働き方を変えるということは、生き様を考えることじゃないかな - ビジネススキル研修全般 - 専門家プロファイル

株式会社オフィス・ウィズ 代表取締役
研修講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ビジネススキル研修

鈴木 誠一郎
鈴木 誠一郎
(ビジネスコーチ)
飯田 祥子
飯田 祥子
(マナースタイリスト)
鈴木 誠一郎
鈴木 誠一郎
(ビジネスコーチ)

閲覧数順 2017年08月22日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

働き方を変えるということは、生き様を考えることじゃないかな

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ビジネススキル研修
  3. ビジネススキル研修全般
プロとして生きる! キャリアを磨こう

働き方改革というと、難しい気がしますが、 小規模会社さんにとっては、残業時間も含めて 業務が成り立っているという実情があるため、 残業時間を減らすということは、 「えらい(たいへん、困難という意の方言)」ことなのです。 この、えらいことのご相談が増えています。 取り組みは、片手間でできることではありません。 なぜなら、働く人の意識を変え、仕組みを整え、業務そのものを見直すなど、全体を見渡し、細部を決めていかなければならないからです。 本質を伝えないで、表面だけとらえられて、 「残業しちゃいかんらしいよ。今日の仕事が終わらなくても、明日に回して帰ろう」では、仕事は回らなくなるからです。 また、残業せずに帰宅して、はて、さて。何をしようかと、時間の使い方がわからなければ、身の置き所がなく、結局、仕事しかすることがないことに気づけば、残業しちゃいかんという意識から、解放されることはないため、結果、その時に許されるMAXの時間まで、残業をすることに変わりはないでしょう。 働くということは、生き方の一部です。だから、働き方を変えるということは、生き方そのものを考えることになります。 今でこそ、人生設計や人生のデザインを教えてくれる大学があるほどですが、多くの人は、学習した経験がないので、どうしたらよいか、わからない人がほとんどでしょう。 個別に、自分のキャリアがデザインできる社員がいたとしても、会社という一つの組織が、枠組みを決めなければ、好き勝手する社員と言う評価になってしまい、他の社員との調和が乱れるということも考えなければなりません。 今、求められることは、 「生き方そのものを変える」ために、 会社はどんな仕組み整え、 社員にどんな成長を促すことが求められるか。 会社は利益を上げ、社員の利益を守るために、 社員と言う一人ひとりの人間の生き方を受け入れる という大変革を起こすということです。 日本人のまじめさや、責任感の強さを、 新しい仕組みや枠組みで、どう生かすか。 新しい考え方をしなければならないようです。 一人ひとり、自分の生き様を考えたその先に、 新しい自分の人生が、明るくデザインできるといいなぁと思います。 そして、そんなお手伝いは、困難を極めますが、 楽しい仕事の一つであることを、皆さんと一緒に味わうことができたら。 変革期。この取り組みは、長期戦ですが、行動は素早く起こさなければ乗り越えられません。 どうぞ、今日もご機嫌整えて。楽しい時間をお過ごしくださいますように。  

********************************************************

コーチを育てられるプロフェッショナルキャリア・コーチ

コーチングをキャリア発達と結びつける

人材育成の現場にコーチングの導入を定着させる

 

認定エグゼクティブ キャリア・コーチ

株式会社オフィス・ウィズ

WEBサイトはこちらから

http://www.office-with.com/

あなたの人生を あなたらしく彩りましょう

********************************************************     

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(研修講師)
株式会社オフィス・ウィズ 代表取締役

実践型研修で、結果が即・行動に現れます

ビジネススキルに不可欠なコミュニケーション力。ますます重要な「聴く力」「話す力」「論理的に考える力」を高める研修はじめ、企業研修の内製化のコンサルティング、人事政策のアドバイスなど、人事に関する総合的なご支援をしています。

カテゴリ 「プロとして生きる! キャリアを磨こう」のコラム