初めての参観日のようだ… - メイクアップ・ヘアスタイリング - 専門家プロファイル

星 泰衣
SLOW BEAUTY STYLE ~スロービューティスタイル~ メイクアップアーティスト メイク講師
イメージコンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:イメージコンサルティング

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

明日は、

新マスター1期生中心のイベント

 

 

 

 

一般社団法人 

日本セルフプロデュースメイク協会  代表で

 

 

人生を変えるメイクアップアーティストの

星  泰衣(ほし やすえ)です。

 

 

 

 

 

私も、参加(参観?)します!

 

 

まるで小学一年生 最初の参観日のようです。

 

 

 

 

 

どんどん自分たちで進めてくれた0期生に比べ、

ちょっと手が焼ける次女のような1期生が(笑)、

 

 

 

 

仲間を思いやり、自らの壁を突破して、

愛溢れるイベントを開催しようとしています

 

 

 

 

明日いらっしゃる方、

会場でお会いできることを楽しみにしています

 

 

 

明日のイベント担当 認定講師講師  ✨

長田 瑞穂、つづき ゆか、原島 綾乃、Masumi Yamada(50音順)

 

 

 

認定講師の自己紹介も最終回になりました。

 

 

アンカーは長田瑞穂さん。

 

大手メイクスクールを卒業した後、

一般社団法人 日本セルフプロデュースメイク協会で、

メイク講師としての、「在り方」「教え方」など、

メイク講師として必要なマインド、スキルを学び…

メイク講師としての活動を始めました

 

大手メイクスクールを卒業しているからこそわかる、

「誰にでもわかる!できる!」という…セルフプロデュースメイクの価値を伝えてくださっています。

 

そんな彼女も、アトピーに悩み、

メイクの道を諦めた過去もあったり。。。

 

現在は、結婚式の司会者として、引っ張りだこの人気司会者。

その秘訣は、やはり「セルフプロデュースメイク」だそうです。

 

ぜひ、セルフプロデュースメイクをお仕事に活かしたい方は、

彼女に相談するといいですよ。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

   

アンカーとして長田瑞穂(おさだみずほ)が自己紹介をします。

    

【20歳の私へ 】

   

私は、高校生の頃メイクさんになりたかったのです。

友人にもメイクアップアーティストになりたいと

言っていました。

  

ところが、

3年後の20歳でアトピー性皮膚炎のリバウンドを経験し、

20代の10年間、顔から首まで皮がむけ、リンパ液まで出て

赤くはれ続けるという

苦しい時間を過ごしました。

当日の写真は大学の卒業アルバムしか残っていません。

つらすぎて捨ててしまいました。。。

 

      

自分の顔が醜くて、鏡を見るのがつらくて、

家族との関係もこじれ、

新所沢の駅の電話ボックスで泣きました。。

   

  

その苦しさを何とか乗り越えようと、

日記をつけはじめ、

      

毎年の誕生日には、自分にあてた手紙をつづるようになりました。

   

21歳からはじめて、現在も続けています。

   

   

信頼のおける皮膚科と漢方を煎じて治療をし、

30歳でようやく人並みの肌になりました。

その時の喜び!! 天にものぼる気持ち!!

   

ですから私は、

自己流でもメイクを楽しんだことがありませんでした。

   

その後、結婚式の司会者になりましたが、

   

40歳を過ぎて、鏡に映る自分の年齢肌に

愕然としました。

これまでメイクを楽しむ事ができなかった私。

人に見られる仕事をしているのに、メイクの方法が

全くわからないのです。

どうしても何とかしなければと痛切に思いました。

   

その時に、高校時代、メイクさんになりたかったこと、

ずっと心の奥底に封印していた気持ちを急に思い出したのです。

   

そうだった、高校生のとき、

わたしメイクさんになりたかったんだ!!

   

  

じゃあ、婚礼司会はなりたいの2番目だったの?

   

そんなことはありません。

人並みの肌になったあと、会社を辞め、

自分自身を振り返り、

結婚式の司会になりたくてなりたくて、

なりたくて、つかんだ仕事です。

   

    

しゃべる仕事をしているのだから、それを生かして

メイクを教えるメイク講師になろう。

   

大手メイクスクールを卒業し、

日本セルフプロデュースメイク協会とめぐりあい、

自分自身の心と向き合う時間を繰り返し、

1つの結論に達しました。

     

結婚式の司会者とメイク講師も、

根っこは同じ。 

        

結婚式は、大切な人生の節目。

メイクは、大切な毎日、毎日が形づくってゆく人生そのもの。

   

20歳の時の自分を想うと、本当に胸が痛みます。

あの苦しみを10年間も耐えてきたなんて。

   

だからこそ20歳の時の、私に言いたいのです。

     

これまでよく頑張って生きてきたね!

あんなに肌に悩んでいたあなたは、

今 メイク講師になっているよ!

   

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

いよいよ明日、眉イベントを開催します‼️

 

 |  コラム一覧 |