外貨保険販売でトラブル - 家計・ライフプラン全般 - 専門家プロファイル

株式会社FPコンサルティング 代表取締役
大阪府
ファイナンシャルプランナー
06-6147-7147
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
松尾 琢磨
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2017年10月22日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

外貨保険販売でトラブル

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. 家計・ライフプラン全般

銀行で外貨保険販売が広がっているようです。
国内の低金利状態で国内生保の商品に人気がないために、米ドルや豪ドルなどの高利回りの「外貨建て保険商品」がよく売れているそうです。この外貨建て商品の販売手数料は5~8%と高く銀行も必死に販売していますね。
その一方で、「こんなはずではなかった」「そんな話は事前に聞いていなかった」という苦情の類が増えています。とくに、商品を購入した高齢者の親族からのクレームが広がっています。外貨建て保険というのは変額保険の一種で貯蓄型商品だ。生命保険ではあるが、返戻金が相場次第で増減しますから。よくあるクレームが高齢者が外貨建て保険を購入したことを知った親族からの相談で「株取引の経験もないのに、為替リスクのある『外貨建て保険』を販売された。高齢者が商品の内容を十分に理解していたとは思えない」というような内容です。
まあ銀行ももはや金貸しではもうからないので手数料ビジネスしか生き残れないのでしょう。銀行員に多額のノルマを課し現場の銀行員を追い立てていますからね。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPコンサルティング 代表取締役

お金の相談10000件以上!ここで培った経験が自信です!

ライフプランに関する相談業務はスキルや対応力も必要ですが、ケーススタディの蓄積が問題解決には重要です。これまでに3000件以上の相談を受け、そこで培った問題解決能力で、最適なアドバイスをさせていただきます。

06-6147-7147
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

金融機関とトラブルになったとき 森 久美子 - ファイナンシャルプランナー(2012/06/15 11:00)

高感度センサー、金融機関が感知する信号 堀池 泰 - 保険アドバイザー(2010/09/04 09:00)

「unusually」は“異例”か 堀池 泰 - 保険アドバイザー(2010/07/24 09:00)

アフリカに灯をともそう 堀池 泰 - 保険アドバイザー(2010/06/19 09:00)

○○ショックの大バーゲン 堀池 泰 - 保険アドバイザー(2010/06/08 09:00)