今頑張らないで、いつ頑張る - 恋愛の悩み・問題 - 専門家プロファイル

恋愛クリエイション 恋愛カウンセラー、作家
東京都
恋愛アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:恋愛

堀江 健一
堀江 健一
(恋愛恐怖症・心の問題カウンセラー)
堀江 健一
堀江 健一
(恋愛恐怖症・心の問題カウンセラー)
阿妻 靖史
(パーソナルコーチ)
佐竹 悦子
(婚活アドバイザー)

閲覧数順 2017年08月19日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

今頑張らないで、いつ頑張る

- good

  1. 恋愛・男女関係
  2. 恋愛
  3. 恋愛の悩み・問題

じじじ実はですね、すごいご報告が届きました。
聞いて驚くなかれっ!

交際スタートがクリスマスイブ。そして、年末の12/30、31に互いの両親に結婚のご挨拶を済ませたのです。その間、7日っ!!!うーん、冗談みたいな話です。

「クリスマスイブだし、これは夢なんだわ」

と、ご本人/女性Nさんもそう思っていた、そう思おうとしたそうです(笑) 元々、お二人は高校だったかな? の同級生で、Nさんから2年半前に、彼のフェイスブックにメールをしていたのです。しかし、返事がないまま時が過ぎ……昨年末 2016年12月頭に、

「久しぶり!ずっとフェイスブック使ってなくて、2年半ぶりにメール見ました。年末帰省するので、よかったら飲みましょう!」

と連絡があったのです。この時、たまたまNさんは彼にフラれて2ヶ月くらい、ちょうど元気を取り戻して、婚活を再開した時でした。二人が会うのは10年ぶりくらいだったそうです。でも、そんなことは全然気にならないくらいに話が盛り上がり、12/24のクリスマスイブに会うことになりました。そして、

そして……22日に急ぎ、マーチン先生に電話相談を申し込んだのです!

「ああ、Nさん。どうしたんですか?」
(リアル教室にいらっしゃっているので、彼と別れたことは知っていました)

「実は、かくかくしかじか なんです」

ここで僕は当日のデートプランを授けました。当日はディズニーランドに行くことになっていたのですが、入場規制のため、入れない可能性があったのです。これを踏まえ、映画の予約をしておいたり、レストランの予約をしておいたり、もしも「そうなってもいい時」のためにホテルの予約をしておく、なんてことまでお話していたのです。

「えー、そんなの女性がするんですか?」という意見が出てきそうですが、実らせたいなら、ぜひするべきですよ。誰のためでもない、自分のために。そしたら、こうなったのです↓↓

<Nさんからのメール>----

年末に電話相談させていただいた「10年ぶりに会う同級生」とのデートが、先生のおかげで信じられないほどうれしい方向に進みました!

10年のブランクを感じないくらい意気投合し、再会したその日にお付き合いすることになりました。と同時に、なんと彼から結婚したいという言葉をいただきました。そこで彼が帰省中(仕事で地方に在住)の年末のうちに、貴重な時間を使って私の両親へ挨拶に来てくれ、彼のご両親にも挨拶をさせていただきました。

再会してわずか一週間で、お互いの両親へ挨拶、結婚に向けて動き出すという想像すらしていなかった展開になり、今は7月に入籍しようと、2人で準備を進めています。
--------------

このようにデート前にご相談頂くと、当日の頑張り方(レールの敷き方)、前準備などを徹底してお話することができるので、成功率が超アップするのです。悩んでいる人は、ぜひご相談下さいね。 電話相談 >> https://www.martin.ne.jp/counseling/counse_tel.htm

またNさんは、

> いわゆる「いい話をしてくる男性」のパターンかと思い、
> 最初は少し注意していましたが、

ということも仰っていました。これ、僕もそう思いますし、現時点でも注意が必要なことです。結婚の話が出て、すぐに両家に結婚したい旨のご挨拶をしているので、「言葉だけの男性」ではありません。これは本当です。

