業況DIは、3カ月連続改善。先行きは不透明感強く、横ばい圏内の動き(LOBO調査2016年12月 - 保険設計・保険見直し全般 - 専門家プロファイル

「保険と金融」の相続総合研究所 
東京都
研究員
050-3736-2778
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

業況DIは、3カ月連続改善。先行きは不透明感強く、横ばい圏内の動き(LOBO調査2016年12月

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険設計・保険見直し全般
生命保険 生命保険

日本商工会議所(日商)のLOBO(早期景気観測)によると、

12月の全産業合計の業況DIは、▲21.7と、前月から+1.2ポイントの改善』。

改善とは言っても、▲のままですからねぇ。

 

先行きの見通しについては

先行き見通しDIが▲21.5(今月比+0.2ポイント)とほぼ横ばいを見込む』。

ということで、『横ばい圏内』。

 

また、中小企業については『先行き不透明感を懸念する声は多い』ということで、

その理由として

『消費低迷の長期化、人手不足の影響拡大、次期米国大統領の政策の影響など』が

挙げられています。

いずれも、長期的な課題ですね。

 

ところで。

昨年は、1年を通して「今は、景気が良いのか?悪いのか?」とお尋ね頂くことが、

とても多かったですね。

 

上述の日本商工会議所のLOBOの数値を観ると、「景気は良くなりつつ」あるのかも知れません…が、長期的な課題は解決されないままですけれど。

 

引用した日本商工会議所のLOBOについては、こちらをクリック頂ければ、

本文がご覧になれます。

 

 

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 研究員)
「保険と金融」の相続総合研究所 

突然の相続で…困っていらっしゃいませんか?

突然の相続で…「株式や投資信託を相続して」困っていらっしゃる方。多額の生命保険金を受け取って戸惑っていらっしゃる方。お気軽に、ご相談ください。

050-3736-2778
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「生命保険」のコラム