外貨で受け取る「国から」の年金 - 保険設計・保険見直し全般 - 専門家プロファイル

「保険と金融」の相続総合研究所 
東京都
研究員
050-3736-2778
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

森 和彦
森 和彦
(ファイナンシャルプランナー)
辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
大泉 稔
(研究員)

閲覧数順 2017年11月17日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

外貨で受け取る「国から」の年金

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険設計・保険見直し全般
生命保険 生命保険

先日、アメリカ駐在経験のある年金受給者とお話しする機会がありました。
お話をお聞きしていると、「社会保障協定」の1期生(?)のような方でした。
やはり、お手続きや受取にも、ご苦労があったようで。

ところで、(先述の)その方とのお話で、改めて(というよりも、今さら)気が付いたのですが、
「アメリカ政府から支給される年金はドル(外貨)」なんですね。
当たり前と言えば、当たり前ですが。

ただ、実際の受け取りには、その時の為替レート(TTB)に基づき、
邦貨換算して(要するに)円建てで受け取ることができます。

つまり受取の都度、為替レートに影響されるということなりますが、ここは

「老後まで為替レートに翻弄される」と観るよりも、前向きに考える方が賢明だと思います。
何故なら、ドル建ての普通預金の利率は、円建てのそれに比べれば高いですし、

為替差益だって見込めます。
(ドル建て預金の利率が気になる方は、どうぞ、お取引銀行のサイトをご覧下さいませ)。

 

社会保障協定の詳細についてはコチラをクリックなさってくださいませ。
(↑は日本年金機構のサイトにジャンプします)。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 研究員)
「保険と金融」の相続総合研究所 

突然の相続で…困っていらっしゃいませんか?

突然の相続で…「株式や投資信託を相続して」困っていらっしゃる方。多額の生命保険金を受け取って戸惑っていらっしゃる方。お気軽に、ご相談ください。

050-3736-2778
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「生命保険」のコラム