ただ、両家へのご挨拶を済ませたら大丈夫か……と言いますと、そんなことはありません。ご挨拶をした後にダメになっている事例も珍しくないのです。なので、こういう事例で一番大事なことは、「今のこのチャンスを、きちんと成就させること」です。

要するに、安心してはダメなのです。

お二人の場合、交際期間がありませんので、決断や行動に「重み」がありません。つまり、ちょっとした力でダメになってしまう可能性はあるので、それを自覚して「丁寧に育てていく」気持ちが必要なのです。

「……なんですよ。頑張ってくださいね(笑)」
↑1/21の恋愛教室で、上記の話をしました。

「はい、ありがとうございます(^^)」

「彼は今、大阪にいらっしゃるんですよね?」

「はい」

「年末年始に会って、翌週の3連休に大阪に会いに行って……
 今2週間経ったところですが、次はいつ会うんですか?」

「2月初めの週末に会う約束をしています(^^)♪」 ←浮かれてます

「え? それって2週間後ですよね?」

「はい」

……出ました。これだからマズいのですよーっ! メルマガでも度々お伝えしていることですが、ちゃんとした交際になるためには、

・近距離で週に1.5回以上、自然に会えるようになること。
・遠距離で月に2回以上。1度会えば二泊以上が当たり前になること。連休は暗黙の了解で、会って当たり前になること。

が必要なのです。この話はNさんにもリアル教室でお話したことがある内容でしたが早速このルールから逸脱しているのです。自分のことになると安心して気づかない、これが落とし穴の入り口になるのです。

お二人は7月に入籍の予定で動いておられます。なのに、ご両親に挨拶をして一週間後から、1ヶ月も会わないなんて……どうですか? なんか、おかしいですよねっ!?

さらに、もしも。2月頭に急な仕事が入って会えなくなってしまったら……。1ヶ月後に会う約束が、軽く1~2週間は先延ばしになるでしょう。こうして破局するのが、遠距離にありがちなパターンなのです。

「そっか……。先生、ありがとうございます」 ←Nさんね

「うん。だから、今すぐにでも彼にLINEして、
 “今日これから会いに行っていい?”って聞いてごらんよ?」

「ええっ? 今からですか!?」 ←教室の一同、ハモる!

この時 1/21(土)15:40頃。
行こうと思えば、いくらでも行けるのです。

「大阪なら、まだ楽勝で行けるでしょ?」

「は、はい」

「お二人は結婚するんですよ? 人生、決めるお話です。
 今、頑張らないで、いつ頑張るんですか?」

「……はい」

「僕だったら、月曜日にインフルエンザになる予定にして(笑)
 二泊も視野に入れていきます。今は会社より、彼ですよ!」

「うんうん、確かに!」 ←教室の一同、またハモる!

「LINE打ってみてください。僕が添削しますから、頑張りましょう!」

そして、その場でNさんが作ったLINEがこれ。

「お疲れさまー。そっちは大雪、大丈夫かな?
 突然なんだけど、今から会いに行ってもいいかな?(*^^*)
 先輩とお茶しながら一郎さんの話をしたら、会いたくなっちゃって(笑)」

さあ、このLINEを見て問題点がわかりますか? 明らかに変えた方がよいポイントが1つあります。それを見つけて、改善してみましょう!







はい、僕は次のように直しました。

「お疲れさまー。そっちは大雪大丈夫かな?
 あのねあのね、今から会いに行ってもいいかなぁ?(*^^*)
 先輩とお茶しながら一郎さんの話をしてたら、急に会いたくなっちゃって(笑)」

添削後が良いのは、一見で分かるだろうと思います。「突然なんだけど」と表現すると重たくなって、相手は身構えやすいのです。「え、何かあったの?」「え、どうして?」と感じてしまう、ということですね。なので、「あのねあのね」なのです!

