留学生が来ました。第2の故郷オーストラリアより - 英語教室 - 専門家プロファイル

中山 航
Language School ~航~ 代表
東京都
英語講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:英語

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

留学生が来ました。第2の故郷オーストラリアより

- good

  1. スキル・資格
  2. 英語
  3. 英語教室

今週の水曜日に遠いようでいて近い?僕にとっての第2の故郷オーストラリアから

留学生が遊びに来てくれました。勉強もしていったんですけどね。

 

この夏、当塾の生徒の1人がオーストラリアに短期留学をしてきました。現地校に

通っていたのですが、そこで知り合ったお友達が日本に留学に来たいということに

なったらしく、ホームステイ先として受け入れることになったのです。海を越え、

国と国をまたいでできた絆。若いうちに経験できるなんて非常に羨ましいですね。

 

 



こんな感じで記念撮影

 

 

日本のことをオーストラリアのことを話しているうちにいくつか素朴な疑問が浮かんだので

彼女にして尋ねてみました。

 

一つ目

 

日本で電車に乗ると、路線と会社によって多少の違いはあるものの、基本的にアナウンスは

一定のようです。英語のアナウンスなんてお決まりで

 

(The) Next station is ~   次の(停車)駅は~です。

 

から始まりますよね。ご丁寧に

 

The door on the left side will open.  左側のドアが空きます。

 

なんて言ってくれます。

 

ところがオーストラリアでは止まる駅ごとにアナウンスが変わるのです。

 

Next station is ~  ということもあれば Next is ~  だけのこともあれば

 

駅名らしきものしか言わないこともあります。

 

 

この件?について留学生のイザちゃんに尋ねてみると

 

 

Yeah, confusing! 

 

なんだ、僕が日本人だから困ったんじゃなくて当のオーストラリア人も

困ってるんじゃん! 共有したらホッとしますね。。。

 

 

二つ目

 

日本人にとって、特にまだあまり英語に触れたことがない人にとって

英語って速く聞こえますよね(なぜ速く聞こえるのか、理由は後々)

 

じゃあ、日本語はどう聞こえるの?

 

 

Yeah, fast!

 

 

なあんだ、お互いまだ言語を身に付けはじめたころは、同じような経験を

しているんじゃん。英語だから、とか日本語だからとかそんな違いより

共通点・共有するものがあるんだよね、と気づいてみるのも一つの勉強ですね。

 

当塾の生徒たちもイザちゃん(生徒のお母さんがこう呼んでいるらしいです)も

意外と共有していることが多いな、と思ったようです。またさらにいい経験が

できるようにお手伝いができたらな、と思います。

 

それでは

 

 

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
Language School ~航~
http://lswataru.com/
住所:〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-18-30 ファースト日野ビル2F
TEL:03-3590-5056
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



引用元:留学生が来ました。第2の故郷オーストラリアより

 |  コラム一覧 |