデル体型ダイエットモニター




2016受講者1000名超え!3月より復活!
「自宅で5キロ痩せさせられる技術」
ダイエット専用ストレッチ&食べ方

〇間食の効果的な活用術
〇リバウンドしてしまった後の回復食内容
〇美や体型に関する仕事をしたい!
〇ジムに行かないでキレイでいたい!



(↓クリック)
【モデルストレッチ&食事】指導者養成



人をキレイにしたい!を仕事にしたけど、、
思うようにいかない…そんなあなたへ。

好きなことでもっともっと!
人のキレイを叶えたい!



(↓クリック)
【50日で未来が変わる!無料マガジン】
91.3%の人が知らない
美容、サロン、トレーナーの成功のレシピ

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ボディメイクトレーナー)
ボディメイクスタジオCharmBody 代表

モデルボディメイク

2016ミスユニバースジャパン日本代表公式コーチ2016ミスユニバースジャパン日本大会BC講師。元ミスワールド日本代表ボディメイクトレーナー2016ミスインターナショナル世界大会公式パートナー

このコラムに類似したコラム

祝!4年10か月ぶり!ダイエット本のオリコン総合首位獲得! 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2017/08/12 18:00)

夏の!モデル体型ボディメイクダイエット 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2017/06/06 23:00)

モデルが秘密にしたがる 「体幹リセットダイエット」 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2017/05/05 20:00)

モデルが秘密にしたがる 「体幹リセットダイエット」 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2017/05/04 23:00)

35歳から急増!「運動するから下腹が出る」2つの原因 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2017/03/30 16:00)