カワイイでしょ~っ!
女の子が作るより、僕が作った方がカワイイ文章になるのです。
なんでだろーっ??? ←実は僕はゲイ。 ←それはナイっ!

……で、ここでも、こういう話をしていると、「そんな急に行くなんて言ったら、相手は迷惑じゃないんですか?」「そんな急に言ったら引かれませんか? 重たくないですか?」という意見が出てくるかと思います。これは、こう考えたらOKです!

・こんなことで迷惑に思われるなら、結婚なんてできません。
・同じく、こんなことで重たいと思われるようなら、結婚なんてできませんっ。

なので、そんな心配自体がズレており、今すべきことは冒頭でお伝えしたこと。『この恋を、丁寧に育てていくこと』なのです。

そして、約1時間後……

ピロロロン! 

「あっ、キタキタ!」 ←教室のみんな

『いいけど、電車あるの?』

「ほら、やったじゃないですか!
 “大丈夫だよ。やったー、嬉しい!”って送ってください(笑)」

「はい!」

すぐ送信。そしたらすぐに、

『時間決まったら教えて(^^)』

「よし、Nさんはすぐ帰って支度して下さいっ!
 頑張って合体してきてくださいね~(笑)」 ←いつも余計なコトを♪

「はいっ!(笑)」

…………。

交際スタートして一週間で結婚が決まった、なんて話をすると、「えー、そんなの本当に大丈夫なの!?」とマイナス意見を言う人が必ずいます。

お話にもあったように、それは正論かもしれません。しかし、「半年~1年経って決まらないより、100倍いい!」のは言うまでもありませんし、「それって大丈夫なの?」ではなく、「それを大丈夫にすればいい」のです。

確実に言えること。それは、
1.マイナスに捉えるとチャンスを生かせません。
2.チャンスは生かしてこそのチャンスであり、実らせてこその成果です。

Nさん、ゴールイン目指して頑張りましょう。
スーパー応援しておりますっ!
そして、ご覧の皆さんも、Nさんに続いて頑張りましょう~!

                     written by Martin 2017.1.24
P.S.
Nさんもいらっしゃっている、リアル恋愛教室。
あなたも一度、いらっしゃいませんか?

ご案内:https://www.martin.ne.jp/counseling/lesson.htm

●このメルマガのプレミアム版、恋愛教室PREMIUM。
まぐまぐ「恋愛・結婚」、有料メルマガ 1位!(2017/01/23現在)


>> http://www.mag2.com/ranking/ranking_mmap.html

毎週3~4つ程度のコンテンツでお届けしています。
1か月分、毎週火曜日発行(第5週目はお休み) 税込540円です。
ご購読の初月は無料でご覧になれますので、よかったらぜひご覧くださいね!

ご案内 >> http://www.martin.ne.jp/school/premium.htm

※クレジットカードをお持ちでない方は、銀行振込みでもご購読頂けます。
 office@martin.ne.jp まで「PREMIUM定期購読希望」としてお送り下さい。

────────────────────────────────────

○マーチンに直接会って相談したい人、電話やメールで相談をご希望の方。
 http://www.martin.ne.jp/counseling/

○無料相談掲示板「悩みの足跡」
 http://www.martin.ne.jp/gatex/bbs.cgi
 
 初めての方は、こちらから会員登録をしてご利用下さい。
 http://www.martin.ne.jp/gatex/touroku.htm

────────────────────────────────────

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 恋愛アドバイザー)
恋愛クリエイション 恋愛カウンセラー、作家

素直にまっすぐな気持ちで、真心をもって恋をしよう。

-「カケヒキをして幸せになれました。結婚できました!」そんな話を一度でも聞いたことがありますか- マーチン論の特徴は2つ。【1】カケヒキを一切せず、素直にまっすぐ行動する。【2】自分で考える力を身につける。これが恋を叶える秘訣なのです。