更年期障害について - 姿勢・ウォーキング - 専門家プロファイル

YURUKUウォーク 代表取締役
東京都
マスターウォーキングインストラクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:イメージコンサルティング

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
歩くことは生きること
YURUKU®ウォーク
(前Noriko式ウォーキング)考案者
Norikoです。


更年期は
50歳をはさんだ前後10年間と言われています。
なので45歳〜55歳。
私は4月で53歳。
いつか来るのかなと思っていましたが
更年期障害の辛い症状はなんにも起こりません。
卵巣の機能が低下しエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌量が急激に減少し様々な症状が現れるのが更年期障害。

卵子の数は決まっていて生まれた時から減り続け増えることはありません。
だから卵胞ホルモンが年齢が上がるにつれ減少するのは仕方がないことです。
もれなく私もね。
だけど辛いことなんてなんにも起こらない。
40代になった頃
10歳ぐらい上・・そう  今の私ぐらいの年齢の人生の先輩に
辛い症状が出るのが当然のことのように「来るわよ〜!」脅されて 言われていましたが
辛いことなんてなんにも起こらない。

安保徹先生のお話の中にこういうのがありました。
更年期障害の原因はエストロゲンが無くなることではなくてストレスなんですよ。』
あ〜納得!

私は40歳で身体を変えたので40代は30代より元気に過ごせたのですが
生徒さんたちにお話を伺うと
30代後半あたりから身体がしんどくなりだし
40代後半あたりから腰痛や肩こりなどの身体の不調がひどくなり言うことをきかなくなってきた
と おっしゃる方が大変多いのです。
それに45歳〜55歳って子供の受験があったり親の介護が必要になったり
また私のように親が他界し悲しんでばかりいられずその後の整理が必要だったり
精神的にも負担がかかりやすい時期でもありますね。
そんなことも影響しているのかもしれません。

ライフスタイルが変わることについては人それぞれ事情があり避けられないこともあると思いますが
身体の負担をできるだけ取り除くことはできます。
そうするだけでも更年期障害の症状は軽減すると私は考えています。

あとはうまくいかなくてもちゃんとできなくても
「まっ、いっか!」もしくは「はい!次!」
気持ちを切り替えるのが上手になるといいですね。
これも 私はYURUKU®で身体を変えるにつれ上手になりましたよ♪

それと 時には気晴らしもね!
先日BLUE NOTE TOKYOにジャズライブに行きました。
20年ほど前BLUE NOTE OSAKA(今はビルボード ライブ大阪)にデビッド・サンボーンのライブに行って以来です。
やはり生演奏はいいですね!とーっても楽しかったです^ ^
楽しく
歳を重ねましょう*\(^o^)/*

*インストラクター養成講座大阪17期  残席1詳細・お申し込みhttps://www.yuruku.co.jp/lesson_list.html?pref_cd=&instructor=1&seminar=2001#form

メルマガ読者登録『それぞれのYURUKU®』https://sv3.mgzn.jp/sys/reg.php?cid=P612128


【人気記事まとめ】Norikoの身体の変化や考え方姿勢や歩き方・美脚・ダイエット身体の不調についての あれこれ▼▼▼http://s.ameblo.jp/bjwalking/entry-12213292092.html

information
YURUKU®無料会員登録
Norikoセミナー一覧
YURUKU®公式セミナー

◾︎
ご受講者の声
◾︎
Norikoの身体機能について
◾︎Norikoの変化
◾︎YURUKU®の歴史
◾︎YURUKU®って何?



 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / マスターウォーキングインストラクター)
YURUKUウォーク 代表取締役

歩くことは生きること~生きる喜びをともに

日常の自然な歩き方「YURUKUウォーク」考案者。筋トレやストレッチを必要としない独自メソッドで、受講生は10000人以上、インストラクターは150人を超えました。近年はオリンピック代表選手のパーソナルレッスンや企業の健康指導など多岐に渡り活動中です。