トランプ氏当選で住宅ローン金利はどうなる - 住宅ローン全般 - 専門家プロファイル

Office JUN 代表
兵庫県
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

前野 稔
前野 稔
(ファイナンシャルプランナー)
森 久美子
森 久美子
(ファイナンシャルプランナー)
沼田 順
沼田 順
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2017年10月23日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

トランプ氏当選で住宅ローン金利はどうなる

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅ローン全般
相談業務 店舗タイプ

 米の大統領選挙は、クリントン氏優勢を跳ね返し、トランプ氏が当選しました。一昨日の市場は、政策意図が見えないトランプ氏が優勢になるにつれて、株安・円高・債券高(金利低下)の流れとなりましたが、昨日の市場は米市場が堅調だったことから、逆に株高・円安・債券安(金利上昇)の流れとなりました。

 また、米ではトランプ氏が巨額の減税や財政支出を増やし、米の財政収支が悪化するとの懸念から、米長期金利が上昇するなどトランプ氏の政策に絡んだ動きも出てきています。

 一方で日本に関しては、米の12月の利上げや円安・株高の流れによる、長期金利の上昇懸念がありますが、行き過ぎた金利上昇は日銀が押さえ込むと見られることから、このまま金利が一方的に上昇する展開は想定していません。

 ただ、懸念されるのはトランプ氏が今後も過激な言動を繰り返し、その度に市場が反応、結果的に振り回されることです。これは、トランプ氏が大統領になる限りは避けられず、変動金利はともかく、長期金利に連動する長期固定金利などは来年のぶれ幅が大きくなることも想定されます。いずれにしても、当面は米から目が離せない状況が続きそうです。


沼田 順(1級FP技能士、宅地建物取引主任者、住宅ローンアドバイザー)

 

※このコラムの無断転載・引用はご遠慮願います

 

ブログメディア「BLOGOS」、「マネーの達人」

そこに参加させて頂いている、私のブログも是非ご訪問下さいませ。

住宅ローン、不動産アドバイス

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(兵庫県 / ファイナンシャルプランナー)
Office JUN 代表

住宅金融公庫出身のFPが貴方のマイホームライフをサポート

素敵なマイホームを手に入れて最後まで幸せに暮らして欲しい。これが住宅金融公庫勤務時代に年間500件以上の住宅ローン相談業務を担当してきた私自身の願いです。その経験を基に貴方のマイホームライフをトータルにサポート致します。

カテゴリ 「相談業務」のコラム

このコラムに類似したコラム

2017年2月の住宅ローン金利と今後の見通し 沼田 順 - ファイナンシャルプランナー(2017/02/01 00:00)

平成29年(2017年)の住宅ローン金利動向(後編) 沼田 順 - ファイナンシャルプランナー(2016/12/22 07:00)

2016年12月のソニー銀行金利と今後の見通し 沼田 順 - ファイナンシャルプランナー(2016/11/16 01:00)

2017年11月のソニー銀行金利と今後の見通し 沼田 順 - ファイナンシャルプランナー(2017/10/15 07:00)

2017年10月のフラット35と災害復興融資 沼田 順 - ファイナンシャルプランナー(2017/10/02 12:00)