歩幅や股関節の可動を狭める部位。 - ファッションとダイエット - 専門家プロファイル

ボディメイクスタジオCharmBody 代表
東京都
ボディメイクトレーナー
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

歩幅や股関節の可動を狭める部位。

- good

  1. 美容・ファッション
  2. ダイエット
  3. ファッションとダイエット

股関節

脚を肩幅より少し広めに開きます。


膝を外に開きながら
がに股でしゃがみます。

がに股でしゃがむ
ヒップの横、上部の筋肉が働きます。
ここも日常で使われづらく
歩幅や股関節の可動を狭める部位。

しゃがむ太ももヒップ下部
一緒に使うことで
日常の動作に使われやすくなります。

女性の骨格上、動きが鈍くなる
肩ー股関節の動きが引き出され
普段の運動での可動がアップ!
消費エネルギーの向上に繋がります。


計算上痩せるはずなのに、
やってもやっても痩せない、、

あなたはご参考にしてください。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ボディメイクトレーナー)
ボディメイクスタジオCharmBody 代表

モデルボディメイク

2016ミスユニバースジャパン日本代表公式コーチ2016ミスユニバースジャパン日本大会BC講師。元ミスワールド日本代表ボディメイクトレーナー2016ミスインターナショナル世界大会公式パートナー