80%女子が損してる!「脚が太く見える」2つの原因 - ファッションとダイエット - 専門家プロファイル

ボディメイクスタジオCharmBody 代表
東京都
ボディメイクトレーナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ダイエット

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

80%女子が損してる!「脚が太く見える」2つの原因

- good

  1. 美容・ファッション
  2. ダイエット
  3. ファッションとダイエット

年末年始ー成人の日の3連休!
その間の5.6日はまさに勝負!


スポーツクラブへ
ボディメイク資格の導入
海外ファッションブランド店の
特典加入
ファッションコレクションへの
ボディメイクジム参入
一斉にプレゼン開始です。

企画はバッチリ!成功も頭の中にある!
あとはタイミングと熱意だけです。
今年も頑張ろう!



さてさて、まだ年始なので
今日は過程が大切という話


ダイエットボディメイクをする上で
○○のために!」というの理想像
未来にどうしているのか?


それを噛み砕いていくと
今やるべきことが見えてきます。


例えば2人の例
女優として活躍中の加藤夏希さん


昨年、タイツやストッキングでの
美脚の強調する体型の為に
パーソナルトレーニング。

(↑取材もきたので一応写真です。)

脚メインのモデルでは
脚だけでなくヒップやくびれも必要。

すると誰でも
ヒップ、くびれのエクササイズを!
と考えがちですが、
一番先にやることはO脚の解消

なぜか?

立った時の脚の形のため!

違います。

骨盤後傾のO脚があると、日常で
ヒップの筋肉を使わない
→ヒップが下がってしまい
脚を短く見せてしまう。

太ももの外で体重を支えてしまう
→骨盤の左右の柔軟性が低下し
ウエストがくびれなくなり
脚を太く見せてしまう。

結果として、
部分のエクササイズは後回し!
まずは根本のO脚から改善するのが
ゴール、またその先を見ても
お互いにとって正しい選択となります。



 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ボディメイクトレーナー)
ボディメイクスタジオCharmBody 代表

モデルボディメイク

2016ミスユニバースジャパン日本代表公式コーチ2016ミスユニバースジャパン日本大会BC講師。元ミスワールド日本代表ボディメイクトレーナー2016ミスインターナショナル世界大会公式パートナー

このコラムに類似したコラム

幼児体型を抜け出す5ステップ! 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2017/08/05 19:00)

運動を「辞めたら太る、辞めても痩せる」女性の3つの違い 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2017/05/01 14:00)

同じ筋トレでも「太ももに5センチの差」が出る理由 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2017/01/29 15:00)

目的1 体重、体脂肪を減らす 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2017/01/19 16:00)

【糖質優先の体型、脂質優先の体型】の違い 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2017/01/12 12:00)