新年のごあいさつ - 姿勢・ウォーキング - 専門家プロファイル

YURUKUウォーク 代表取締役
東京都
マスターウォーキングインストラクター
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
歩くことは生きること
YURUKU®ウォーク
(前Noriko式ウォーキング)考案者
Norikoです。

新年あけましておめでとうございます!
旧年中は大変お世話になりありがとうございました。
本年もどうぞ宜しくお願いいたします!

今年は酉年☆
鳥のイラストを探していたら青い鳥を見つけ
メーテルリンクの『青い鳥』を思い出しました。
『青い鳥』の簡単なあらすじ
貧しい木こりの子チルチルとミチルが
手に入れると幸せになれるという青い鳥を探しに旅に出ますが
探しても探しても見つかりません。
がっかりして家に戻ると飼っていた鳥が実は青い鳥だったと知ります。
ところがその青い鳥は飛び立ってしまうのです。

そんなお話。

幸せは短かなところにあるという解釈を
よく拝見しますが
それならなぜ 鳥は逃げてしまったのか。という点をあげ
別の解釈を
されている方もおられます。
童話の本当の意味って読んだ人の取り方に任せているのかもしれませんね。


何が幸せかはその人の感じ方次第です。
お仕事で毎日毎日ものすごく忙しくしていると
『あ〜毎日遊んで暮らしたい』なんて 思うかもしれません。
ところが本当にお仕事をしなくて良くて毎日遊んで暮らせることになったら
果たして幸せなのかなぁ〜と。
望んでいたことだけど当たり前になってしまうと幸せだとは感じなくなると思うのです。

またYURUKU®の"あるある"ですが
「肩こりが解消したらもうそれだけで幸せです。」
そう言ってた生徒さんが肩こりが解消したら次に美脚を目指してます^ ^
肩こりが解消することがゴールだったはずでしょ?
でもそうではないということ。

願いが叶ったらそこでおしまい
だと
生きていて楽しくないですものね^ ^

願いを叶える"幸せになる"ためにまた努力が必要だとしても
実はその過程が楽しく充実しているのでは?
と 思えてなりません。


叶えたい願い"幸せ"に向かい歩いていき
叶えられたら次に叶えたいこと"幸せ"を見つけまた歩いていく
それが生きる!ということなのだと考えます^ ^

私の勝手な解釈ですのでご容赦くださいね♡

新年のごあいさつのつもりで書き出したブログなのに長くなってしまいました(^^;;

本年も皆様にとりまして素晴らしい一年になりますように!

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / マスターウォーキングインストラクター)
YURUKUウォーク 代表取締役

歩くことは生きること~生きる喜びをともに

日常の自然な歩き方「YURUKUウォーク」考案者。筋トレやストレッチを必要としない独自メソッドで、受講生は10000人以上、インストラクターは150人を超えました。近年はオリンピック代表選手のパーソナルレッスンや企業の健康指導など多岐に渡り活動中です。