脚痩せはじめの基本「モデル脚4つの条件」 - ファッションとダイエット - 専門家プロファイル

ボディメイクスタジオCharmBody 代表
東京都
ボディメイクトレーナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ダイエット

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

脚痩せはじめの基本「モデル脚4つの条件」

- good

  1. 美容・ファッション
  2. ダイエット
  3. ファッションとダイエット

7月から取り掛かっている
アメリカE-2ビザ(条約投資家)申請。
5年のビジネスプランがついに完成。


日本でのボディメイク実績から
特殊技術者としても
申請可とのこと。


プレッシャーですが、来年からは
本格的にNY、LAでの活動となります!




さて、今日は
昨年のモデルプレスでご紹介いただいた
モデル脚の比率」について。


脚痩せは春企画に多く
これからの監修が増えます。

そうするとブログに書くのに
制限が出てくるので、
一足先に書きます。


脚を細くする
では痩せればモデル脚になるのか?

ならない、、
という女性の方が多いでしょう。。


これには痩せ方に問題があります。

モデル脚の条件
膝上とふくらはぎのサイズが限りなく同じ
内ももの下1/2に隙間がある
指1本分の膝の間の隙間
(身長により異なります。)
ヒップ下部の筋肉を限りなく減らす

これをベースにして脂肪を落とすと
誰でもモデル脚になります。


これらの条件を満たすには
噛み砕いて書くと
骨盤の傾きを地面に対して垂直にする
外ももに対して内ももの筋力を増やす
太もも裏の柔軟性を減らす
ヒップ上部の筋肉を増やす
にまとめられます。


今までのダイエットや運動歴、
骨の長さ、身長、柔軟性により
内容は異なりますが、
基本的なベースメントの紹介です。

骨盤の傾きを地面に対して垂直にする

横向きになり
股関節を45度
膝を90度に曲げる。

上側の膝を開くように上げる
45度ほど開くのが目安
左右20回

外ももに対して内ももの筋力を増やす

脚を大股に開き
膝とつま先を外に向ける


脚の間に長方形の形が
出来るところまでしゃがむ。
15回

太もも裏の柔軟性を減らす

背すじを伸ばし
脚を腰幅に開く。


膝を伸ばしたまま前屈。
60度~90度ほど倒すのが目安。
20回

ヒップ上部の筋肉を増やす

うつ伏せになり足首同士をクロス
あぐらの姿勢になります。


太ももを地面から浮かせます。
上げたときに膝が閉じないように。
15回


これら4つの筋肉が整うと
毎日の生活で受ける体重が
太ももやふくらはぎでなくなり
全身に分散
されます。

つまり、
無駄な負担が脚にかからない
全身の筋肉を使うので消費アップ
これがモデル脚を作る基本中の基本です。


あなたの足痩せにお役立てください!

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ボディメイクトレーナー)
ボディメイクスタジオCharmBody 代表

モデルボディメイク

2016ミスユニバースジャパン日本代表公式コーチ2016ミスユニバースジャパン日本大会BC講師。元ミスワールド日本代表ボディメイクトレーナー2016ミスインターナショナル世界大会公式パートナー