他人の語るスピリチュアル(霊能力者・チャネラー・宗教含む)の中に、自分の答えはありません - 文化・芸術全般 - 専門家プロファイル

舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ
東京都
クラシックバレエ教師・振付家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

他人の語るスピリチュアル(霊能力者・チャネラー・宗教含む)の中に、自分の答えはありません

- good

  1. 文化・芸術
  2. 文化・芸術
  3. 文化・芸術全般

今回のテーマですが、これは前回のコラム「自分に背伸びをしない事も、人生にはとても大事」で書かせていた事に通じます。

それは「他人にアドバイスする事を、まず自分が実践できていますか?」という事ですね。

(^^✿

 

又これは「自分が感銘を受けたり、共感を得るアドバイスをしてくれる者は、実際に他者に諭す事をその本人が生活の中で本当に実践・習得できているのか?」という事を、

彼等が伝えて来る"綺麗な言葉"に惑わされずに、現実的に冷静に自分が観察できるか?という事でもあります。

( ・・) ~ ☆彡 or ★彡

 

何故なら「頭で理解できている事」と、それを「実際に日常生活で本当に実践できているか?」という事は、全く別のものだからです。

 

 

ちなみに私は自分の人生を通して、一つの明確な答えを自分の中に持っています。

それは「他人の語るものは参考にはなれど、そこに自分の答えは無い」という事です。

\(◎o◎)/!

 

これはどういう事かと申しますと…

 

世の中には素晴らしい知恵を持った素敵なアドバイザーの方達はゴマンといらっしゃいますが、もし他者からのアドバイスに自分が感銘や感動、又共感を得たとしても、

 

それを自分の現実的な日常生活の中で、実際に"実践する"という経験を味わってみなければ、決して「自分の答えに辿り着く」という事には繋がらないという事です。

(・。・;

 

私に限らず、どなた様に取りましても、

 

★「自分の答えは自分で出す」ものであり、

★その為には「自分を知る」という事が必須であり、

★その為には「実践」という行為が、不可欠になる。

 

という事なのです。

 

 

そして一番大事になって来るのは、肉体を持ち3次元世界に生きる私達人間に取っては、この「実践する」という行為は、単に読み書き含む「語る言葉」で伝えたりするだけではなく、

日常生活に於ける「肉体による自らの実践・実行」という事なのです。

 

この経験無くして私達は「自分というものを知る事」も、「自分の答えを、自分で見つける事」も不可能であるという事なのです。
(・_・;)

 

 

そして私が、今回のテーマに敢えて「霊能力者・チャネラー・宗教含む」とさせて頂いたのは、

 

私の知る限り、この様なものに関わる人達の中で、実際私が「この人は本物(=人に諭す事を、ご自分でも実践されている)」と感じる方には、殆どお目に掛かった事がないという事実があるからです。

 

むしろその様な能力を持っているが故に、その方達は自分というものを何か「特別な存在」として勘違いしてしまわれる事から来るのでしょうか、人間の持つ性(サガ)や業、そして驕りというものを逆に強く感じてしまう事の方が多いというのが、正直な印象です。

 

最近は「他者にスピリチュアルな覚醒を促す」というのを使命と思って活動されておられる様な方達も大変増えて来た様で、そのお志しは大変美しいとは思うのですが、

 

私はそういう方達に問い掛けたいのは、

 

「人を諭す前に、ご自身は本当に覚醒されていますか?」「人に伝える事を、ご自分の生活の中で実際に本当に習得されていますか?」という事でしょうか。

 

もしその様な方達自身が、自分の信じる存在(霊や宇宙人など)から伝えられるアドバイスを、「絵に描いたお餅」的理解しかされずに、ご自身で実際に実践できておられないのであれば、

 

まずは「人を諭す前に、ご自分の事が先ではないか?」と感じてしまうのは、

きっと私だけではないと思います。

( ・・) ・・・

 

 

そして、これは私の眼ですが…。

多くの霊能者やチャネラーの方達に言えるのは、自分にアドバイスを伝えて来る存在を「高次元の存在」と信じて疑わないという所に、私は逆に怖さを感じる事がありますね。

 

そういう時に私が物差しとさせて頂くのは、「その霊能者やチャネラー自身の持っている思考から来る言動」なのです。

もし彼等の行動が、彼等が他者に伝えて来るアドバイスと一致し、そこに矛盾や違和感がなければ、私はマジで彼等を尊敬する事でしょう!

( ・・) ~ ☆彡

 

 

 

ですが、残念ながらどなた様に取っても、最初に尊敬すべきは「霊能者・チャネラー・高次元の存在等と名乗るもの」ではなく、"自分"なのです。

( ・・) ~ ☆彡☆彡☆彡

 

ですので「他人はどうであれ、自分が自分を尊敬できる様な生き方を、日々実践する」というのが、一番間違いのないスピリチュアルな生き方です!

これが、私が自分の人生の中で、自分なりに"実践して来た"中から得た、自分への結論です♫

(^^✿

 

これさえあれば、本当は「霊能者」「チャネラー」「教祖」「高次元の存在(宇宙人含む)」「覚醒」等々…というものは、必要ないのだと私は思います。

 

何故なら、そこに気付いている事、そしてそれを自分なりに実践できているという事が、即ち「覚醒」であり、

 

そういう方達は、何もしなくても「存在しているだけ」で人様に役に立つ様な「波動の高い人間」に、自動的になってしまうのですから♫

(^^✿✿✿

 

 

 

 

 

動物には人間の様な嘘や虚勢が無いので、私達を癒してくれるのですねぇ♡

(*^^*) ~ ♡

 

 

 

ちなみに今まで生きて来て、私がこの世で一番尊敬できると感じるのは、

実際その様な生き方をされる事によって自ら悟られたお釈迦様や老子という、成熟した思想を伝えて下さった方達です。

 

私が彼等を尊敬できると感じるのは、彼等は決して美味しい言葉や綺麗事で人を導かず、

又、自分が何か特別な存在=教祖になる事を拒否し、

 

「私がそうした様に、あなたも自ら実践し、自分のやり方で悟りなさい」という教えだからです。

( ・・) ~ ☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡

 

 

この他にも、世の中にはこの様な存在が、きっと知られていないだけで、数は少ないでしょうけれどいらっしゃるのではないかと私は思います。

 

これは、本当に凄い人は"普通の顔をしている"と言われますから、繊細な感性で覚醒していないと気付けないという事でもあります。

 

ちなみに、地球人に宇宙の真理を伝えてくれた仏陀や老子は、

きっと"宇宙から飛来した高次元の魂=宇宙人"なのではないかと私は思っています♫(笑)

(*^^*) ~ ♡

 

 

 

 

 

 

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / クラシックバレエ教師・振付家)
舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ

natural & elegance

長年プリマとして国内外で活躍。現役引退後は後進の指導とバレエ作品の振付けに専念。バレエ衣裳や頭飾りを作り続けて得たセンスを生かし、自由な発想でのオリジナルデザインの洋服や小物等を作る事と読書が趣味。著書に「人生の奥行き」(文芸社) 2003年