体重をいかにかけるかです。 - 姿勢・ウォーキング - 専門家プロファイル

YURUKUウォーク 代表取締役
東京都
マスターウォーキングインストラクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:イメージコンサルティング

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

体重をいかにかけるかです。

- good

  1. 美容・ファッション
  2. イメージコンサルティング
  3. 姿勢・ウォーキング
歩くことは生きること
YURUKU®ウォーク
(前Noriko式ウォーキング)考案者
Norikoです。

昨日はインストラクター養成講座東京15期のレッスンでした。
そこで見学に来ていた先輩インストラクターがこんなことを話していました。
母指球にも体重がかかるように立とうとするとバランスが悪くなるけれど
(YURUKU®で指導している)バランスをとったら勝手に母趾球にも体重がかかると。

足裏全体に体重が乗ることは大切で
バランスが悪くて母趾球に乗れていない方は確かに多いです。
ところが母趾球に乗ろうと意識すると
逆に全体のバランスを崩します。

これについてはレッスンで実演してお見せすることがあります。
YURUKU®バランスでの脚の形と
母趾球に乗る意識をした時の足の形を比べて頂きます。
母趾球に乗る意識をした時私の足は歪んでしまいます。
また私は まっすぐ脚のニュートラルな状態を体で感じているので
母趾球の意識をすることで筋肉への負荷も感じてしまいます。

外側に体重がかかり過ぎている方が母趾球に乗る意識で脚の形が変わることはあるかもしれませんが
機能的美脚へのステップは途中で止まってしまうと思います。

母趾球に体重をかける意識ではなく
全身のバランスをとり結果的に足裏全体に体重がかかるようにしていくことが大切です。
簡単に言うとむしろ前ではなく後ろ。
そこから全身のバランスをとると意識することなく足裏全体に体重をかけられます。

脚がまっすぐになり体感で色んなことがわかってきました。
バランスが悪い時はとても不快感があるのでやってはいけないこともわかってきました。
インストラクターも体感で気づいてくれるようになってきたことがとても嬉しいです。

以前にもブログに書きましたが
姿勢と歩行のデータ分析で正しい数値が出されたとしても
それは結果でありその結果通りに動くことはロボットではないのでまず できません。
できたとしてものびのびと体を動かせません。
のびのび動かないと筋肉を良好な状態にしにくいですし
体感がおいてけぼりになり鈍ってしまうと私は思っています。
自分の中にある感覚を大事にしてください。
ピンクが好きです♪




【人気記事】
▼▼▼反響すごくてビックリな記事1964年生まれ考案者Norikoの身体の変化
▼▼▼あなたは【隠れO脚・隠れXO脚】じゃない?
▼▼▼ダイエットの失敗・痩せない理由・リバウンドする理由
▼▼▼太ももが太くお尻が大きいのは立ち方と歩き方が原因
▼▼▼何度でも言います14肩甲骨寄せる姿勢をつづけていると▼▼▼いつも以上に本気ブログ骨盤底筋横隔膜そして内転筋

information
YURUKU®無料会員登録
Norikoセミナー一覧
YURUKU®公式セミナー

◾︎
ご受講者の声
◾︎
Norikoの身体機能について
◾︎Norikoの変化
◾︎YURUKU®の歴史
◾︎YURUKU®って何?

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / マスターウォーキングインストラクター)
YURUKUウォーク 代表取締役

歩くことは生きること~生きる喜びをともに

日常の自然な歩き方「YURUKUウォーク」考案者。筋トレやストレッチを必要としない独自メソッドで、受講生は10000人以上、インストラクターは150人を超えました。近年はオリンピック代表選手のパーソナルレッスンや企業の健康指導など多岐に渡り活動中です。