たとえ正しくても型にはめると鎧をまとうことになる - 姿勢・ウォーキング - 専門家プロファイル

YURUKUウォーク 代表取締役
東京都
マスターウォーキングインストラクター
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

たとえ正しくても型にはめると鎧をまとうことになる

- good

  1. 美容・ファッション
  2. イメージコンサルティング
  3. 姿勢・ウォーキング

歩くことは生きること
YURUKU®ウォーク
(前Noriko式ウォーキング)考案者
Norikoです。

今の時代はなんでもデータ化します。
それに基づいたマニュアルができます。
そのマニュアルのとおり動こうとします。

そのデータが正しいものであっても
それはそうなれば良いという結果であって
その通り動くことは型にはめる行為。
データ通りに動かせても
その通りに動かすことに常に縛られている身体と心は健やかであるとはいえません。
自分らしさをどんどん失っていきます。
のびやかさがまるでない鎧をまとっていくように。

YURUKU®ではバランス命で姿勢をとります。
そのバランスも人から与えられたバランスではダメなんです。
自分で感じ取ったバランスが大事なんです。
良いバランスを見つけやすくとりやすくなっていただくために
多くの方が使えていない筋肉のコントロール
および身体の感覚を磨くことをメインとした
独自のセルフケアを取り入れているのです。

YURUKU®の講座を受けられた方はご存知の通り
足の角度は着地は蹴り出しは腕の角度は歩幅は
なんて型にはめません。
感覚を磨き自分にとっての最良のバランスを身につけたら
のびのび前に進むことができるからです。
楽に動けるようになると勝手にスタイルアップするからです。

姿勢と歩行を良いものにしどうなりたいですか??
歩行分析データの通り歩けるようになることではなく
のびのび気持ちよく日々の生活を送ることではないでしょうか。

余談ですが息子が小学校低学年の時
図画の時間に描いたキリンが黄色でなく茶色だったので
「キリンは黄色でしょ?」と注意を受け笑われたことがあり
家に帰って納得いかない顔をしてこう言っていました。
「動物園で見たキリンは茶色だった。黄色じゃなかった。なんで黄色じゃないとダメなの?」
自分の感覚を大切にした息子を私は誉めました。


【人気記事】▼▼▼反響すごくてビックリな記事1964年生まれ考案者Norikoの体の変化
▼▼▼ダイエットの失敗・痩せない理由・リバウンドする理由
▼▼▼太ももが太くお尻が大きいのは立ち方と歩き方が原因
▼▼▼何度でも言います14肩甲骨寄せる姿勢をつづけていると▼▼▼いつも以上に本気ブログ骨盤底筋横隔膜そして内転筋▼▼▼くびれを作る必須条件

information

YURUKU無料会員登録
レッスン・セミナーなどの情報を
いち早くお知らせします。

代表Norikoレッスン一覧

YURUKU公式レッスン・セミナー
スクール承認のレッスン・セミナー

◾︎
スクール情報
◾︎
YURUKU®って何?
◾︎
どのレッスン受けたらいいの?
◾︎
ご受講者の声
◾︎
NorikoのFacebook個人ページ
お会いした方繋がって下さいね!
◾︎
Norikoの何度でも言います
◾︎
そのダイエット間違ってない?
◾︎
Norikoの身体機能について
筋トレ・ストレッチゼロ生活のNorikoの身体機能についての動画や記事

◾︎YURUKU®ウォーク&ランイベント
(東京お台場・大阪城公園・梅田スカイビル・名古屋ミッドランド)

◾︎
インストラクター養成講座 
東京・大阪・福岡・北海道・名古屋

◾︎
YURUKUウォーカー®講座
入門・認定講座 東京・大阪・名古屋・福岡

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / マスターウォーキングインストラクター)
YURUKUウォーク 代表取締役

歩くことは生きること~生きる喜びをともに

日常の自然な歩き方「YURUKUウォーク」考案者。筋トレやストレッチを必要としない独自メソッドで、受講生は10000人以上、インストラクターは150人を超えました。近年はオリンピック代表選手のパーソナルレッスンや企業の健康指導など多岐に渡り活動中です。