【住宅ローン控除 年末調整の書類を紛失してしまったら・・・】 - 住宅資金・住宅ローン全般 - 専門家プロファイル

真崎 喜雄
住まいのお金FP相談室 
千葉県
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

【住宅ローン控除 年末調整の書類を紛失してしまったら・・・】

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅資金・住宅ローン全般

マイホームが完成して引越しが完了しますと、住宅購入計画の最後の手続きとして、住宅ローン控除を受けるための確定申告が必要となります。

住宅ローン控除とは、
【住宅ローンの年末残高×1%】
を所得税・住民税から差し引いてもらい、税金を還付してもらう制度です。

この住宅ローン控除はマイホームを購入した年から10年間、適用を受けることができます。

初年度こそご自身で確定申告を行いますが、2年目~10年目は勤務先が年末調整で計算手続きを代行してくれます。

しかし、勤務先に計算手続きを代行してもらうためには、税務署から届く
「給与所得者の(特定増改築等)住宅借入金等特別控除申告書」
を提出する必要があります。

これは、住宅ローン控除の適用が受けられる間は、毎年勤務先に提出する必要があります。

そしてこの書類は、1年目の確定申告をすると、2年目~10年目までの“9年分まとめて”税務署から郵送されてきます。

9年分を手元に保管しておき、年末調整の度に適用年度の用紙を勤務先に提出することになります。
この作業を毎年行うわけですが、途中で書類を紛失してしまい、慌てる方も見受けられます。

では、税務署から届いた書類を紛失してしまったらどうすれば良いでしょうか?

もし、書類を紛失してしまった場合には、あなたの住所地を管轄する税務署に
「年末調整のための(特定増改築等)住宅借入金等特別控除関係書類の交付申請書」
を提出することにより、再交付を受けることができます。

税務署の窓口が開いている時間帯はお仕事で手続きができない方は、委任状があれば配偶者などに代行してもらうことができますし、郵送でも請求可能です。また、再発行の手数料も無料となっています。

今の時期、勤務先から年末調整のアナウンスを受け、提出するために必要な書類を集め始めている方も多いはずです。

税務署から届いた書類を紛失してしまった方は、できるだけ早めに再交付の申請を行いましょう。

このコラムに類似したコラム

住宅ローンを組む際の資金計画の考え方 釜口 博 - ファイナンシャルプランナー(2013/02/17 15:53)

2014年以降の住宅ローン減税 前野 稔 - ファイナンシャルプランナー(2012/09/01 09:28)

馬込、駒沢公園、住宅相談会&セミナーのお知らせ 平野 直子 - ファイナンシャルプランナー(2012/01/09 18:00)

住宅購入と賃貸、どっちが得? 釜口 博 - ファイナンシャルプランナー(2011/09/20 11:26)

今年もお世話になりました 沼田 順 - ファイナンシャルプランナー(2010/12/31 06:00)