R-body project様との合同研修からの学び③~質問の量と質~ - 各種のヨガ・ピラティスレッスン - 専門家プロファイル

Style Reformer 『猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」』代表
東京都
ピラティスインストラクター
03-6228-1946
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ヨガ・ピラティス

太田 律子
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
Style Reformer 小林俊夫
Style Reformer 小林俊夫
(ピラティスインストラクター)

閲覧数順 2017年11月24日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

R-body project様との合同研修からの学び③~質問の量と質~

- good

  1. 運動・スポーツ
  2. ヨガ・ピラティス
  3. 各種のヨガ・ピラティスレッスン

 こんばんわ

 

昨日はR-body project様との合同研修を通した

 

学びのシェアとして

 

「聴く力」について書かせて頂きました

 

 

 今日は続きということで

 

「思考力と質問力」について

 

書いていきたいと思います

 

 

 セッション後に全員が集合して質疑応答タイム

 

などがあった訳ですが

 

各グループに分かれてセッションをしている時も

 

「質問」が半端ない訳です

 



 

 個人的には「質問」って

 

「量」と「質」の観点があると考えており

 

「量」というのは単純に

 

質問が多い、少ない といったことであり

 

 

「質」というのは

 

「Why?」なのか

 

「What?」なのか

 

「How to?」なのか

 

といったことや

 

「自分の考えありき」の質問なのか

 

「答えを教えて欲しいのか」といったこと

 

 

 先ずは前者からいくと

 

自分自身、学ぶのは大好きなので

 

色々なセミナーに行ったりしますし

 

講師として研修やセミナーを

 

行わせて頂いたりしていますが

 

セミナーや研修の全時間を通して

 

質問をされる方って、参加者の2割程度かと

 

 

 そして

 

某先生の顔が浮かぶ方も多いと思いますが(笑)

 

2割の中の2割の中の2割

 

だいたい1人の人が何度も質問をし

 

セミナー中の全体の質問の8割は

 

1~2人の人がしている場合がほとんどです

 

 

 また 「質問の量」というのは

 

「課題設定力」や「思考力」とも関係が深く

 

 

質問が多い人というのは

 

セミナーや研修を受ける前から

 

このセミナーや研修を通して

 

「自分はこういったことを学びたい」

 

「こういったアウトプットが出来る様になりたい」

 

と課題や目的を明確に持った上で臨み

 

 

 ただ情報を受け取るだけでなく

 

講師の話しを聞きながら

 

自分が持っている既知の情報や経験

 

具体的なお客様の抱えている課題などと照らし合わせ

 

脳みそフル回転で思考をしています

 

 

 それによって自然と疑問が生まれ

 

質問をするという行動に繋がると考えられます

 

 

 もちろん、質問量というのは

 

受講者の方の要因だけではなく

 

講師側の要因も大きく

 

 

 例えば

 

・話しが難解過ぎて、そもそも質問以前に内容が分かりにくい

 

・逆に話がとっても分かりやすく、その場で疑問に感じて質問をしようとしたことが数枚先のスライドにいけば理解が出来る

 

・質問したら怒られそう&面倒臭そうにされるなど雰囲気が悪い

 

・質問をしても明確な回答が返ってこない などなど

 

 

講師側も気を付けなければいけない点が多々あります

 

 

 そして

 

R-bodyのスタッフさんの場合

 

まず質問の量が圧倒的に多い!!

 

 

 各グループを見ていても

 

セッションを見ながら、疑問点や自分の考えなどをメモし

 

合間を見ては、色々な方が質問を投げかけています

 



 

 そして

 

最後のQ&Aの時間などは

 

「質問の集中砲火や~」と

 

もじゃまろさんが言いそうなくらいに

 

様々な角度から質問が飛び交います

 

 

 今回は時間の関係もあり

 

途中で締めさせて頂く形となりましたが

 

時間が無制限なら

 

朝まで質問が続いていたのでは?

 

と思うほど

 

 

 これだけでも、皆様の「課題設定力」や


「思考力」がハンパなく高い!!

 

ということが分かる訳ですが

 

それだけではなく「質問の質」も・・・・・・つづく

 

 

としお

 

 

最近、セミナーに関するお問い合わせを多く頂くため、以下に記載させて頂きます。

詳細は文末をご覧くださいませ。

 

【セミナー情報】 

10月30日(日)10:00~17:00 大阪

「トレーナー&ボディワーカーが知っておきたいバイオメカニクスを活用したアプローチ法~姿勢や動きの見え方&エクササイズ指導の考え方が変わる~IN大阪」

 

お申し込みはコチラ

https://pro.form-mailer.jp/fms/cd6c655c106861 

 

セミナーの様子はコチラ

http://ameblo.jp/mojyao-huntouki/entry-12195516832.html

 

 

11月3日(祝)10:00~17:20 大阪

「パーソナルスタジオ&マイクロジム開業セミナー ~失敗の確率を大きく下げる!!絶対に知っておきたい7つのポイント~」

 

詳細はコチラ

http://ameblo.jp/mojyao-huntouki/entry-12198340275.html

 

 

11月21日(月)メガロス様主催 東京

 

10:00〜13:00

「立位の動きに繋げる為のピラティスグループレッスン」

 

14:00〜17:00

「ピラティスを活用した真のコアスタビリティの獲得法」

 

 

詳細はコチラ 

http://www.megalos.co.jp/mega/for_instructor/pdf/_26_1471403731.pdf

 

 

11月23日(祝)NSCA様主催 10:00〜17:00 名古屋

「パフォーマンスアップの為のピラティス」〜ピラティス×最新のストレングス&コンディショニング法〜

 

詳細はコチラ 

https://www.nsca-japan.or.jp/05_seminar/contents/20161123_tokai.pdf

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ピラティスインストラクター)
Style Reformer 『猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」』代表

目指せ!!2か月で猫背改善

高性能な姿勢分析器と専門のトレーナーがあなたの骨盤や背骨、肩甲骨の歪みなどを確認し、あなたのカラダとココロに合わせたエクササイズを提案し、2か月で猫背の改善を目指します!!

03-6228-1946
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。